アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
古城と野鳥
ブログ紹介
古城の写真を撮り歩くのが趣味で日本の城を撮っています。毎日の日課で散歩していて野鳥の声を聴いているうちどんな鳥なのかきになり写真に撮っているうち、カワセミの綺麗な姿に見とれて写真撮影も始めました。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
静岡県の古城・河津城
静岡県の古城・河津城 河津城 築城年永亨十一年(1439年) 築城者蔭山勘解由(かげゆ) 種別 山城      静岡県賀茂郡河津町笹原       河津城址である、伊豆東海岸の河津浜から500mほど北方で、地元では笹原の城山とも大日さんともいっている。山麓からミカン畑の中を少し登ると大手曲輪と思われる平場がある。そこから松と矢竹の茂みを押しわけ、急な坂を登りきると、東西10m、南北8mほどの二の曲輪がある。そのすぐ向側は5mほど高く、ここは頂上にあたり、本丸です。東西10m、南北8mの曲輪で、西側に高さ2mの土塁... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/24 14:37
静岡県の古城・三穂ヶ崎台場
静岡県の古城・三穂ヶ崎台場 三穂ヶ崎台場 築城年天保十四年(1844年) 築城者水野藩 種別 台場          静岡県下田市白浜字原田    天保十四年(1844年)、水野藩によって築城された台場です。下田、白浜神社所蔵の「弘化四年(1848年)、豆州加茂郡白浜村絵図」には、字イタゴ崎(現・三穂ヶ崎)に木柵と門を構える台場、その近く字シクヤノダンに御台場物置の位置がしるされている。台場跡は、三穂ヶ崎岬のほぼ中央に位置し、自然地形をきりひらき東西約40m、南北約45mの方形の区画を設け、海に面する北側は、砲門を有す... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/23 17:25
カワセミ 1.23
カワセミ 1.23 今日もカワセミの写真を撮るために出かけてみましたが、午前中ズート待ち構えていたのですがきてくれませんでした。今日の撮影分がありませんので先日同じ所で偶然にも撮影できた写真を載せてみました。 この二枚の写真はトリミングしています。 この写真は近ずきすぎたため移動してしまったときに撮影できた写真の一枚です。近くの灌木に留まってくれたので撮れた写真です。   こちらの動きを警戒してジート見つめています。    小魚を見つけ飛び込む瞬間です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/23 16:02
静岡県の古城・一色陣屋
静岡県の古城・一色陣屋 一色陣屋 築城年天保年間(1830年〜1844年) 築城者水野藩 種別 陣屋        静岡県下田市白浜字板戸    写真の左側の道路は東伊豆道路135号線です。正面の道路は海に行く方の道路です、ここを下りて行くと浜辺に着きますそこのへん一帯が陣屋跡です。右側には小さな川が流れています。そこをズート下りて行きます。一色陣屋は天保年間に設置された陣屋だと言われています。沼津三枚橋城の水野藩の陣屋跡で、水野藩の役人が7人〜8人が常駐されて下河津・稲生澤・本郷・高馬・中村・中ノ瀬・河内等、水野... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/22 20:34
餌取りのベニマシコ
餌取りのベニマシコ 先日、ベニマシコがいたところに行って見たらいなかったので、他の方を探しに行ってみたが見つけることができませんでした。仕方がないので帰るかなと思つたが、もう一度最初の所に行ってみることにしました。そしたら、草藪の中で動く気配がありジート見ていたら三匹のベニマシコが出てきて餌取りを始めました。(オスが二羽でメスが一羽いました。)                      ここの場所は人通りが多くてカメラを構えていると何がいますかなどと声をかけられてそのたびに小声でベニマシコですというと、人が段々と集... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/21 14:32
近景のノスリ
近景のノスリ 何時も行く遊水地に、鳥観察に出かけてきました。先日ノスリが留まっていた大きな木があるところに今日もいるか期待して行ってみました。遠くの方から大きな木を見つめたら何か上の方に白い物が見えたので急ぎ足で近づいて見たら先日いたノスリが今日も同じ木にとまってくれていました。かなり今度は近くまで行くことに成功しましたので大きなノスリの写真が撮れました。オオタカやハイタカの目に比べ、ノスリの目は優しそうな目をしていますね?         コノ木の所は人通りが多くて留まっていてくれてる時間がみじかいです。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/20 13:48
河川敷にシメ
河川敷にシメ 久ぶりに近くの河川敷に、昨日お昼ごろ出かけてきました。川の水が少なくなってできた水たまりの中に小魚が泳いでいるのをアオサギやコサギやダイサギが争って餌どりをしていました。枯れ木の上の方ではシメが鳴いていました。今年初めて会うことができました。去年には沢山のシメやイカルがきていたのですが、今年はまだチラホラしか見られません。その中で見つけたシメを載せてみました。シメは全長18.5センチで全身茶色系の色で嘴は短くて太いです。尾は短めです。   嘴は堅い木の実、草の実を割って食べているため丈夫にできて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/19 17:08
静岡県の古城・深根城
静岡県の古城・深根城 深根城(堀之内) 築城年延徳三年(1491年) 築城者関戸播磨守吉信 種別 丘城       静岡県下田市稲梓堀之内小字上ノ殿    城址は、海抜約70mの山腹に位置するところにあり東西約100m、南北約150mの台地上に立地していますが、北側及び東西の三方は急峻な斜面をなし背後は丘陵に囲まれた自然の要害です。現在、城址のあった通称、上ノ殿と呼ばれる場所には人家が数棟存在しているため、すでに遺構は消滅してその旧状を知ることはできません。ただ、木戸段、大旗小路、殿畑、御筏場、大鐘等往古をしのぶ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/01/19 16:35
道路にアオジがいた
道路にアオジがいた 遊水地の道路沿いに小鳥がチョコチョコ動いているのを見つけ写真を撮ったらアオジでした。すぐそばの所まで行っても逃げる気配をしませんでした。凄く慣れっこいアオジでした。                 アオジとノジコはわりと見分けがつきにくいです。ノジコはアオジより少し小さくて、頭部から上面に緑色が強いそうです、目には白いアイリングがあるそうです。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/01/18 11:52
静岡県の古城・下田御番所
静岡県の古城・下田御番所 下田御番所(舟改番所) 築城年元和九年(1623年) 築城者江戸幕府 種別 海の関所          静岡県下田市三丁目二十六    徳川家康は政治の実権を握ると、江戸幕府を開いた。江戸時代の舟は、帆船(帆を上げて進む舟)でしたので、風向きが悪いと、途中の港に入って、風待ちをしなくてはなりませんでした。江戸に向かう舟は波のあらい遠州灘を無事に乗り切って下田港に入ると、ホット一息つきます。ところが、相模灘は遠州灘と風向きが違うことが多いので下田港で、何日も風待ちをする日がありました。下田港は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/18 11:16
今年初めて見るオオジュリン
今年初めて見るオオジュリン 今朝も遊水地に散歩がつら野鳥撮影に出かけてきました。何時もの所よりコースを少し代えて歩いて見ました。池の畔を巡るコースで何時もだと何も見つけることができない所で一服していると、対岸の草藪の中に動く物を見つけカメラを向けるとオオジュリンがいました。オオジュリンはメスみたいです。オオジュリンは見つけるのが大変です。草藪の中で動いているためカメラの前には出てきてくれません。            虫を捕らえているみたいですね。   オオジュリンはアシの茎から茎へ移動して嘴でアシの茎を割って中にいるカイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/17 16:45
ベニマシコがいた
ベニマシコがいた よく行く遊水地に朝から出かけてきました。朝も早いため車を止める所が空いていてすぐに止めることができたので、カメラ片手に池の周りを野鳥を探しに行ってきました。歩き出してすぐの所の草藪の中に小鳥が動いている気配を感じたのでジート構えていたら、ベニマシコが数羽いることが分かりこれはチャンスとばかりカメラを向けました。ここの所は前の日にも数人の人だかりがしていたので何かいるのか気になっていたところです。ベニマシコは15センチとスズメと同じくらいの大きさですのでとても小さいです、またよく動くので上手く撮れ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/01/16 16:09
静岡県の古城・戸田陣屋
静岡県の古城・戸田陣屋 戸田陣屋(下田陣屋) 築城年天正十八年(1590年) 築城者戸田忠次 種別 陣屋       静岡県下田市殿小路    天正十八年(1590年)に豊臣秀吉の小田原征伐により関八州の覇者であった後北条氏は滅亡し、その領国の大部分は徳川家康に与えられた。家康は関東へ入国すると要地に家臣を配置したが、家康の家臣たちは後北条氏によって築かれた城館を再利用することが少なくなかった。伊豆は後北条氏の本貫地であり、下田には後北条水軍の中枢である下田城が築かれていたが、家康の支配地となった後は戸田忠次が五千... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/15 20:55
小雨の中ミコアイサ
小雨の中ミコアイサ 今朝から曇り空で今にも降り出しそうな天気ですが。いつも行く遊水地に顔を出して見ました、少ししたら雨が少し降り出して来たので、車に戻りました。今から帰るのも早いので車で一回りして帰るかなと思い何時ものコースを車で流して。用水池近くの道路に車止めて待っていると雨が止みましたので、車をそこに止めてカメラを持って池の見やすい所でカメラを構えていると遠くの方で白いものが動いているのが見えカメラを構えたら、ミコアイサが餌取りを初めていました。警戒心の強いミコアイサが目の前(30mぐらい)にいました。    ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/01/15 15:53
ノスリがいた
ノスリがいた 遊水地を散歩していると上空でノスリがいたので望遠で撮って見ました。今時はノスリがよくみることが多いです。特に電信柱などの先端に留まっているのが見られます。草原みたいに藪が生い茂っている中を歩いて行くと大きな枯れた木の上に白い物が見えたので近づいて行くとノスリが休憩していました。30mぐらいに近くに行くと突然に飛び立って行ってしまいました。ノスリの漢字名は鵟(狂った鳥と書きます、読み方としてはよたか共読みます)ノスリは留鳥です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2019/01/14 14:11
静岡県の古城・下田城
静岡県の古城・下田城 下田城(鵜島城) 築城年天正十七年(1589年) 築城者清水康英 種別 海賊城           静岡県下田市三丁目    伊豆半島の東南端、下田港の湾口を扼する西側の半島を現在城山公園と呼んでいるが、その全域が下田城跡です。直径800mの円周の中にいくつもの入江を持っており、高さは最高所で約60m、あまり高低はない。全山に巨松が群生し、ウバメガシや椿が自生して、うっそうたる森林をなしている。開港記念碑のある広場も曲輪跡で、そこから「鵜島城址」の碑のたつ本丸迄十分とはかからない。本丸は東西... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2019/01/13 22:41
名前が凄いキンクロハジロ
名前が凄いキンクロハジロ キンクロハジロは冬鳥として湖沼や池や港や河川によく見かけます。最近では公園の中にある池などで見かけるキンクロハジロは人間が餌を与えるため人が来ると寄ってきます、あまり野生ポックありません。オオバンとキンクロハジロがいます、この池はあまり餌など与える人がいませんので、人がくるとすぐに遠くの方に逃げていきます。キンクロハジロの漢字名は金黒羽白と書くそうです目が黄色で体が黒い色をしています、脇腹は白色です、雌は白色がありません。大きさは40センチあります、よく見かけるカルガモは61センチですので、カル... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/12 15:34
静岡県の古城・牧之郷館
静岡県の古城・牧之郷館 牧之郷館(加藤館) 築城年平安時代末期 築城者加藤景員(かげかず) 種別 居館         静岡県伊豆市牧之郷字馬場    「増訂豆州志稿」によれば「保元物語」「東鑑」に記載され、ここを所領とした加藤一族の館跡と推定する。狩野川標高60m、比高20mの高位の河岸段丘上に位置し、現在は畑地及び寺院の敷地となっている。遺構は不明です。北西約一キロの田中に同時代の五輪塔が数基あり、加藤一族の墓と伝えられている。「又、同町柏久保に関東塚=(加藤塚)と呼ばれる古塚があるらしい。」「静岡県史」によれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/12 14:45
山あいでカワセミ
山あいでカワセミ 街中から離れた山あいの小さな池でカワセミがいたので撮影してきました。車を止めて池の周りを見渡したらマガモやカイツブリが数羽がいました。その中で遠くの方で動く物がいたのでそれに焦点を合わせて見たらカワセミが水の中から飛び出してきて、よく見ると小魚を口に加えていました。ここは小さな池ですが、人通りがありカワセミも警戒心がとても強くすぐに移動してしまいます。この時の撮影は池の対岸から隠れて撮影をしました。もう少し近づきたかったですけど動く動作をすればすぐに木の枝が生い茂っている中に隠れてしまいます。そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/11 09:51
静岡県の古城・日向館(ひなたやかた)
静岡県の古城・日向館(ひなたやかた) 日向館 築城年平安時代末期 築城者狩野茂光 種別 居館      静岡県伊豆市日向字井戸尻    北伊豆を、天城山系から発して田方平野を潤し、沼津において駿河湾に入る狩野川は、日本の中世史上重要な地域です。源頼朝が満二十年を過ごし、北条時政、政子を初め狩野・仁田・天野・加藤等の諸豪族を生んだ地である。特に、狩野川上流の山地から、中流域の田方平野へ出る要地、修善寺町の日向を本拠として、狩野荘を支配していたのが狩野氏で、茂光(もちみつ)の代以来源頼朝に仕え、北条早雲によって滅ばされるまで、蓮綿と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/10 11:29

続きを見る

トップへ

月別リンク

古城と野鳥/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる