中津城(別名 扇城・丸山城)

中津城(別名 扇城・丸山城) 築城年天正十六年(1588年) 築城者黒田如水(じょすい) 種別 平城
              大分県中津市二ノ町

中津城は名築城家として知られた黒田如水により、山国川の三角州上に築かれた。
1.bmp
黒田氏が筑前の太守となって転封したのちは、名将細川忠興が小倉城に移るまで在城し、城の整備工事にあたった。
2.bmp
忠興は隠居城を中津に定めて工事を続行し、次の小笠原氏の代に今日の中津市の基礎が築かれたという。
3.bmp
しかし、現在そびえる五層の模擬天守のような天守建築が実在した可能性は極めて薄く、数基の隅櫓をあげ、強固な石垣を組んだ城郭であったと見られています。
4.bmp
細川氏は、慶長七年(1602年)から小倉築城にかかり、支城としての中津城は、元和七年(1621年)ころ改築が完成したと考えられますが、この時、黒田氏時代の方形の縄張りを扇形に拡張して扇城と別称されるようになった。
5.bmp
城内本丸に山国川上流から水道で引いた防火用水を兼ねた三齋池を設け、城下町も整備して、西に広津口、小倉口、南に金谷口、島田口、東に蠣瀬(かきぜ)、大塚の六口をもつ総構えを造り、近世の城下町になっています。
7.bmp
寛永九年(1632年)細川氏は肥後へ転封となり、小笠原氏が八万石で入ったが、享保二年(1717年)長篠籠城戦で有名な奥平氏が十万石で入り、以降、八代の居城となり明治に至る。
8.bmp
中津城は山国川を天然の水堀とした堅城でデルタの上に三角形の城地を構えている所から扇城または扇要城などの称もある。現在、城址は公園となっています。
9.bmp
中津市には南北朝のころ中津江太郎判官考範という豪族の城があったといわれ、孝範ののちは永享年間(1429年~1440年)に重松刑部少輔義忠、明応に入って藤原幸範、幸範の没後は蠣瀬(かきぜ)対馬守がそれぞれ居城したと伝えられる。
11.bmp
しかしその頃までの中津城は中津市大塚町の辺の丘陵にあったもので、現在の中津公園の城とは別のものである。現在の中津城は天正十五年(1587年)の秀吉の島津征伐に従軍した黒田勘兵衛孝高が戦功によりこの地を与えられ、翌天正十六年に着工したものである。
12.bmp
そのころ、領内には黒田氏に服属しない豪族が多く、さまざまな妨害をするので工事は中々捗らなかった。
13.bmp
そのため孝高、長政父子は犬丸城や日隈城などの拠る諸城を攻め落とし、領内の平定に乗り出した。
14.bmp
孝高は、攻め落とした犬丸城を解体して用材を工事中の中津城へ運び、それで櫓を築いたと言われる。
15.bmp
こうして豊前を平定した孝高であったが関ヶ原の合戦後、東軍にあった孝高が筑前五十二万石に転封されると中津城の工事は中断される。この未完成の城に入城したのが細川忠興、忠利父子であった。
16.bmp
孝高が丸山の低い丘を削って築城の工を起こしてから忠興の手で元和六年(1620年)に完成するまで実に三十余年の歳月を費やしたのである。
17.bmp
忠利はこの時期に小倉の地に新城を築城していたので、細川氏は一度に九州の北東の地に二城も堂々たる天守をもっていたことになります。後に城主は次々にかわり、享保二年(1717年)丹後宮津から奥平昌成が十万石で入封して以来八代、約160年で明治を迎えた。
18.bmp
現在、城跡には本丸石垣と水堀が残り、昭和三十九年に五層の模擬天守が建てられ、内部は奥平家伝来の宝物を展示しています。
(参考資料として 日本城郭大系 日本300名城 城郭と城下町10 案内板 その他雑誌)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント