坊所城(ぼうしょじょう)

坊所城 築城年不明 築城者坊所氏 種別 平城
    佐賀県三養基郡上峰町坊所字樫寺

IMG_4446.JPG
坊所は二塚山丘陵の尖端にあって古有明海の平地、即ち佐賀平野に望んでいる。
IMG_4450.JPG
平地が海抜5メートル前後であるのに対し丘陵は10メートル前後の段丘崖となっています。
IMG_4449.JPG
段丘面は西北から東南に走る水田化されている谷によって南北に二分される。
IMG_4451.JPG
南部の段丘面にのる集落は古図などでは坊所村と書かれ、現在は下坊所という。
IMG_4454.JPG
北部の段丘面の集落は古図では坊所宿と書かれ、現在は上坊所という。
IMG_4456.JPG
上坊所集落の西南部に坊所城址があります。
IMG_4458.JPG
この城は丘陵上にあるので後に述べる平野の中の平城ではなく、山城と平城の中間の立地をもつものである。
IMG_4459.JPG
130m四方に東北部に突角部をもつ城地で土塁と堀を巡らしていた。
IMG_4462.JPG
近世の古図(三根郡坊所郷図)に明らかであるが現在もほぼ旧態を残している。
IMG_4465.JPG
南部の堤防の一部が開かれ、「きんじゃ屋敷」と呼ばれてきた旧城内の南部に住宅が造られた。
IMG_4467.JPG
堤防の断面を見ると底の幅は約5m高さ2m、現在も竹などが繁茂して通過は困難であります。
IMG_4468.JPG
この城は坊所氏の居城であったと思われる。坊所宿は近世宿場町として発達したものです。
IMG_4470.JPG
その前身は坊所城の城下村であったかもしれない。
IMG_4471.JPG
龍造寺時代350町の知行をもったというから相当数の家臣団をかかえていたことであろう。
IMG_4474.JPG在地領主坊所氏の城であったとされるが、同氏の事蹟が判然としない。「上峰村史」は、同氏の「系図」に伊豆の領主だった菅原姓池田氏が入部し、IMG_4472.JPG
坊所氏を名乗り、義幸の代に龍造寺隆信に仕えて同所350町を知行したとの記述があると紹介しているが、IMG_4475.JPG
他に動向に触れた記録等が一切見当たらない。それ以前の鎌倉期に、一帯は北条氏一門の越後氏所領であったことから、その関係施設があった可能性はある。
IMG_4483.JPG
そして、応永九年(1402年)六月二十四日に「坊所合戦」があったことが渋川滿頼の感状に見えます。
IMG_4485.JPG
この時に何らかの兵卒の駐留施設が構えられたとして不思議はない。城の南西にある佐渡神社を神埼郡の国人姉川氏が勧進したとの社伝から推測すれば」、IMG_4493.JPG元亀三年(1572年)に龍造寺隆信によって米多へ移封されたのを危機に、姉川氏が該地に何らかんの政治的影響力を持ち、坊所城の整備にも関与したと考えられる。城跡に残る「御茶屋」の「しこ名」は、姉川氏を相続した佐賀藩国家老・鍋島周坊家(坊所鍋島家)の在方屋敷との関わりを想起させ、最後に姉川氏が所有していた城地を継承したことに由来するものと見なされる。
IMG_4486.JPG(参考史料 日本城郭大系 上峰町郷土資料館資料より)

























この記事へのコメント