安芸城(あきじょう)

安芸城(あきじょう) 築城年延慶二年(1309年) 築城者安芸親氏 種別 平山城
       高知県安芸市土居廊中

安芸市は高知市の東北方面にあり、距離的には35キロ位の所。土佐湾に面していて太平洋が見える位置にあります。
写真00026.jpg
城跡は「土居廊中(どいかちゅう)と呼ばれている地域にあります。安芸氏の古城跡を中心に、高さ1m位の石垣と堀をめぐらしている遺構が見られます。
写真00222.bmp
安芸氏の土居(城館)は、東に安芸川があり、西には矢の川(やのかわ)が、北には城ヶ淵、南には堀を開削したものであったとされています。
写真00224.bmp
安芸は土佐領国のなかでは、中村、宿毛などと共に特殊な在地支配「土居構」が置かれた所です。
写真00228.bmp
山内家家老の五藤(ごとう)氏が安芸に入部して、城郭(土居)を中心に、廊中の武家屋敷街が営まれていました。今も市内には、堀割に沿って残る武家屋敷街は、土井竹・ウバメガシ・玉垣・瓦混練堀などで区画され、江戸の昔そのままの情景を見ることができます。
写真00229.bmp
市街地の北にある延寿亭は、五藤氏別邸で、茶亭であります。安芸城址には、桝形虎口の石垣、堀などが残り、土佐特有の城構えを見ることができます。
写真00230.bmp
安芸氏は、壬申の乱で大友皇子(弘文天皇)に与し、大海人(おおあま)皇子(天武天皇)と戦って敗れ、土佐に配流された曽我赤兄(そがのあかえ)の末裔であるという伝承をもっています。
写真00231.bmp
長く安芸郡大領として栄え、源平争乱のとき壇ノ浦の合戦で、安芸太郎実光・実俊の兄弟が平教経(のりつね)と船上で戦って死に、歴史に名を残したが、戦国時代に至り四国制覇を目指す長宗我部元親に滅ぼされる。
写真00232.bmp
関ケ原の合戦で西軍に属した長宗我部氏は国を失い土佐には山内一豊が入封した。
写真00235.bmp
書道美術館の前には毒井戸跡が残っています。永禄十二年(1569年)八月、長宗我部氏元親軍に安芸城は包囲され、安芸国虎が籠城していた、対岸より火矢が放たれ城内は焼かれました。その時城内にいた料理番が混乱に紛れ井戸に毒を投じ、長宗我部側に走ったといいます。この為この水を飲んだ大勢の兵士が死んでいった。その結果、安芸氏の敗戦が早まったようです、安芸国虎は遂に観念して城を抜け出し、西方にあります浄貞寺に入り家臣の有沢を伴い自刃しました。
写真00238.bmp
        (参考史料 日本城郭大系 城郭と城下町8 現地案内板 その他雑誌)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント