サンコウチョウの巣立ち1日前

サンコウチョウの雛がかえったので見に来たら大分大きくなり巣立ち間際になってきました。ここの場所は後側が崖になっていて前側が小さな川が流れていて木が生い茂っていて林道からは見える位置が少なくて撮影しにくい所です。距離も30m位離れていて廻りが薄暗いです。カメラはニコンのクールピックス1000です。それで何とか撮れました。他のカメラの人達は大変みたいです。
DSCN5165.JPG
木立の隙間から日がさして雛たちに浴びせています。
DSCN5184.JPG
見る角度により雛の産毛が変化しています。
DSCN5197.JPG
この時期になると親鳥も餌をあまりやりません、巣から出てくるように促しています。
DSCN5200.JPG
四羽いる雛の4番目の雛は皆に比べて少し小さめです。
DSCN5208.JPG
羽根も日に日にしっかりしてきています。目もクッキリと見開いています。
DSCN5210.JPG
羽根もしっかりしてきて羽ばたきの練習をしています。
DSCN5213.JPG
体も大きくなり巣より飛び出してきました。
DSCN5222.JPG
糞も最初のころは遠くの方に捨てに行っていたのに今ではすぐそばで処理しています。巣立ちが近づいているみたいです。
DSCN5831.JPG
ここのサンコウチョウは子育てにオスが一度も見かけませんでした。メス一羽で四匹の雛を育ててきました。今日の朝には巣はからでした。すの廻りの木立に止まり親鳥に餌を貰っていました。






この記事へのコメント