暑い浜辺にハマシギが

朝方曇り空でしたので、今日は暑くならないかなと思い河口に出掛けてみました。浜辺についたら天気は青空になり照りつけだしました、車の中の温度計は33度になっていました。ここまで来たので何とか少しでも鳥撮影が出来ないかなと思い、車の中を探したら雨傘がのっていたのでそれをさして浜の方に出掛けてきました。30分ぐらい浜を歩いたら汗がだくだくでした…
コメント:0

続きを読むread more

入山城城山(にゅうやまじょうじょうやま)

入山城城山 築城年不明 築城者青木勘兵衛由定 種別 丘城       和歌山県日高郡御浜和田 日高平野の西北寄りに、なだらかに独立した丘があります。 亀山城跡の西、約900mの所で美浜町和田の入山である。 この入山には、二ヶ所の城址があります。 一ヶ所は、丘陵のほぼ中央の最高所で、「城山」とか「城跡」といってい…
コメント:0

続きを読むread more

二羽のミサゴが

今日は朝から雨模様です。鳥の撮影には出掛けません、そこで先日アオバトを撮影しに出掛けた時の待時間の間に遠くの方でミサゴを見かけた時に撮影したのでそれを載せて見ました。 遠くの方の空にミサゴが海面を見つめ獲物の魚を探しているみたいです。 沖の方には大きな貨物船が見えます どこからかもう一羽のミサゴが現れ接近してき…
コメント:0

続きを読むread more

天路山城(てんじやまじょう)

天路山城(比井城) 築城年天正年間(1573年~92年) 築城者湯河直春 種別 丘城         和歌山県日高郡日高町比井 2015年4月に天路山城には紀州の旅行で訪問しました。 正面の山が城跡です。天路山城は、天正の末、亀山城主湯河直春が築城し、その弟弘治が在城した。 日高郡日高郡日高町比井地区に築かれたので、…
コメント:0

続きを読むread more

磯辺にアオバト

アオバト撮影は四回目で海辺で海水を飲む処を撮影できました。距離が50m位離れていますが何とか見れる状態になりました。 今回は海辺のテトラポットに降りて海水を飲む処まで行ってくれました。 時間帯もかなり遅く4時頃でした。午前中からズート待っていてやっと出てきてくれました。 最初の日は10時頃から見に行ったのですが一度も山…
コメント:0

続きを読むread more

アオバトの飛行

暑さが続く毎日です。家にいてクーラーをかけていないと倒れてしまうような暑さですので車でエヤコンを効かしてドライブしながら鳥撮影のポイントでも探そうと出掛けてみました。海岸線を走っていると、上空にハトの群れが旋回していましたので車を路肩に止めて撮影してみました。よく見るとアオバトの群れが海岸に飛んで行く見たいです。話に聞くアオバトが海の水…
コメント:0

続きを読むread more

湯浅城

湯浅城 築城年康治二年(1143年) 築城者湯浅宗重 種別 丘城     和歌山県有田郡湯浅町青木 湯浅城跡は、紀勢本線湯浅駅の東約1.5kmの急で険しい斜面の要害地であった。 青木山山頂に本丸跡があります。標高は78.5mです。 平安時代末期から室町時代初めに至るまで、 湯浅氏の本城として保持できたのも、この…
コメント:0

続きを読むread more

太田城

太田城(別名 易井屋敷) 築城年延徳年間(1489年~92年) 天正四年(1576年) 築城者国造紀俊連・太田源太夫 種別 平城     和歌山県和歌山市太田 jR和歌山駅東方、北太田の来迎寺境内に「太田城跡碑」が建立されています。 ここが、太田城本丸の跡だとされています。 太田城は延徳年間(1489年~92年)に、…
コメント:0

続きを読むread more

根来寺

根来寺 築城年大治元年(1126年) 築城者覚鑁(かくばん)上人 種別 城郭寺院     和歌山県那賀郡岩出町根来 南北朝合一の明徳三年(元中丸・1392年)紀伊の守護として、 大内義弘が大野城に入った。 百数十年ぶりの紀伊国守護の復活であった。 大内義弘の失脚後は畠山氏に代わったが、 この頃より紀伊では…
コメント:0

続きを読むread more

新宮城

新宮城(別名 丹鶴城・沖見城) 築城年天和四年(1618年) 築城者浅野忠吉 種別 平山城        和歌山県新宮市丹鶴町 新宮城は、三重県の県境を流れる熊野川に突き出した丹鶴山に築かれた平山城です。 慶長六年(1601年)十月浅野幸長が和歌山に入城した時、新宮領を与えられた同忠吉が丹鶴山に築いたのが最初という。城は翌…
コメント:0

続きを読むread more

ギンヤンマの産卵

蓮の池にギンヤンマが産卵している所に出会いました。 ギンヤンマは春から秋に明るい池や水田に飛んでくるそうです。 緑色の体に茶色い腹部、オスは腰の辺りが水色になっているそうです。 卵を産む時は写真のようにオスメスがつながり水面の水草に卵を産み付けるとのことです。ギンヤンマの大きさは74㎜から80㎜位の大きさだそうです。 …
コメント:0

続きを読むread more

カモメの集団

河川敷で見たカモメの集団。河川敷の真ん中あたりで沢山のカモメがいました。上空でミサゴが飛んでいて、それに驚いたのかカモメたちは一斉に飛び立って行ってしまいました。 沖合からカモメが次から次と集まってきました。 水浴びしたり毛のつぐろいをしたりゆったりとしています。 突然に一羽が羽ばたくとみんな一斉に羽ばたきだしまし…
コメント:0

続きを読むread more

和歌山城

和歌山城(別名 伏虎城・竹垣城) 築城年天正十三年(1585年) 築城者豊臣秀長 種別 平山城      和歌山県和歌山市一番町 和歌山城は日本百名城の62番目です。     訪問日2015年4月と1992年8月です。 和歌山城は姫路城・伊予松山城と並ぶ「日本三大平山城の一つです」 徳川御三家の城として有名です。天守は三…
コメント:0

続きを読むread more

キアシシギの飛行

昨日、今日と猛暑日が続いていて外に出ても少しの時間しかいることができません。熱中症になってしまいそうです。 市内の河川敷で少しの合間に撮影した写真です。汗がだくだく出てきてたまりません。遠くの方で飛んでいる野鳥がいましたので望遠で撮影してみました、どうやらキアシシギみたいです。 距離がかなり離れた所ですので綺麗には撮れませんでし…
コメント:2

続きを読むread more

大和郡山城

大和郡山城 築城年永正十五年(1518年) 築城者越智邦彦 種別 平山城       奈良県大和郡山市城内 郡山城は越智邦彦が永正十五年(1518年)に築城した。 大和郡山城が世に広まったのは筒井順慶の時からであります。 中世の郡山は奈良興福寺を守る郡山衆の一団がありました、筒井氏はその中にあってやがて大和一国を支配…
コメント:0

続きを読むread more

コサギの乱舞

今日も朝から暑い日です。昨日家の近くの河川敷に鳥歩に行ってきました。お目当てのカワセミを探して見ましたが見つけることができませんでした。見られた野鳥も何時もおなじみのセキレイ類やコサギやカルガモなどです。小魚もあまりいないのかコサギも必死で追いかけている所に出会ったのでそれを載せてみます。 この場所は落差のある水溜りみたいな所で水…
コメント:0

続きを読むread more

住宅地のツバメ

暑い日が続き体にこたえています。もう少し涼しくなれば良いのですが、外に出ると三十分もしないうちに汗がだくだくです。 この季節にはツバメがよく見かけます、窓からのぞいていてもツバメが餌を取る姿がよく見かけます、そこで家の中からツバメを撮ってみました。 ツバメは早くて上手く撮れません。 手持ちで構えて撮影してみましたが、動きが…
コメント:0

続きを読むread more

筒井城

筒井城(別名 筒井館) 築城年永享二年(1430年) 築城者筒井順永 種別 平城       奈良県大和郡山市筒井町 筒井城は、永享二年に筒井順永によって築かれ、順慶まで七代に渡って筒井氏代々の居城でありました。 もと興福寺の衆徒であった筒井氏は、周辺の武士団を併合し勢力を伸ばしたが、戦国期の大和騒乱において、興廃をくりか…
コメント:0

続きを読むread more

バンの幼鳥

曇り空が続いていますが、晴れ間になるととっても暑くなり野鳥の撮影は大変です。今日は外にです家の中で過ごしています。先日に撮ったバンの幼鳥が池にいたところを撮影しましたのでそれを載せてみました。 バンの親鳥とはあまり似ていないので他の鳥かと思いましたが図鑑などで見るとバンの幼鳥ではないかと思います。
コメント:0

続きを読むread more

小泉城

小泉城(別名 片桐城) 築城年元和九年(1623年) 築城者小泉氏・片桐貞隆 種別 平城        奈良県大和郡山市小泉町 小泉城の築城年代は定かではありませんが、南北朝時代には大和小泉庄の有力な地侍であった小泉氏が居館を構えていたという。 小泉氏は大和に勢力を持つ越智氏に属し、越智氏と対立する筒井氏と敵対関係にあった…
コメント:0

続きを読むread more