ササゴイの飛行

先日ササゴイがいると聞いた河川敷にまた出掛けて見たら、まだ飛び立たずにいてくれました。河川敷の工事が行われているためササゴイは落ち着いていません。何か音がすると直ぐ飛びたちます。飛び立つ所を狙ってみましたが何時飛ぶのか分からずに大きなレンズを手持ちで構えているんで上手くいきません。近くの餌場に移動しています。それに続いてカメラを担いで写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日山城(旭山城)

朝日山城(別名・旭山城) 築城年建武元年(1334年) 築城者朝日資法 種別 山城       佐賀県鳥栖市村田町朝日山 訪問日2015年11月旭山城は、背振山麓の南側に横たわる緑泥片岩を主とした古生代の朝日山山頂の所在します。山頂からの展望は良く、背振山麓一帯は勿論のこと、筑柴平野一帯を見渡せる。東には筑後路、北には肥前路が通って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キビタキ

何時も行く林道にキビタキが道路沿いに餌を探していました。急いでカメラを構えて撮って見ましたが少しボケ気味でです。二~三枚撮る位で近くの枝に移ってしまいました。一瞬の間でした。キビタキは黄色い色と黒色の配色が目立つ鳥です。真っ正面から見ると鮮やかな黄色い色が綺麗です。キビタキの行動は、東南アジアの越冬地から繁殖の為に日本列島に渡ってくる夏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小城陣屋(おぎじんや)

小城陣屋(桜岡城) 築城年元和二年(1616年) 鍋島元茂 種別 陣屋       佐賀県小城市小城町桜岡 訪問日2015年11月小城城は、小城町の中央にあって、もとの小城高校校舎がその主要な建物の跡地にあたります。完全な平地に造られた、城というよりはむしろ館(陣屋)であります。元和元年(1615年)に出された「一国一城令」により、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンコウチョウの雛

今日は朝から林道へ、昨日は雨に降られたので雛の様子が気になり出掛けてきました、今日で4日位たち雛たちの姿が巣から見える時があります。サンコウチョウの巣が撮影出来る範囲がとても狭い範囲ですので撮影の角度がかぎらえてしまいます。こちら側の位置は周りが薄暗く画像がぼやけてしまいます。餌を欲しがり雛が激しく動いています。雛が巣から顔を出したのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオルリ

朝から雨模様で外に出られませんので、パソコンをやって過ごしていました。お昼頃に晴れてきたので何時も行く林道を散策し出掛けてみました。人もいなく静かな林の中で鳥の声が聞こえてきます。小さなイスに腰掛けて鳥の声を聴いていると、サンコウチョウの鳴き声も聞こえてきます。先日に雛がふ化したみたいで、親が動きが激しくなりつつあります。天気も曇り空で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西島城

西島城 築城年戦国時代 築城者横岳氏 種別 平城      佐賀県三養基郡みやき町西島字四本松    本村の東南隅を占める碇の東南に接して西島城があった。写真は本丸南西隅にあたる代々横岳氏が居城した。南堀跡にある西島城案内板明応六年(1497年)少弐政資・高経父子肥前の旧領回復を試したが大友軍にはばまれ高経の弟資元は西島城の横岳氏を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤブサメ

この所、毎日空模様が余り良くなく昨日の朝頃少し雨も落ちてきて急いで車にもどったら、またやんでしまいました。少し車の中で様子を見て、また山の方に入って行くと。数人の人がまだ野鳥を探していました。私も林道の奥に入り野鳥を探してみました。林道のすぐ側に小さな川が流れていてそこで何か小さなものが動いたのでカメラを急いで向けたらヤブサメがいました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽柴秀保陣跡

羽柴秀保陣跡(鉢畠陣) 築城年文禄年間(1592年~96年) 築城者羽柴秀保 種別 陣城           佐賀県唐津市鎮西町大字名護屋 文禄・慶長の役の一つである大和中納言秀保陣に指定される陣跡は、串浦が奥まったあたりの東岸、地元の人達が鉢畠と呼ぶ丘陵端に位置している。鉢畠丘陵は北辺が水源地、東辺および南辺は標高20mほどの水田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ササゴイ

今日は市内の河川敷にササゴイがいるという話を聴いたので行ってきました。空模様も余り良くなくいつ降り出してくるか分からない状態です。丁度ササゴイが餌をゲットするところに出くわしました。大きな魚をゲットしたみたいです。ササゴイまでは距離があるので落ち着いて餌を取っています。餌を食べたらすぐにまた餌を探しています。雨が降ってきたら魚が取れなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉野ヶ里遺跡

吉野ヶ里遺跡 築城年弥生時代 築城者不明 種別 環濠集落         佐賀県神埼郡吉野ヶ里町・神埼市 >吉野ケ里遺跡は日本百名城の88番です。弥生時代の大規模な環濠集落跡で物見櫓や二重の堀など防御的な施設で日本の城郭の一番初めの型と言える。佐賀県の東部にあり、福岡県との境にあります。標高1000m前後の脊脈山地を北端に、脊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンコウチョウの雛は何時になるかな?

今日も朝からサンコウチョウの観察に行ってきました。相変わらず巣の中に入り温めています。巣に入ってから今日で12日です。雨にも負けずに今日まで温め続けています。温める時間は30分位で交代しています。巣があるところは林道の真上に近い所で高さが20m位にあるところです。周りは薄暗く木で覆われているところです。眺めていると首が痛くなってきます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田んぼにケリが

サンコウチョウを観察してから今日で11日で、今日も見に行ってきましたが変化はありません。載せる野鳥が余りありません。毎日、近所の田んぼで見かるケリを載せて見ました。田んぼの見張り番みたいに田んぼにはケリがいます。近くでカルガモが餌取りをしていますが。ケリはカルガモには警戒はしていません。ケリはカラスが来るといっせいに飛びたち威嚇します。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江迎城(えむかえじょう)

江迎城 築城年不明 築城者不明 種別 平城      佐賀県三養基郡上峰町江迎    圃場(ほじょう)整備が行われる以前までは、江迎から、八枚の一帯には、ここ「中の島」のような、クリーク(濠割)で区画された「島屋敷」が残っていました。これは、「江迎城」という中世城館とのその周辺に発展した一の橋の環濠集落(濠割でかこまれた集落)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐賀城(別名 栄城・亀甲城)

佐賀城(別名 栄城・亀甲城) 築城年安土桃山末期 築城者鍋島直茂 種別 平城       佐賀県佐賀市城内 佐賀城は日本百名城の89番です。 佐賀城は、佐賀市の南部にあり、現在、鯱の門(重要文化財)・天守台の他は、ほとんど遺構らしいものは残っていません。しかし、堀割は昔の面影を伝えており、南・北・西の三方に広がっている。佐賀城は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓮畑にツバメ

田んぼ道を車で通っていたら、蓮畑がありそこに水が張られていました、雨が降り続いていたのでだいぶ水が増えているみたいです。其処には野鳥が集まっていました。今一番目につくツバメも親鳥が一生懸命に餌を取っています。蓮畑のポールにしがみついている子ツバメがいました。子ツバメは親鳥が近づいて来ると大きな口を開いて羽根を広げてバランスを取りながら餌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横武城

横武城 築城年不明 築城者不明(城主横武氏) 種別 環濠平城       佐賀県神埼市神埼町横武    神埼市(神埼町)の南部地区には縦横に堀が巡らされ、佐賀平野独特の農村景観を持っていました。横武城跡は、周囲を堀に囲まれた中世横武氏の城館跡です。大小の島により構成され、周囲を大規模な堀が巡らされ約三ヘクタールの規模を持っています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンコウチョウの巣

二三日前に見つけたサンコウチョウの巣が何処にあるのかもう一度探しに行ってみました。巣がどうなったか見つめていたら、オスのサンコウチョウが巣に入っている所が見えました。木に覆われていて薄暗い明かりの中に微かにみえました。子育ての最中みたいなのでなるべく刺激を与えず遠くの方から撮影させてもらいました。撮影範囲が狭い所ですので撮影が難しいです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツバメの幼鳥かな

小雨降る中で買い物に出掛けて行く途中、田植えの時期を迎えた田んぼには、野鳥が少しずつですが集まっています。ツバメが水面すれすれに飛びかうなかに鉄柱の上で休んでいるツバメがいました。どうも幼いツバメみたいです。他のツバメは忙しく飛び回っているのになぜかポールの上で動こうとしません。カメラの位置が悪いので車を少し接近させて見ても動く気配があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メスのイソヒヨドリ

朝起きて、雨戸を開けると近くの屋根からイソヒヨドリのオスの鳴き声が聞こえてきます。名前から海岸の磯にいる鳥と言われていますが、この山あいにも良く見かける鳥です。オスはコバルトブルーと赤茶色の」取り合わせが美しい鳥ですが、メスはとても同じ鳥とは思えないような地味な姿をしています。そこで、普段見向きもしないメスを主役に載せて見ました。木の枝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐津城(別名・舞鶴城)

唐津城(別名 舞鶴城) 築城年慶長七年(1602年) 築城者寺沢広高 種別 平山城         佐賀県唐津市東城内 唐津市は玄海灘に面した唐津湾の湾の奥に位置し、松浦川から吐き出される土砂と湾内の沿岸流とによって形成された砂丘上に、歴代藩主によって営まれた城下町唐津がその源流であります。唐津湾内には、高島・大島・鳥島などの島が散…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンコウチョウ

今日は気温が上がると言うので、山の方に野鳥観察に行ってきました。山の中ですとかなり過ごしやすい気温です。嫌な藪蚊や小さな虫がいますので、虫除けを用意して持っていきました。林道を奥に入って行くと木が生い茂っていて、鳥の鳴き声もチラホラ聞こえてきます。ここは毎年サンコウチョウがいる所で知れています。私はまだお目にかなう事無く何とか逢いたいと…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

浜辺でシロチドリ

今日も浜辺に出かけて見ました。日中は曇り空ですが、気温は高いです。この時期は鳥たちを見つけるのが大変です。いま目につく鳥はシロチドリです。よくみていないと石と同じような色合いのため見付にくいです。20m位の距離より撮影しています。砂利の上を忙しく動き回っていて、ピントがいまいち上手く合いませんです。      この日の収穫はあまりありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名護屋城

名護屋城 築城年天正19年(1591年) 築城者豊臣秀吉 種別 平山城        佐賀県唐津市鎮西町名護屋 名護屋城は日本百名城の87番です。名護屋城は、東松浦半島の北端に位置し、文禄・慶長の役の拠点となった城として有名です。その一帯は上場台地と呼ばれる波状形卓状台地であるが、名護屋城は、台地が玄海灘に向かって突き出した波戸岬の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオサギとサーファー

何時も行く、近くの海岸でサーフインをやっている場所があり、そこにアオサギが下りてきて餌を探していました。波が高く激しい音をたてています。そこの沖合でサーフインをやっています。沖合では漁船が漁をしています。まわりには、いつもシロチドリやコチドリいるのですが、今日は見当たりません。  サギの中でもよく見かけるアオサギです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人吉城(別名 繊月城・三日月城)

人吉城(別名 繊月城・三日月城) 築城年建久九年(1198年) 築城者相良長頼 種別 平山城      熊本県人吉市麓町 人吉城は日本百名城の93番です。城主の相良長頼は静岡県牧ノ原市大沢の相良館の内容から名が出てきます。建久九年(1198年)相良家八代長頼九州下向を命ぜられ、球磨郡人吉荘を領し、元久二年(1205年)には同荘の地頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田んぼにコチドリ

昨日の夕方、田園地帯に車で出掛けてきました。沼地の方には鳥の姿も見れず。田植えの始まる季節なのでそちらの方に行けば何かがいると思い廻ってみました。田にも水が張られて水鳥がもしかしているか探してみました。そしたら、あぜ道の所にスズメと間違う位の鳥がいました。コチドリでした。いつもは沼地の浅い所にいるのに今日は田んぼにいました。それも二羽も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more