アオアシシギがいた

昨日は朝から天気も何とかもちそうな気配でしたので少し遠出をしてきました。そこは農業用地の溜め池みたいな所で人も余りいなくて時々見に来ることがある所です。そこにはカルガモ・カワウ・コサギ・アオサギなどがよく見かけます。その中に時々シギ類がいるときがあります、それを期待して行ってきました。そしたら遠くの方にかたまって何羽かのアオアシシギがい…
コメント:0

続きを読むread more

高取城

高取城(別名 芙蓉城) 築城年南北朝時代 築城者越智氏・本多正俊・俊政親子 種別 山城     奈良県高市郡高取町 高取城は日本百名城の61番目です。また、日本三大山城の一つです。(備中松山城・岩村城)   訪問日2007年(平成19年)11月7日です。 高取城のある高取山は標高が584mです。これにつらなる山々の中では高…
コメント:0

続きを読むread more

蓮の花とトンボ

今日も朝からどんよりとした天気です。何時雨が降り出すか分からないような天気ですのであまり遠くには行けないので、車で近くの遊水地に蓮の花がまだ咲いているか見に行ってきました。野鳥は見かけず、トンボが沢山飛んでいたので花を撮りながらトンボも載せてみました。 蓮の池の隣には農家の畑に白い蓮の花が咲いていたのでそれも撮ってみました。 …
コメント:0

続きを読むread more

ガビチョウとスッポン

雨模様の日が続き思うように外に出ることもままならない日が続きます。雨がやんでいる合間に遊水地にでも散歩に出掛けてみることにしました。遊水地は雑草が多く茂り廻りが見にくいです。雨がやんでいるときはとても蒸し暑くて長い時間歩くことができません、それでも30分位廻りを見渡し野鳥がいないか探し歩いて見ましたがめぼしい野鳥はいませんでした。見つけ…
コメント:0

続きを読むread more

大阪城

大阪城(別名 錦城) 築城年天正十三年(1585年) 築城者豊臣秀吉 種別 平城     大阪府大阪市東区 大阪城は日本百名城の54番目です。  訪問日2000年(平成12年)12月です。 大阪城の位置する場所には、かって一向宗の総本山として石山本願寺がありました。 しかし織田信長との長い戦いすえ、本願寺は天正八年(15…
コメント:0

続きを読むread more

高槻城

高槻城(龍ヶ城) 築城年正暦年間(990年~994年) 築城者近藤忠範 種別 平城        大阪府高槻市城内町 高山右近で知られる高槻城の歴史は古く、正暦年間にさかのぼる。 近藤忠範が久米路山の小丘を根拠地にしたのが、高槻城の始まりとされています。 南北朝時代は駿河入江庄の地頭入江氏が、足利尊氏の命によって高槻…
コメント:0

続きを読むread more

烏帽子形城

烏帽子形城 築城年正慶元年(元弘二年・1332年) 築城者楠木正成 種別 山城      大阪府河内長野市喜多町 烏帽子形城は、南海電鉄高野線の河内長野駅から次の三日市駅に至る沿線の西側、標高182mの烏帽子山にあります。 頂上からは河内長野市の中心部を眼下に見下ろせます。 この山の北と西は石川の上流、西条川(高向川…
コメント:0

続きを読むread more

千早城

千早城(楠木詰城・金剛山城) 築城年元弘二年(1332年) 築城者楠木正成 種別 山城     大阪府南河内郡千早赤阪村 千早城は日本百名城の55番目です。     訪問日2015年9月です。 千早城は、大和五条と南河内とを結ぶ最短コースとして、昔から交通・軍事の要衝であった千早街道を登りつめ、 金剛山より西に走る一…
コメント:0

続きを読むread more

花と蝶

近くの河川敷を歩いていると色々の花が咲いている所を見ることができます。近所の人達の手入れが行き届いていてとても綺麗に咲き誇っています。そこには蜜を求めて色々のチョウがやってきます。野鳥が見つからないのでそちらの方の写真を撮ってみました。 花や蝶はあまり良く分からず過ごしてきま…
コメント:0

続きを読むread more

蓮の花

朝から空模様はあまり良くありませんが、此の所外出が少ないので出掛ける事にしました。久しぶりに遊水地に行ってみょうと思いカメラ片手に出掛けてきました。何時もの行く所に野鳥を探して見ましたがあまり見かけることができませんでしたので。 そこで今が見頃という蓮の花が咲いている所に行き蓮の花を撮影してきました。 花の事はよく分かりませ…
コメント:2

続きを読むread more

楠木氏居館

楠木氏居館 築城年代不明 築城者楠木氏 種別 居館       大阪府南河内郡千早赤阪村 楠木正成は、南河内郡千早赤阪村に永仁二年(1294年)、この地に誕生したと伝えられています。 文禄年間(1592年~96年)に増田長盛が豊臣秀吉の命を受け、土壇を築き、建武以後、楠木氏邸にあった百日紅を移植したという記録が残っています…
コメント:0

続きを読むread more

上赤阪城

上赤坂城(別名 楠木本城) 築城年元弘年間(1331年~34年) 築城者楠木正成 種別 山城      大阪府南河内郡千早赤阪村 楠木氏の根拠地であるこの地方は、金剛葛城連山が天然の要害となって東・南の二方にそびえています。 西方には槇尾・天野の山が連なっています。 また、南方は高野街道が通じ、紀伊見峠を経て紀州紀の…
コメント:0

続きを読むread more

雨上がりのアオバズク

久被ぶりに雨もやみましたので、近くの河川敷にカメラを持って散歩に出掛けてみようと思いました。川の水が雨が降りつづいていたためかなり多くなり普段の景色とは全く違うかんじです。野鳥もあまりいませんので場所を変えて小さな神社の方に行ってみましたらアオバズクがいました。 今日のアオバズクは良く動き回り移動ばかりしています。 Ⅰ羽しか…
コメント:0

続きを読むread more

下赤坂城

下赤坂城(赤坂城) 築城年元弘元年(元徳三年・1330年) 築城者楠木正成 種別 山城        大阪府南河内郡千早赤坂村 下赤坂城は、金剛山支脈の一端、甲取山に築かれたもので、千早赤坂中学校の裏手にあります。 丘陵上に「赤阪城址」の碑が建っています。城は、東・北の二方は東条川が流れて自然の堀となり、はるか東南には上赤…
コメント:0

続きを読むread more

ツバメの場所取り

今日も雨が降っています。何時になったら晴れるのかな?。雨が少し小降りになった時にカメラ片手に少し外にでて歩いてみました。そしたら住宅の壁にツバメが四羽ほどが留まる場所で争っていました。それを撮影してみました。 住宅の壁に電気の配線ボックスみたいな狭い所でツバメ達は留まる事で言い争いをしていました。 …
コメント:0

続きを読むread more

岸和田城

岸和田城(別名 千亀利城) 築城年建武年間(1334年~1338年) 築城者和田高家 慶長五年(1600年) 小出秀政 種別 平城      大阪府岸和田市岸城町 岸和田の地名は、楠木正成が、和田高家に命じてこの地を治めたのに由来すると言われています。 吉野に住む和田氏に対して、海の近くに住む高家の一族を「岸の和田」と呼び…
コメント:0

続きを読むread more

龍野城

龍野城(別名 台山城・霞城・朝霞城) 築城年明応八年(1499年) 築城者赤松村秀 種別 平山城     兵庫県龍野市龍野町上霞城 播磨国の中西部を流れる揖斐川(いぼがわ)西岸に位置し、姫路と上郡を結ぶ旧山陽道が龍野の南辺を通過する。 川沿いに北上すれば、室町時代に赤松氏の守護所があった城山城(きのやま)東麓の越部を経て、…
コメント:0

続きを読むread more

サンコウチョウの餌やり 2

今日も朝からスッキリしない空模様の天気ですので。鳥撮に出掛けることができません。そこで先日撮ったサンコウチョウ最後の日の撮影を載せてみます。 巣立ちが近いのか親鳥達は餌運びに忙しいそうです。偶然にもオスとメスが遭遇しているところを見ることができました。 雛達は大分体も大きくなって巣からはみ出すことがおおいでです。 羽根…
コメント:0

続きを読むread more

明石城

明石城(別名 喜春城) 築城年元和五年(1649年) 築城者小笠原忠真 種別 平山城        兵庫県明石市明石公園 明石城は日本百名城の58番目です。   訪問日は1999年(平成11年)三月と2015年5月です。明石城は別名 喜春城と呼ばれ縁起の良い城として有名です。 明石城は家康の外孫であります、小笠原忠真(ただ…
コメント:0

続きを読むread more

サンコウチョウの餌やり

体調を崩してダウンしてしまい、今日は久被ぶりにパソコンの前にたつことができブロブを書くことが出来るようになりました。先日サンコウチョウがいる森に出掛けて見たら、サンコウチョウの雛たちは無事に巣立ちをした見たいです。日曜日は雨が午前中まで降り午後に少しやみました。その時分に全部の雛が飛び立っているようです。月曜日朝に見にいったらもういませ…
コメント:2

続きを読むread more