テーマ:歴史

四月六日は城の日

古城巡りをしている私には、お城にはお世話になっています。四月六日は城の日ということで少し城についてお話してみます。 「城の日」とは4(シ)6(ロ)で「しろ」の語呂合わせにより、毎年4月6日を城の日と公益財団法人日本城郭協会が昭和49年(1974年)に「城の日」と定めました。姫路城は世界遺産に登録された「12月11日」を姫路市において城…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津山城(別名 鶴山城)

津山城(別名 鶴山城) 慶長八年(1603年) 築城者森忠政 種別 平山城         岡山県津山市山下 津山城は日本百名城の67番目です。    訪問日は2007年4月21日です。 津山城は別名鶴山(かくざん)城と呼ばれ、森忠政が築城地と城下町の適地を探した時、当時の田中郷山北村津山に白羽の矢を立てた事によっている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶臼山城(別名 周匝城)

茶臼山城(別名 周匝城) 築城年天文年間(1532年~1555年) 築城者笹部勘斎 種別 山城        岡山県赤磐市周匝(すさい) 茶臼山城は、現在二層の模擬天守(展望台)が建てられています。 本丸部分が城山公園として整備されて、車で簡単に登ことができます。 本丸は、山頂部を楕円形の削平した曲輪を中心に二つの腰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

備中高松城

備中高松城 築城年元亀元年(1570年頃) 築城者石川氏 種別 平城(沼城)       岡山県岡山市高松 高松城は天正十年(1582年)に羽柴秀吉によって戦術上特異な水攻めを受けたことで有名な城です。 この城は、戦国期に織田・毛利の二大勢力が雌雄を決するうえで、重要な戦略的な地点にあったのです。 高松城は、備前・備…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼ノ城(きのじょう)

鬼ノ城 築城年七世紀後半 築城者大和朝廷? 種別 神籠石式山城     岡山県総社市黒尾 鬼ノ城跡は日本百名城の69番目です。     訪問日は2015年5月14日です。 飛鳥時代に唐や新羅からの侵攻を恐れた朝廷が、国土防衛のために築いた城跡と推定される。 標高400~600mの吉備高原の南縁に位置し、 眼下に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡山城(烏城・金鳥城)

岡山城(烏城・金鳥城) 築城年正平年間(1346年~1350年) 築城者上神高直 築城年文禄三年(1594年) 築城者宇喜多秀家 種別 平城           岡山県岡山市丸の内 岡山城は日本百名城の70番目です。    訪問日は二回目です、1993年5月5日と2015年5月14日です。 現存する遺構には、月見櫓と西の丸西手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尾道城

尾道城(観光用天守閣) 築城年昭和三十九年(1964年) 築城者金尾氏(商工会会頭) 種別 山城(1335年)観光用城          広島県尾道三軒家町 尾道城は昭和三十九年に建てられた、千光寺公園の西展望台であります。 尾道商工会が観光事業の一環として外観の一部を(弘前城天守)模した施設。 千光寺公園は標高13…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島城(別名 鯉城・当麻城)

広島城(別名 鯉城・当麻城) 築城年天正十七年(1589年) 築城者毛利輝元 種別 平城        広島県広島市中区元町 広島城は日本百名城の73番目です。      訪問日は1998年5月です。 毛利元就は中国山地の小盆地吉田荘の地頭職から身をおこし、一代にして中国・四国・九州にも及ぶ九カ国百十万石の大大名に成長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福山城(別名 久松城)

福山城(別名 久松城) 築城年元和元年(1614年) 築城者水野勝成 種別 平山城        広島県福山市丸之内 日本百名城の72番目です。訪問日1996年です。 福山の地は、瀬戸内海の中央、干満潮の分岐線上の山陽道側の中点に存在し、 古代から潮待ちの港が存在する航路の重要港湾でありました。 この湾内に、芦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鈴尾城(別名 福原城)

鈴尾城(別名 福原城) 築城年永徳元年(1381年) 築城者福原広世 種別 山城     広島県安芸高田市吉田町福原 鈴尾城は、吉田盆地南の可愛(えの)川に面する丘陵上に築かれた山城です。 毛利氏の親類で、のちに重臣となった福原氏の居城です。 位置としては、南北に流れる可愛川によって開けた吉田盆地の南辺にあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大須和城

大須和城 築城年十六世紀頃 築城者多賀谷氏 種別 山城      広島県呉市川尻町森四丁目 このあたり一帯を「おすわさん」(御諏訪)と呼び親しんでいる。 須和社が鎮座し、 祭神は建御名方命(夫)と八坂刀売命(妻)(諏訪大明神とも言っています)で武事を司っている。 また、諏訪社は大須和城の旧跡にあります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鞆城(ともじょう)

鞆城(ともじょう) 築城年天正四年(1576年) 築城者毛利氏 種別 山城         広島県福山市鞆町 鞆城は、福山市鞆町の街並中央にあります。現在は歴史民俗資料館になっています。 城跡は独立丘陵を利用したものです、 天正年間(1573年~1592年)に毛利氏が将軍足利義昭を鞆に迎えた際に築城し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大可島城(別名 要害)

大可島城(別名 要害) 築城年康永元年(1342年) 築城者岡部出羽守 種別 島城(水軍城)         広島県福山市鞆町古城跡 鞆港入口の北に突出した標高10mの小さな陸繋島(りくけいとう)に築かれた城で、 元は独立した島であった。 この島に城が築かれたのは南北朝動乱の時期と思われ、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐賀田城(別名・相方城)

佐賀田城(別名・相方城・さがたじょう) 築城年永禄~天正初年(1558年~1573年) 築城者有地元盛 種別 山城      広島県福山市新市相方 現地案内板の縄張り図です。 前方のアンテナのある山頂部が城跡です。 相方城(佐賀田城)は、芦田川下流の神辺平野南側の丘陵上に位置する山城で、 山頂には十数段…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星ヶ城

星ヶ城 築城年不明 築城者星野氏? 種別 山城     広島県安芸高田市吉田高野 星ヶ城跡は桂城を訪問した時に国道54号線の道路沿いに看板があったのでついでに訪問しました。 星ヶ城の年代は分かりません、はじめに星野市兵衛が居城していたが後に槇ヶ城長屋氏の領地になった。 星ヶ城は桂城から国道54号線を挟んで北西…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神辺城(別名 黄葉山城・楓城)

神辺城(別名 黄葉山城・楓城) 築城年建武二年(1335年) 築城者朝山次郎左衛門景連 種別 山城       広島県福山市神戸町川北 神辺(かんなべ)城は、南北朝初期以来、約三百年にわたり備後国守護所の置かれていた城です。 天文年間(1532年~55年)における神辺城合戦をはじめとして関係史料も多く、 城郭の遺構も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田城

小田城 築城年文永年間(1264年~74年) 築城者椋梨三郎左衛門信平 種別 山城            広島県東広島市河内町小田 小田城は、椋梨川(むくなし)の支流である小田川によって開かれた小田の小盆地のほぼ中央にある龍王山から南に延びる尾根上にある小田氏の城です。 小田氏は、小早川氏庶子家で新荘小早川氏の惣領…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小倉山城(別名 小倉城・紅葉山城)

小倉山城(別名 小倉城・紅葉山城) 築城年南北朝末期 築城者吉川経見 種別 山城      広島県山県郡大朝町新庄字小倉山 小倉山城は、島根県県境に近い江(ごう)川上流の新庄盆地北側の丘陵上に位置する山城で、 山頂部から四方に延びる尾根をことごとく郭とし、 南側に延びる二本の尾根あるいは山麓、さらには、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駿河丸城(平家丸・間所城)

駿河丸城(平家丸・間所城) 築城年鎌倉末期 吉川経高 種別 丘城      広島県山県郡大朝町大朝字間所 駿河丸城は、大朝盆地北方の寒曳(かんひき)山南麓に延びる低丘陵上に立地する城で、 安芸の吉川氏初期の本拠地です。 位置としては、大朝盆地北方の高台にあたるため、盆地のほぼ全域を見渡すことができます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三原城(別名 浮城)

三原城(別名 浮城) 築城年天文~永禄年間(1532年~70年) 築城者小早川隆景 種別 平城           広島県三原市館町・城町 三原城は、沼田川河口の三原浦に浮かぶ大島、小島を基盤として築城された海城であった。 現在、ほとんど埋め立てられて市街地となってしまっているが、 往時、満潮の海上にそびえる雄姿は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桂城(別名 中山城・三笠山城)

桂城(別名 中山城・三笠山城) 築城年十六世紀初期 築城者桂広澄 種別 山城           広島県安芸高田市吉田町桂 桂城跡は、吉田盆地の西南端を画する吉田町郷野字桂の独立丘陵上にある桂氏の居城です。 尾根の頂部を中心に三ヶ所の郭群が知られています。 位置としては、吉田盆地の西南端にあたり、 毛利…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鏡山城(別名 西条城)

鏡山城(別名 西条城) 築城年長禄・寛政(1457年~1466年) 築城者大内氏 種別 山城         広島県東広島市西条町御薗宇 鏡山城は、西条盆地のほぼ中央に位置する。 比高は100mから120mの丘陵上に山口の大内氏が安芸国の経営の拠点として築いた城です。 大内氏は、室町時代の初期から度々安芸国に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮尾城(別名 宮ノ尾城・要害山)

宮尾城(別名 宮ノ尾城・要害山) 築城年弘治元年(1555年) 築城者毛利元就 種別 水軍城          広島県佐伯郡宮島町要害山 天文二十年(1551年)中国・九州地方に権勢を誇っていた大内義隆は、 その家臣陶晴賢の突然の謀叛により、滅亡した。 義隆と盟友関係にあった、毛利元就は天文二十二年(1553年)晴賢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉川元春館

吉川元春館(別名 御土居・海応寺本館) 築城年天正十年(1582年) 築城者吉川元春 種別 居館       広島県山県郡豊平町志路原 吉川元春館は、日野山城にいた元春が天正十年(1582年)に家督を譲り後に隠居した場所です。 日野山城西南麓の豊平町志路原字吉野原(海応寺)にある。 現地は、志路原川によって開けた小さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亀居城(別名 小方城)

亀居城(別名 小方城) 築城年慶長十三年(1608年) 築城者福島正則 種別 平山城           広島県大竹市小方二丁目 亀居城は、安芸国の西端に位置しており、 本城の背後は急峻な山がそびえ、 前面には瀬戸内海が広がり、広範囲の地域を望むことができます。 慶長五年(1600年)、関ヶ原の戦で西軍に与した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

因島水軍城 

因島水軍城 築城年昭和58年 築城者奈良本辰也氏 種別 観光の城       広島県尾道因島中圧町 昭和58年に因島水軍城は建造された。 二ノ丸には、展示室、隅櫓は展望台になっています。 本丸には水軍資料室になり、歴史家、奈良本辰也氏が再現されたものです。 資料館には大塔宮令旨(重要美術品)、村上水軍家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一乗山城(別名・黒木城)

一乗山城(別名・黒木城) 築城年文明年間(1469年~1487年) 築城者渡辺越中守兼 種別 山城            広島県福山市熊野町上山田 一乗山城(いちじょうさんじょう)は、室町・戦国時代を通じて備後沼隈半島を支配した渡辺氏の居城で、 当時としては珍しく戦乱に遭わなかった数少ない城の一つです。 位置としては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

郡山城

郡山城 築城年建武三年(1336年)・大永三年(1523年) 毛利時親・毛利元就 種別 山城     広島県高田郡吉田町吉田 日本百名城の72番目です。訪問日は2011年9月です。 郡山城は、高田郡吉田町吉田にある毛利氏本拠の城で、 鎌倉時代に毛利氏の祖時親が築城し、 以後、戦国期の元就による城域の拡大を経て、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淀江台場

淀江台場 築城年文久三年(1863年) 築城者池田慶徳 種別 台場      鳥取県米子市淀江町今津 鳥取藩台場跡は、因、伯、二国の海岸線東西百六十キロの内、因幡では浦富・浜坂・賀露の三ヶ所、伯耆では境・淀江・赤碕・由良・橋津の五ヶ所に築城された。 江戸末期、諸外国との緊張が高まるにつれ、沿岸警備のため築城されたもので、各…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

由良台場

由良台場 築城年文久三年(1863年) 築城者武信潤太郎 種別 台場      鳥取県鳥取市北栄町 鳥取藩台場跡は、江戸時代末期、文化五年(1805年)のフェートン号事件、文政八年(1825年)の異国船打払令など諸外国との緊張が高まる中、沿岸警備のために築造された。 その築造場所は、鳥取藩の海岸線東西160km(40里)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more