ビンズイ

10月に入り暑さも和らぎ、木の実も実がなりこれからは木の実を食べる鳥が増えてきそうです。カワセミも時々お目にかかれる時期になってきました。今年のカワセミは一年目のカワセミみたいで、見てる前でドジョウをくわえてきていつものように石にぶっけて魚を弱らしていましたが、スカタンをくらいドジョウを嘴から放してしまい落としてしまいました。水面をジッと見つめていました。餌とりがまだあまり上手くいかないようです。今回は今年の初め頃に撮影をしました。ビンズイの写真を載せたいと思います。
画像
ビンズイはタヒバリと間違いやすい鳥だそうです、見た目もほとんどかわりませが本などによると顔にじゃつかんに違いがみえるといいます。タヒバリは目の後ろに白斑がなく、ビンズイは目の後ろに白斑がある。それが一番の目安になっているといいます。
画像
また、タヒバリは背中が灰色でビンズイは少し緑色がかかっているという。
画像
ビンズイはセキレイ科に分類される。全長は15.5センチほどでホオジロと同じぐらいです、タヒバリも同じ大きさです、
画像
ビンズイはセキレイの仲間でも尾はそれほど長くはありません。
画像
   
画像
 オスメス同じ色で、よく木の上や岩の上など目立つ場所でさえずり、そこから舞い上がってさえずりながら樹上や岩の上に止まる、これは縄張りの確保するために行う行為だそうです。
画像
ビンズイの食事は地上を歩き、昆虫類や蜘蛛を食べます、冬場には草や木の種など食べているみたいです。
画像
いつも散歩している、ここの辺ではビンズイは多くは見られませ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック