ヒメウが近くに

ミサゴのいる河川敷に行ったら、カワウより少し小さなウがいたので写真におさめたら、ヒメウでした。珍しい鳥とのことで写真におさめました。警戒心の強い鳥とのことですが、身近に近づいてくれて写真も撮らせてもらいました。
DSCN1744.JPG
川の水もかなり引いていて何時も見れない川底が見えています。そのためか鳥達も何時ものとの様子が違います。
DSCN1887.JPG
何時もはこの杭がこんなに見れることがありませんでした。丁度いい羽根を干す場所でした。
DSCN1890.JPG
本命のミサゴの方はサッパリでした。川の水が少ないためなのかな?
DSCN1891.JPG
ヒメウは日本産ウ類では最小だそうです。体と嘴がスマートです。オスメス同色だそうです。
DSCN1899.JPG
冬羽は前身が黒くて青色や紫色の光沢があるそうです、眼のまわりの裸出部は僅かで、紫色みを帯びている。
DSCN1908.JPG
体の大きさは73センチです。
DSCN2040.JPG

DSCN2073.JPG
午後三時頃までまっていてミサゴが飛び込んだのは二回でした。最後の飛び込みでは小さな魚を二羽足に捕まえて持って山の方に飛んでいってしまいました。ミサゴの撮影は失敗に終わってしまいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント