テーマ:歴史

八幡山城

八幡山城 築城年室町時代 築城者安宅定俊 種別 山城     和歌山県西牟婁郡白浜矢田 安宅本城の要の城として築かれた八幡山城は、矢田地区の八幡社裏山に築かれた。 通称「次部平(じぶのたいら)」と呼ばれる丘で、本城から、約一キロ北方にあたり、居城者次郎太夫定俊にちなんで、そのように呼ばれるようになったと言います。 本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安宅(あたぎ)本城

安宅本城 築城年享禄年間(1528年~1532年) 築城者安宅河内守 種別 平城      和歌山県西牟婁郡日置川町安宅 安宅の里に「城の内」と呼ばれる区域があります。享禄年間(1558年~1562年)に、安宅氏の本城が築かれたところであります。 日置に根拠地を置いた安宅氏は、承久の乱(1221年)後、阿波・河内・紀伊の守…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田辺城

田辺城(別名 錦水城) 築城年元和五年(1619年) 築城者安藤直次 種別 平城     和歌山県田辺市上屋敷町 慶長五年(1610年)、関ヶ原の戦いの後、紀伊国には浅野幸長が入国し、田辺には浅野左衛門佐氏重(さえもんのすけうじしげ)が入った。 浅野氏は慶長十一年(1606年)、会津川左岸河口に築城し移るとともに、新たに城…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野山城

上野山城(別名 八王子城・洲崎城) 築城年南北朝時代 築城者湯川氏 種別 丘城      和歌山県田辺市元町古尾 上野山城は、会津川東岸の丘陵の一角に築かれていた。しかし、いまでは、その正確な位置は明らかではありません。 ただ、八立稲荷神社付近ではなかろうかと推測されていますが、その痕跡は、まったく残されていません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平須賀城(へいすがじょう)

平須賀城(別名 平柄城・平主山城) 築城年室町時代 築城者野辺忠房 種別 山城      和歌山県日高郡南部川村西本庄 この城は2015年(平成27年)4月に訪問しましたが、天候不順の為途中までで断念した城です。本丸までには到着することができませんでした。 南部川村は、梅の里として全国的に有名な場所です。 途中で見つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍松山城(りゅうしょうさんじょう)

龍松山城(別名 市ノ瀬城) 築城年天文年間(1532年~55年) 築城者山本判官忠行 種別 山城      和歌山県西牟婁郡富田町一ノ瀬 国道311号線、紀伊一乗寺バス停から北へ約100m入った。 一ノ瀬春日神社の裏山が、龍松山城跡です。 最後の城主は山本主膳守康忠で、清和源氏(本国近江)矢田判官義清の後胤だといい、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入山城本丸(にゅうやまじょうほんまる)

入山城本丸 築城年天正年間(1573年~92年) 築城者青木勘兵衛由定 種別 丘城       和歌山県日高郡美浜町和田 入山の最高所「城山」の南約500mの麓に築かれた入山城は、通称「本丸」とか「青木之段」とも呼ばれています。 ここに城を構えたのは青木勘兵衛由定であります。 「城山」の曲輪がほぼ円形であるのに対して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入山城城山(にゅうやまじょうじょうやま)

入山城城山 築城年不明 築城者青木勘兵衛由定 種別 丘城       和歌山県日高郡御浜和田 日高平野の西北寄りに、なだらかに独立した丘があります。 亀山城跡の西、約900mの所で美浜町和田の入山である。 この入山には、二ヶ所の城址があります。 一ヶ所は、丘陵のほぼ中央の最高所で、「城山」とか「城跡」といってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天路山城(てんじやまじょう)

天路山城(比井城) 築城年天正年間(1573年~92年) 築城者湯河直春 種別 丘城         和歌山県日高郡日高町比井 2015年4月に天路山城には紀州の旅行で訪問しました。 正面の山が城跡です。天路山城は、天正の末、亀山城主湯河直春が築城し、その弟弘治が在城した。 日高郡日高郡日高町比井地区に築かれたので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯浅城

湯浅城 築城年康治二年(1143年) 築城者湯浅宗重 種別 丘城     和歌山県有田郡湯浅町青木 湯浅城跡は、紀勢本線湯浅駅の東約1.5kmの急で険しい斜面の要害地であった。 青木山山頂に本丸跡があります。標高は78.5mです。 平安時代末期から室町時代初めに至るまで、 湯浅氏の本城として保持できたのも、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太田城

太田城(別名 易井屋敷) 築城年延徳年間(1489年~92年) 天正四年(1576年) 築城者国造紀俊連・太田源太夫 種別 平城     和歌山県和歌山市太田 jR和歌山駅東方、北太田の来迎寺境内に「太田城跡碑」が建立されています。 ここが、太田城本丸の跡だとされています。 太田城は延徳年間(1489年~92年)に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根来寺

根来寺 築城年大治元年(1126年) 築城者覚鑁(かくばん)上人 種別 城郭寺院     和歌山県那賀郡岩出町根来 南北朝合一の明徳三年(元中丸・1392年)紀伊の守護として、 大内義弘が大野城に入った。 百数十年ぶりの紀伊国守護の復活であった。 大内義弘の失脚後は畠山氏に代わったが、 この頃より紀伊では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新宮城

新宮城(別名 丹鶴城・沖見城) 築城年天和四年(1618年) 築城者浅野忠吉 種別 平山城        和歌山県新宮市丹鶴町 新宮城は、三重県の県境を流れる熊野川に突き出した丹鶴山に築かれた平山城です。 慶長六年(1601年)十月浅野幸長が和歌山に入城した時、新宮領を与えられた同忠吉が丹鶴山に築いたのが最初という。城は翌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和歌山城

和歌山城(別名 伏虎城・竹垣城) 築城年天正十三年(1585年) 築城者豊臣秀長 種別 平山城      和歌山県和歌山市一番町 和歌山城は日本百名城の62番目です。     訪問日2015年4月と1992年8月です。 和歌山城は姫路城・伊予松山城と並ぶ「日本三大平山城の一つです」 徳川御三家の城として有名です。天守は三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大和郡山城

大和郡山城 築城年永正十五年(1518年) 築城者越智邦彦 種別 平山城       奈良県大和郡山市城内 郡山城は越智邦彦が永正十五年(1518年)に築城した。 大和郡山城が世に広まったのは筒井順慶の時からであります。 中世の郡山は奈良興福寺を守る郡山衆の一団がありました、筒井氏はその中にあってやがて大和一国を支配…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筒井城

筒井城(別名 筒井館) 築城年永享二年(1430年) 築城者筒井順永 種別 平城       奈良県大和郡山市筒井町 筒井城は、永享二年に筒井順永によって築かれ、順慶まで七代に渡って筒井氏代々の居城でありました。 もと興福寺の衆徒であった筒井氏は、周辺の武士団を併合し勢力を伸ばしたが、戦国期の大和騒乱において、興廃をくりか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小泉城

小泉城(別名 片桐城) 築城年元和九年(1623年) 築城者小泉氏・片桐貞隆 種別 平城        奈良県大和郡山市小泉町 小泉城の築城年代は定かではありませんが、南北朝時代には大和小泉庄の有力な地侍であった小泉氏が居館を構えていたという。 小泉氏は大和に勢力を持つ越智氏に属し、越智氏と対立する筒井氏と敵対関係にあった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高取城

高取城(別名 芙蓉城) 築城年南北朝時代 築城者越智氏・本多正俊・俊政親子 種別 山城     奈良県高市郡高取町 高取城は日本百名城の61番目です。また、日本三大山城の一つです。(備中松山城・岩村城)   訪問日2007年(平成19年)11月7日です。 高取城のある高取山は標高が584mです。これにつらなる山々の中では高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪城

大阪城(別名 錦城) 築城年天正十三年(1585年) 築城者豊臣秀吉 種別 平城     大阪府大阪市東区 大阪城は日本百名城の54番目です。  訪問日2000年(平成12年)12月です。 大阪城の位置する場所には、かって一向宗の総本山として石山本願寺がありました。 しかし織田信長との長い戦いすえ、本願寺は天正八年(15…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高槻城

高槻城(龍ヶ城) 築城年正暦年間(990年~994年) 築城者近藤忠範 種別 平城        大阪府高槻市城内町 高山右近で知られる高槻城の歴史は古く、正暦年間にさかのぼる。 近藤忠範が久米路山の小丘を根拠地にしたのが、高槻城の始まりとされています。 南北朝時代は駿河入江庄の地頭入江氏が、足利尊氏の命によって高槻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

烏帽子形城

烏帽子形城 築城年正慶元年(元弘二年・1332年) 築城者楠木正成 種別 山城      大阪府河内長野市喜多町 烏帽子形城は、南海電鉄高野線の河内長野駅から次の三日市駅に至る沿線の西側、標高182mの烏帽子山にあります。 頂上からは河内長野市の中心部を眼下に見下ろせます。 この山の北と西は石川の上流、西条川(高向川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千早城

千早城(楠木詰城・金剛山城) 築城年元弘二年(1332年) 築城者楠木正成 種別 山城     大阪府南河内郡千早赤阪村 千早城は日本百名城の55番目です。     訪問日2015年9月です。 千早城は、大和五条と南河内とを結ぶ最短コースとして、昔から交通・軍事の要衝であった千早街道を登りつめ、 金剛山より西に走る一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楠木氏居館

楠木氏居館 築城年代不明 築城者楠木氏 種別 居館       大阪府南河内郡千早赤阪村 楠木正成は、南河内郡千早赤阪村に永仁二年(1294年)、この地に誕生したと伝えられています。 文禄年間(1592年~96年)に増田長盛が豊臣秀吉の命を受け、土壇を築き、建武以後、楠木氏邸にあった百日紅を移植したという記録が残っています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上赤阪城

上赤坂城(別名 楠木本城) 築城年元弘年間(1331年~34年) 築城者楠木正成 種別 山城      大阪府南河内郡千早赤阪村 楠木氏の根拠地であるこの地方は、金剛葛城連山が天然の要害となって東・南の二方にそびえています。 西方には槇尾・天野の山が連なっています。 また、南方は高野街道が通じ、紀伊見峠を経て紀州紀の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下赤坂城

下赤坂城(赤坂城) 築城年元弘元年(元徳三年・1330年) 築城者楠木正成 種別 山城        大阪府南河内郡千早赤坂村 下赤坂城は、金剛山支脈の一端、甲取山に築かれたもので、千早赤坂中学校の裏手にあります。 丘陵上に「赤阪城址」の碑が建っています。城は、東・北の二方は東条川が流れて自然の堀となり、はるか東南には上赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岸和田城

岸和田城(別名 千亀利城) 築城年建武年間(1334年~1338年) 築城者和田高家 慶長五年(1600年) 小出秀政 種別 平城      大阪府岸和田市岸城町 岸和田の地名は、楠木正成が、和田高家に命じてこの地を治めたのに由来すると言われています。 吉野に住む和田氏に対して、海の近くに住む高家の一族を「岸の和田」と呼び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍野城

龍野城(別名 台山城・霞城・朝霞城) 築城年明応八年(1499年) 築城者赤松村秀 種別 平山城     兵庫県龍野市龍野町上霞城 播磨国の中西部を流れる揖斐川(いぼがわ)西岸に位置し、姫路と上郡を結ぶ旧山陽道が龍野の南辺を通過する。 川沿いに北上すれば、室町時代に赤松氏の守護所があった城山城(きのやま)東麓の越部を経て、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明石城

明石城(別名 喜春城) 築城年元和五年(1649年) 築城者小笠原忠真 種別 平山城        兵庫県明石市明石公園 明石城は日本百名城の58番目です。   訪問日は1999年(平成11年)三月と2015年5月です。明石城は別名 喜春城と呼ばれ縁起の良い城として有名です。 明石城は家康の外孫であります、小笠原忠真(ただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姫路城(白鷺城)

姫路城(白鷺城) 築城年慶長十四年(1609年) 築城者池田輝政 種別 平山城       兵庫県姫路市本町六十八番地 姫路城は国宝で1993年(平成五年)世界遺産に指定されました。 日本百名城の59番目です。  訪問日1999年(平成11年)3月と2015年(平成27年)5月です。 姫路城の上空にたまたま飛行船が横切…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

柏原陣屋(柏原城)

柏原陣屋(柏原城) 築城年正徳四年(1714年) 築城者織田信休 種別 陣屋      兵庫県氷上郡柏原町柏原 柏原藩は織田信長の弟信包(のぶかね)に始まる。 初め、信包は伊勢の長野氏を継ぎ、伊賀上野城に居城したが、後に伊勢の安濃津城に移り、「津の侍従」と称された。 当時の安濃津城には兄信雄の松ヶ島城、信孝の神戸城と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more