ケリの威嚇

今の時期、農家の方々は田植えの支度で忙しくなり始めてきました。 畑の中の雑草には、今ケリ達が雛を育てています。 あまり近づくと大きな鳴き声で近づくなと叫んでいます。 車でそばを通るのには大丈夫ですが、車を降りるとすぐに近くまできて威嚇してきます。 他の鳥達(カラス・キジバト・ダイサギ)も近くに来ると攻撃されていま…
コメント:0

続きを読むread more

ゴイサギとガビチョウ

遊水池を散歩中に見つけたゴイサギとガビチョウです。 今の遊水池は人があまりいません。 草が生い茂り、歩いていると小さな虫が顔のまわりと飛んできてあまり環境が良くありません。 そうゆう環境の中でもよくまわりを探すと野鳥が潜んでいます。 遊水池では今まで見かけませんでしたゴイサギが、草が生い茂る所の水溜まり場所にひそんでいま…
コメント:0

続きを読むread more

名張城(名張陣屋)

名張城(名張陣屋) 築城年天正十三年(1585年) 築城者松倉隆重 築城年寛永十三年(1635年) 藤堂高吉 種別 陣屋     三重県名張市丸之内 戦国時代名張城は服部保章(やすあき)という土豪の砦だったともいう。 その後筒井定次などを経て、慶長十三年(1608年)に藤堂高虎が領有しました。 その子、高次はこの城に…
コメント:0

続きを読むread more

新緑の中にメジロ

里山の公園では樹木に緑が生い茂りだしてきて綺麗な景色の一面が見られるようになってきた今日この頃です。 野鳥も緑に覆われているところでは見つけるのは少し大変です。 特にメジロなどは緑の葉の中では保護色になり見つけ難く撮影には少し大変ですね。 此の所この公園では、お目当ての野鳥には遭遇できない日が続いています。 そこ…
コメント:0

続きを読むread more

水辺のキセキレイ

河川敷に行くと何時もセグロセキレに出会います。 この辺ではよくセグロセキレイがいますが。 それに比べてキセキレイの数は少ないです。 川の少し上流に上がると、時々水辺で餌を探しているキセキレイの姿を見かけます。 水辺に黄色い色をしたキセキレイはとても綺麗で引き立ちます。菜の花が咲いている時期にはお互いの特徴の黄色を…
コメント:0

続きを読むread more

青連寺城(別名 青木城)

青連寺城(しょうれんじじょう) 築城年室町時代 築城者青木民部尉信定 種別 丘城     三重県名張市青連寺字斧出 青連寺城は、青連寺ダムより西方に行った青連寺集落の地蔵院の裏にあります。 幅8mの高い四方土塁が本丸を囲みかなり深い空堀が東・北・西に巡っています。 南にもあったようですが、南側の土塁を削り落として埋め…
コメント:0

続きを読むread more

オオアカハラの近景

この所、オオアカハラがよく顔をだしてくれて野鳥撮影を何とか楽しませてくれています。 他の鳥が中々出て来てくれませんが、何とか里山の公園で楽しんでいます。 この日は少し時間が遅かったので他の人は誰もそばにいませんでした。 何時もは何人かの人がおりますがこの時だけは私一人でした。 おかげで、オオアカハラはわりと近い所…
コメント:0

続きを読むread more

セグロセキレイの子育て

河川敷を散歩していたら、川の中にある大きな石の上に小鳥がジートしているので何かあったのかと思いすぐそばで小鳥を見つめていましたら、 その小鳥はセグロセキレイの幼鳥みたいです。巣立ちをして間もない小鳥みたいです。 まわりに親鳥がいないか川の中を探して見たら近くの砂利がある所に他の雛と親鳥がいました。 幼鳥は母親が近くに来…
コメント:0

続きを読むread more

木造城(木造御所)  

木造城(木造御所) 築城年貞治五年(1366年) 築城者木造顕俊 種別 平城     三重県津市久居木造町字城 木造城は、雲出川の北岸、木造町の集落付近にあった。 現在は北の田園の真ん中に土盛りがあり「木造城址」の碑が建っています。 背後はやや低い水田を挟んで比高約12mの台地が東西に延びています。木造氏は北畠氏の一…
コメント:0

続きを読むread more

キビタキが

雨上がりの今日は、朝から何時も出掛ける里山の公園に出掛けてきました。 公園には沢山の子供ずれのグループやシルバーグレの方々のハイキングなどで賑わっていました。 野鳥撮影の人達も数人おりました。 その人達の中に混ざり野鳥を探し歩いてみました。 なるべく人がいないところを探し、野鳥を探し歩いていたら。 木立の中で鳥が動く気配が…
コメント:0

続きを読むread more

農道にキジが

朝の10時頃に、買い物に出掛ける途中、農道をゆくりと車を走らせながら野鳥を探していますと、 大きな声でキジの鳴き声が聞こえてきました。 急いで車を止めて窓を開けて静かにしていたら、前方の道路沿いにオスのキジが出てきました。 車から降りて、カメラを構え少しずつキジに近づいていったら、キジは羽根を開き羽ばたいてくれました。 …
コメント:0

続きを読むread more

海辺にユリカモメ

遊覧船の船着き場に沢山のユリカモメがいました。 その中には頭が黒いまるで頭巾をかぶったような風貌のユリカモメが混ざっています。 ユリカモメの頭の羽根の色が変わるのは4月頃から変わってくると言われています。(よく言う夏羽と呼ばれる羽根です) 4月半ば頃にはほぼ黒く変化してくるそうです。 成鳥のユリカモメは4月終り頃には…
コメント:0

続きを読むread more

アカハラとシロハラ

先日の載せたアカハラ(オオアカハラ)で野鳥図鑑を見たら種別では載っていませんでした。 オオアカハラは亜種(ある生き物が何らかの原因で体つきや色彩が違ったもの)と言うことで種ではなくその下位区分の一つと言うことだそうです。 素人の私には難しことです。色々勉強する子が沢山あります。 そこで、今日は何時も見られるシロハラと珍しく見られた…
コメント:0

続きを読むread more

渋見城(渋見砦)

渋見城(渋見砦) 築城年永禄年間(1558年~70年) 築城者乙部兵庫頭藤政 種別 山城    三重県津市渋見字城 渋見城跡は津市街の西の独立丘陵に築かれた城跡です。 津の中心部を、西に土塁を巡らす西郭とその東に一段高くなった東郭を中心に、その南にも小さな郭を配する。 また南東部には奥屋敷跡と言われる所も残っています…
コメント:0

続きを読むread more

遊水池で見たマヒワ

今日は朝から雨模様でお出かけはやめました。 そこで在庫のマヒワを載せてみます。 先日に遊水池の柳の枝に沢山(7羽ぐらい)のマヒワを見かけました。 遊歩道からかなり奥の方にとまっているため枝などが邪魔をしていて大変撮りにくい場所にいました。 この日は午後から遊水池に散歩がつら出掛…
コメント:0

続きを読むread more

オオアカハラがいた

同じ公園に何回も足を運びアカハラがいないか探していていたら、やっと会う事ができました。 アカハラと思い撮り続けていたら、野鳥に詳し人がこれはオオアカハラだと教えてくれました。 アカハラと違う所は、頭の所がクロッポイのがオオアカハラだそうです。 少しの時間見つめていると。 此の所、何時も見かけているシロハラと同じ仕草を…
コメント:0

続きを読むread more

コサギの食事

昨日の夕方、夜の食事の買い物に出掛ける途中に通った小さな川に、コサギが一生懸命に魚を追いかけている姿をみかけました。 川には魚の姿をあまり見かけなくなってきているみたいでコサギやカワセミなどは小魚を探すのに大変苦労しているみたです。 五分ぐらい車をそばに止めてコサギの動作を眺めていましたらコサギは何とか小さな魚をゲットするこ…
コメント:0

続きを読むread more

上津部田城(こうづべたじょう)

上津部田城 築城年戦国時代 築城者不明 種別 平山城     三重県津市一身田町上津部田 上津部田城跡にいくには、三重県庁前の県道10号線を北上して、県総合文化センターへ向かう信号を右折し、三重県総合文化センター内に入り、 県立図書館横の「男女共同参画センターフレンチみえ」の建物から裏の庭園にある茶室を経て、城跡へ…
コメント:0

続きを読むread more

桜の木にコゲラ

桜の花も大分落ちてきて廻りには緑が目立つようになってきたこの頃です。 4日頃から山間の公園に出掛けて赤色系のアカゲラとアカハラを探して公園をさまよっていますが、私の前には現れてくれません、アカゲラやアカハラを見た人は何人かいるみたです。 そこで、今回は先日に撮った、キツツキの仲間では少し小さめのコゲラが、桜の木に登って虫を探している…
コメント:0

続きを読むread more

津城(安濃津城)

津城(別名・安濃津城)築城年元亀年間(1570年~73年) 築城者織田信包   築城年慶長十六年(1611年) 築城者藤堂高虎 種別 平城    三重県津市丸之内 伊勢湾に面した伊勢平野のほぼ中央に位置し、参宮街道をおさえる重要な地点にあり、北の安濃川、南の岩田川を防御とした平城です。 津城は織田信長の弟信包(のぶかね)に…
コメント:0

続きを読むread more

見る回数が少なくなったアオゲラ

体調もあまり良くなかった事もありブログが中断していましたが、これから少しずつですがまた載せていきますよろしくお願いします。 今回は少し前に撮ったアオゲラの姿を載せて見ます。 此の所三日間ほど山間の公園にでかけてきましたが、アオゲラに会う事ができませんでした。 今ではその変わりアカゲラがボチボチ見られる事があるそうです。 山の…
コメント:0

続きを読むread more