雨上りのサンコウチョウ

この画像は少し前の日に撮った画像です。 山間で見かけたサンコウチョウの水浴びする所です。 小川のそばで立場話しをしていたらそこの横をサンコウチョウが水浴びをしていました。 急いでカメラを構えて撮影したのですが緊張していたせいか上手く撮れませんでした。 続けて三度水に飛び込んだのですが、最後の一回の所で辛うじて写したのです…
コメント:0

続きを読むread more

住宅街にツバメ

此の所良く見かけるのはツバメです、曇り空の日は特に飛行しています。 梅雨どきなので小さな虫(ツバメの餌はウンカ・ハエ・ガ・アブなど)が沢山飛んでいるのでそれをツバメが捕らえています。(ウンカとは稲の害虫となる昆虫で体長は5ミリぐらいの大きさだそうです) 住宅が沢山並んでいる場所で、ツバメがものすごい速さで家と家の間を通り抜け…
コメント:0

続きを読むread more

蒔田城(まきたじょう)

蒔田城(まきたじょう) 築城年不明 築城者蒔田宗勝 種別 平城     三重県四日市市蒔田二丁目 蒔田城は東海道53次の宿場町「桑名」と「四日市」結ぶ通りに立地しています。 蒔田城は、現在浄土真宗の長明寺の境内となっている場所にあります。 城の案内板や石碑などは建てられていませんが、 お寺の…
コメント:0

続きを読むread more

カワラヒワの水浴び

少し離れた河川で見かけたカワラヒワです。 この日は目的の野鳥が見当たりませんでした。 帰る途中、河原で数匹のカワラヒワが水浴びをしている所に出会いました。 一番右側のカワラヒワは二羽が水に浸かっている時に廻りを見張っているみたいです。 真ん中のカワラヒワが今度は本格的に水浴びをしだしました。 左側のカワラヒ…
コメント:0

続きを読むread more

河川敷で見たキジ

この日は久被ぶりに河川敷に出掛けてみました。 この日は人影もなく私一人でした、野鳥たちもあまり見かける事ができませんでした。浜辺の遠い所には小さな千鳥類がいますがとても距離があり無理です。 それでも二時間ぐらいブラブラと浜辺を歩いていると、遠い所で何か黒いものが動いたのでカメラを向けるとキジみたいでした、少しでも近くに行けた…
コメント:0

続きを読むread more

サンコウチョウの乱舞

此の所、山の公園にサンコウチョウを探し歩いています。 鳴き声も最近は静かになりサンコウチョウも恋人が決まり新しい新居を作る時期になったようです。 サンコウチョウが巣の前でオスとメスが飛んでいました。 この場所は林道の真上に近い崖の高い所にあります。高さも15m位上にあります。 カメラを構えていて二三分も上を向いている…
コメント:0

続きを読むread more

茂福城(もちぶくじょう)

茂福城(もちぶくじょう) 築城年室町時代 築城者朝倉下野守盈盛 種別 平城     三重県四日市市茂福町字里の内 茂福城は、四日市市の北部、朝明川と海蔵川に挟まれた標高2mほどの沖積地に位置します。 城跡の東方を東海道が通り、伊勢湾を間近かに控えた地に築かれた平城です。 朝倉貞冬(盈盛)の築城によるものとされるが、そ…
コメント:0

続きを読むread more

アマサギとケリの争い・後編

前編に続いてアマサギとケリの争いを載せて見ます。 ケリの一羽が必要以上にアマサギを追い回しています。 少し離れた所にいたもう一羽のアマサギがケリのひっこい為に加勢に加わってきました。 ケリに向かってもういい加減にしてよと言っているようです。 逃げ廻っている方のアマサギも必死に逃げ廻っています。遠くの方のアマサギは…
コメント:0

続きを読むread more

アマサギとケリの争い・前編

前回撮影の続きでアマサギがケリの縄張りに入ったためケリが怒りアマサギに威嚇してきました。 その写真を載せてみます。 アマサギが三羽固まって居るとこにケリが威嚇しだしました、どうもケリの巣があるのか雛がそばにいるのかわかりませんがケリはかなり狂暴になっています。 アマサギは知らん顔をしています。 ケリは一度地面におりて…
コメント:0

続きを読むread more

田圃にアマサギの群れが

昨日の昼頃から雨が降りだしてきて、今日は一日雨になってしまいました。 昨日午前中は山間に野鳥撮影に出掛けてみましたが。 お昼過ぎ頃から天気が悪くなり始めたのでその場所を離れることにしました。 2時頃には雨が少しずつ降り出して来たものですから、家に帰ろうかと思いましたがこの日は一枚も良い写真が撮れませんでしたので途中下車して何時も通…
コメント:0

続きを読むread more

オオルリの巣が荒らされてしまった。

この所山の麓の公園に野鳥観察に出掛けています。 連休ごろにオオルリが子育てが始まり5月14日の日にはオオルリの親鳥が一生懸命餌を運んでいました。 その日は遠くの方からオオルリを観察していましたら雛の嘴が巣から除いているのが見えました。 微かですが雛の姿が見えます雛はまだ小さいようです。 オスもメスも頻繁に餌を運んでい…
コメント:0

続きを読むread more

今年初めてのササゴイ

自宅より離れた所の河川敷に出掛けて、ササゴイやカワセミが見られるかもと思い河川敷を海辺の近くから上流に向かって歩いて探して見ました。 海より一キロぐらい上がった所で一羽の鳥が川の中の石の上にとまって居る姿が見えましたので、 望遠で覗くと最初アオサギだと思っていましたが、どうもアオサギより一回り小さいので違うなとわかりましたので急…
コメント:0

続きを読むread more

浜田城

浜田城 築城年文明二年(1470年) 築城者田原美作守忠秀 種別 平城     三重県四日市市浜田字堀の内 浜田城は、四日市市内を流れる三滝川・天白川が形成した沖積平野に位置する。 この地は、四の付く日に市が開かれていた場所であります。 東海道五十三次の四日市宿にもあたっていて、宿場町としても発達した所であります。 …
コメント:0

続きを読むread more

ミサゴがホバーリングしていた

此の所余り出歩くことができません。 コロナの影響で家の人に言われて出歩くとが少なくなってしまいました。 身近で感じる嫌な雰囲気で、家でジートしているのも退屈で人との接触の少ない所を選らんで出掛けています。 この写真は少し前に行かれた時の河川敷でみたキサゴです。 この日は河川敷には人が誰もいませんでした。 一人河川敷で流…
コメント:0

続きを読むread more

楠城(くすじょう)

楠城 築城年応安二年(1369年) 築城者楠十朗貞信 種別 平城     三重県四日市市楠町本郷字風呂屋 楠城は、鈴鹿川が河口付近で本流と支流とに分流して三角州を作る。その先端部に築かれた城であります。 鈴鹿川が堀の役目を果たす要害の地であります。 楠城の遺構は全く残ってはいません。 水田と宅地となった場所で、…
コメント:0

続きを読むread more

オオルリのつがいが

毎日コロナのニュースで嫌になります。 それでテレビも余り見なくなり家ではゴロゴロしています。 少しでも気分転換にと人が余りいない所を探している毎日です。 今回も家の家事をかたづけてから、山の谷間を流れる小川のせせらぎが聞こえる静かな場所に出掛けてきました。 この場所は静かでまた気温も高くなく涼しい所です。しいて言えば小さな虫が顔…
コメント:0

続きを読むread more

松尾芭蕉ゆかりの城・福地城

福地氏城(別名 福地城・城の腰城) 築城年南北朝時代 築城者福地伊予守 種別 平山城      三重県伊賀市柘植町浦出 福地城は西に石垣の表門を持ち、四方土塁の掻揚式の城です。 本丸内部には、石蔵跡や井戸が残り周囲には、館跡、堀跡が現存しています。伊賀随一の中世の城跡であります。 昭和四十三年三月に県史跡跡に指定され…
コメント:0

続きを読むread more

シジュウカラの子育て

里山の公園で4月20日にシジュウカラが桜の木にとまり嘴に虫をくわえている所を見たので、 撮影していたらシジュウカラは餌を中々食べませんので少し離れた所から眺めていたら、 大きな木の枝落としをした跡が、枯れて空洞になっているみたいです。そこにシジュウカラは巣穴を造っているみたいです。 シジュウカラはこちらがいるのを警戒し…
コメント:1

続きを読むread more

アカハラがいた

コロナが今だ衰えず騒がれていますので余り遠出はできませんので近くの公園などで野鳥撮影を楽しんでいます。 このアカハラはいつも出掛ける里山の公園で見たアカハラです。 連休明けの6日の日に出掛けてみた時に大きな木の茂みにいたアカハラですが。 前日まではよく見かけた生い茂った林の中の落ち葉の中の虫などを探していたアカハラです…
コメント:0

続きを読むread more

柏野城(別名 福島城)

柏野城(別名 福島城) 築城年中世 築城者福島宗雄 種別 丘城     三重県伊賀市柏野字宮ノ前 柏野城は、拓直郷の西、川合郷との境に位置します。 北・東・南の三方は切り立った断崖です。 西側は山続きでありますが、堀切りとなっています。 東側には二段の平地が造られており、これが郭跡であろうと思われます。 …
コメント:0

続きを読むread more

三回目のサンコウチョウ

余り天気が良くなく今にも降りだしそうな雰囲気の天気です。 何とかお昼までもつと良いのですが。 山の中に入るので少しでも降り出せばすぐに山を下りれる気持ちでいないと危ないので。 この場所は山の麓でサンコウチョウが見られる所です。そこに出掛けてきました。 前回に続き三回目のお出掛けです。 この日は(5月7日)朝から曇り空で人は誰も…
コメント:0

続きを読むread more

青い鳥オオルリ

市街地より少し離れた山の中腹にある緑多い散歩コースがあります。 そこでは近くのお年寄り達が毎日散歩コースとして歩いています。 静かな山間で小川のせせらぎに野鳥の声が響き渡ります。 今ここの場所ではサンコウチョウやオオルリが見られるようになってきました。 木が生い茂る所の枝にオオルリが餌を嘴にくわえてとまっていまし…
コメント:0

続きを読むread more

今年初めてのサンコウチョウ

久しぶりにサンコウチョウがいると言う所に出掛けてきました。 まだ鳥の鳴き声も余り聞こえず今日は何も収獲がないなと諦めていた帰り道にどこからともなく聞いたことがある鳴き声が聞こえてきました。 今年初めて聞く声です。廻りを探していると林の奥の方で聞こえてきました。 ジートしていたら動く気配がありましたので、そこの場所を見つ…
コメント:0

続きを読むread more

百地丹波城(別名 百地砦)

百地丹波城(別名 百地砦) 築城年室町時代 築城者百地丹波 種別 丘城      三重県伊賀市喰代字城谷 県道上野中村線が上野市の東端喰代(ほおじろ)で北に曲がる。ここにバス停があります。「百地丹波守砦100m」の看板が目につきます。 東方の山から舌状に延びる丘陵が右手に見える。 この丘陵は、字名を城谷といい、小字に…
コメント:0

続きを読むread more

曇り空の畑にツバメが

車で田園辺りを車で流していると、畑の中でツバメが数羽忙しそうに飛び廻っていました。 何か虫を捕まえているみたいです。 ツバメは動きがとても速くて、上手くツバメをとらえることができません。 手持ちでやっていますので手ぶれをおこしてしまいます。 それでも数撃てば下手な鉄砲も当たるかなと思い、やって見ていますが、下手な者は…
コメント:0

続きを読むread more

服部半蔵生誕の城

千賀地城(千賀地氏城) 築城年室町時代 築城者千賀地(服部)半三保長 種別 丘城      三重県伊賀市予野字上田 国道368号線(バイパス)を菖蒲池2をおりて県道686号に入り予野集落方面に向かい丁字の交差点に突き当たります、それを右に曲がり少し行くと道路沿いに千賀地氏城(ちがちしじょう)跡の石碑があります(写真二番目)そこを…
コメント:2

続きを読むread more

林の中にキビタキ

里山の公園で見つけたキビタキです。 この日はあまり野鳥に出会う機会がなく仕方がないので帰ろうかと思い車のあるところに下りてきたら、 遊歩道に沿って林が茂っているとこに何か動く鳥がいましたので、 カメラを向けるとキビタキが一羽枝にとまっていました。 時間的にはほんの一瞬の出来事でした。 キビタキは少し前の日に…
コメント:0

続きを読むread more

滝川氏城(小波田城)

滝川氏城(小波田城) 築城年天正九年(1581年) 築城者滝川三郎兵衛 種別 丘城     三重県名張市下波田字下出 滝川氏城は美旗古墳群の東南、下小波田地区西北の、通称城山の丘頂部にあります。 本丸内は70m四方で、四方に高い土塁と深い空堀を巡らせた単郭式の城です。 その規模は県下最大であります。滝川三郎兵衛は滝川…
コメント:0

続きを読むread more