テーマ:歴史

羽衣石城

羽衣石城 築城年貞治五年(1366年) 築城者南条貞宗 種別 山城      鳥取県東伯郡湯梨町羽衣石 山陰線倉吉駅と松崎駅のほぼ中間の長和田から渓流に沿って上がること約四キロ、 清らかな谷川の行き詰まる所に羽衣石の集落があります。 ここから草や木々を分けて急な坂道を登って行くと、やがて頂上(標高372m)に達します…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広瀬陣屋

広瀬陣屋 築城年寛文七年(1667年) 築城者松平近栄 種別 陣屋      島根県安来市広瀬町広瀬 広瀬陣屋跡は広瀬小学校背後の社会福祉協議会周辺が陣屋跡とされています。 現在、社会福祉センター前に石碑と石垣跡があります。 寛文七年(1667年)松平近栄によって築かれた。 松平近栄は松江藩越前松平氏初代直…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大森代官所

大森代官所 築城年慶長六年(1601年) 築城者徳川幕府 種別 陣屋       島根県大田市大森町宮ノ前 江戸時代の山陰道の陣屋と言えば、まず天領の代官所をさすことになります。 山陰地方は中国山脈の北側、日本海に面した狭長な地域をいい、必ずしも幕府が直接支配する天領が広く分布していたとは言えない。 しかし、石見(島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再び国宝によみがえる松江城

松江城(別名 千鳥城) 築城年慶長十六年(1611年) 築城者堀尾吉晴 種別 平山城(国宝)           島根県松江市殿町 松江城は日本百名城の64番目です。現在国宝に指定されました。訪問日は2015年5月と1996年5月二度訪問しています。 遠江(静岡県)浜松十二万石の城主であった堀尾吉晴が、関ヶ原での戦功におよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月山富田城

月山富田城 築城年文治元年(1185年) 築城者佐々木義清 種別 山城       島根県安来市広瀬町富田 月山富田城は日本百名城の65番目です。 訪問日2015年5月です。 富田城は、安来市広瀬町富田に位置し飯梨川右岸の月山(海抜189m)を中心に築かれた複郭式の山城です。 鎌倉時代以降、約四百年の長い間、出雲(島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津和野城(別名 三本松城 石蕗城)

津和野城(別名 三本松城 石蕗城) 築城年永仁三年(1295年) 築城者吉見頼行 種別 山城                 島根県鹿足郡津和野町後田 津和野城は日本百名城の66番目です。  訪問日は2015年5月 中国山地の高みを行く国道九号線にのって車で走っていると、山口県と島根県の県境近くにあるこの山里への下り道は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津和野の城下町

津和野の城下町 島根県鹿足郡津和野町 津和野の城下町は山間の静かな所にある。国道九号線を山口の方から車で入ると、野坂峠を越えると道は下りになり、遠くに谷あいの盆地が見えてきます。 小さな城下町ですが、現在でも町中に乳型の鋲を打ち付けた大きな武家屋敷の門や、なまこ塀に取り囲まれた旧家老屋敷などが残っています。 津和野は島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浜田城(亀山城) 

浜田城(別名 亀山城) 築城年元和五年(1619年) 築城者古田重治 種別 平山城            島根県浜田市殿町 浜田城は松原湾に望む標高70mの亀山にあります。別名、亀山城とも呼ばれています。 幕末の慶応二年(1866年)の第二次長州征伐のおり、長州軍の猛攻にあって藩主を始め藩士たちは城を捨て逃走した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩国城(別名 横山城)

岩国城(別名 横山城) 築城年慶長六年(1601年) 築城者吉川広家 種別 平山城           山口県岩国市横山 岩国城は日本百名城の74番目です 訪問日 1998年5月 岩国城は、吉川家十七代の広家公が慶長五年(1600年)岩国に移封されてより建設が計画され、 最初に山麓に平生の居館を構え、ついで横山の要害…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口城(別名 山口館) 

山口城(別名 山口館) 築城年文久三年(1863年) 築城者毛利敬親 種別 平城            山口県山口市滝町 慶長時代以来山陰の一画萩を本拠として防長二州を統治して来た毛利氏は、幕府の変革期を迎えて藩内結束と強かな政策推進のため二州の位置的中心に藩庁を移すことが必要となり、藩主毛利敬親は文久三年(1863年)政庁の山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

萩城(別名 指月城)

萩城(別名 指月城) 築城年慶長十三年(1608年) 築城者毛利輝元 種別 平山城           山口県萩市大字堀内 萩城は日本百名城の75番目です。訪問日2006年3月 慶長五年(1600年)関ヶ原の合戦で毛利輝元(元就の孫)は、西軍の総大将として大坂城に入った。この時一族の吉川広家は、戦いの帰趨(きすう)を危ぶん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒崎城 

黒崎城 築城年慶長六年(1601年) 築城者井上周防守之房 種別 山城            福岡県北九州市八幡西区黒崎町 黒崎城は、鹿児島本線黒崎駅の北東約500m、道伯山(どうはくやま)山頂にあります。 現在、山頂は広平地となり、城山公園として整備されています。 城跡は、本丸・二ノ丸・三の丸の三郭よりなり、本丸は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡城(別名 舞鶴城)

福岡城(別名 舞鶴城) 築城年慶長六年(1601年) 築城者黒田長政 種別 平山城            福岡県福岡市中央区城内 福岡城は日本百名城の85番目です。訪問日1998年5月。 福岡城は当代一とうたわれた黒田如水(じょすい)長政父子により、関ヶ原の合戦の翌年より起工された。 七年の歳月をかけて、一応の完成を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太宰府

太宰府 築城年七世紀後半 築城者天智天皇 種別 古代政庁     福岡県太宰府市大字観世音寺坂本 太宰府は、大野山南麓一帯の平野に東西二十四坊、南北二十二条の条坊を有し、 北を大野城、南を基肄(きい)城、平野部を水城(みずぎ)でさえぎられた都城であり、 中心になる政庁跡は、昔から都府楼跡の名称で親しまれています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大野城

大野城 築城年天智天皇二年(663年) 築城者天智天皇 種別 朝鮮式山城     福岡県太宰府市太宰府 大野城跡は日本百名城の86番目です。訪問日2006年3月 663年日本が朝鮮半島から後退、当時の国防第一線太宰府を守るために大野山に築かれた。 百済から帰化人、亡命者を技術人として、当時に基肄(きい)城も築いた大宰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋月城(別名 杉本城)

秋月城(別名 杉本城) 築城年建仁三年(1203年) 築城者秋月種雄 寛永元年(1624年) 黒田長興 種別 平山城            福岡県甘木市秋月町 秋月城は、小石原川の上流、古処山(こしょさん)の麓にあります。 この地に秋月藩黒田氏五万石の城下町があった。 秋月の地名は、鎌倉時代の土地の豪族秋月氏からきて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小倉城(別名 勝山城・指月城・鮭ノ城)

小倉城(別名 勝山城・指月城・鮭ノ城) 築城年文永年間(1294年~1305年) 築城者緒方惟重 築城年慶長七年(1602年) 築城者細川忠興                     種別 平城     福岡県北九州市小倉北区城内 現在、小倉城跡は勝山公園として整備され、城内の九州民芸資料館には民芸・民俗資料のほか萩・唐津・高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久留米城(別名 篠原城・篠山城)

久留米城(別名 篠原城・篠山城) 築城年永正年間(1504年~1521年) 築城者毛利秀包(ひでかね) 種別 平山城             福岡県久留米市篠山町 筑後川を外掘とし、筑後平野の中心に位置する久留米城は、毛利秀包(ひでかね)、有馬豊氏(とようじ)らにより築かれた名城です。 花崗岩をもって高さ14m~15mに積…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐伯城(別名 鶴屋城・鶴ヶ城・鶴谷城)

佐伯城(別名 鶴屋城・鶴ヶ城・鶴谷城) 築城年慶長七年(1602年) 築城者毛利高政 種別 平山城            大分県佐伯市西谷町 訪問日は2006年三月です。三の丸の櫓門が工事中でした。 佐伯城は、慶長六年(1602年)に入部した毛利高政によって、翌七年から十一年にかけて番匠川の河口に近い標高140mの塩屋八幡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月隈城(別名 日田城・丸山城・永山城)

月隈城(別名 日田城・丸山城・永山城) 築城年慶長六年(1601年) 築城者小川壱岐守 種別 平城            大分県日田市丸山町 三隈川沿いに日隈(ひくま)城、花月川沿いに月隈城があり、かっては隣接して二つの城下町があった。 それぞれを中心に隅町と豆田町が作られたが、その後天領となり、九州一円の天領を管理す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大分城(別名 府内城・荷揚城)

大分城(別名 府内城・荷揚城) 築城年慶長二年(1597年) 築城者福原直高 種別 平城                大分県大分市荷揚町 大分城は日本百名城の94番目です。訪問日2006年3月 大分城は豊後府内城、荷揚城とも言われます、豊後水道の良港を城郭に取り込んだ典型的な海城であります。 大友氏時代には市内西山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中津城(別名 扇城・丸山城)

中津城(別名 扇城・丸山城) 築城年天正十六年(1588年) 築城者黒田如水(じょすい) 種別 平城               大分県中津市二ノ町 中津城は名築城家として知られた黒田如水により、山国川の三角州上に築かれた。 黒田氏が筑前の太守となって転封したのちは、名将細川忠興が小倉城に移るまで在城し、城の整備工事にあた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡城(別名 臥牛城・竹田城)

岡城(別名 臥牛城・竹田城) 築城年文治元年(1185年) 築城者緒方三郎惟栄(これよし) 種別 山城               大分県竹田市大字竹田 岡城は日本百名城の95番目です、訪問日は2006年3月です。 岡城の特色は、難攻不落の天険にあって、日本屈指の堅城とされながら、城址とその城下竹田には風雅の香りが高いとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杵築城(台山城・勝山城・臥牛城)

杵築城(台山城・勝山城・臥牛城) 築城年明徳四年(1393年) 築城者木付頼直 種別 平山城      大分県杵築市大字杵築字城山 杵築城は、石仏で有名な国東半島の南側に位置する、八坂川と高山川が守江湾に注ぐ河口の台地に、現在陸続きの半島となり、三層の模擬天守が昭和45年に建てられていますが、 明徳四年(1393年)木付氏四代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臼杵城(別名・丹生島城・亀城・亀ケ城)

臼杵城(別名・丹生島城・亀城・亀ケ城) 築城年永禄五年(1562年) 築城者大友義鎮(宗麟) 種別 平山城        大分県臼杵市大字臼杵 臼杵城は臼杵湾に浮かぶ周囲四キロ余の溶岩台地の丹生島(にゅうじま)に永禄五年(1562年)に大友宗麟によって築城されました。 大友氏は前年の四年(1561年)北九州門司の合戦で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釜蓋城

釜蓋城(かまぶたじょう) 築城年永禄十一年(1568年) 築城者千々石(ちぢわ)淡路守 種別 山城            長崎県雲仙市千々石町小倉名城山 千々石(ちぢわ)の町の背後には九千部岳・吾妻岳の雲仙連山がそびえ前面には千々石湾が展開しているが、 釜蓋城はその中間にあたる小倉名にあたる小倉名の高台に位置していた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大村城

大村城(別名・玖島城) 築城年慶長四年(1599年) 築城者大村善前(よしあき) 種別 平山城        長崎県大村市玖島一丁目 初代藩主大村善前(よしあき)はキリシタンで、彼は父の純忠(すみただ)の遺志をついで、全国キリシタン十五万人中約七万を擁するという自領のキリシタンと、異国人の宣教師たちの保護政策をつづけた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平戸城

平戸城(別名・日ノ岳城・亀岡城) 築城年慶長四年(1599年) 築城者松浦鎮信(しげのぶ) 種別 平山城          長崎県平戸市岩の上町 平戸城は日本百名城の90番目です。訪問日1998年5月 平戸城は平戸島という島の中にあり、九州とは平戸大橋で結ばれています。 田平から大橋を渡り、暫くすると右手に亀岡山が見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島原城(別名・森岳城)

島原城(別名・森岳城) 築城年慶長十九年(1614年) 築城者松倉重政 種別 平城           長崎県島原市城内 日本百名城の91番目です。訪問日は1998年5月です。 島原城は九州の雄藩外様大名の大城郭に取り囲まれながら、数少ない徳川譜代大名の居城として、その威信を賭けて築城された城です。 築城は徳川家康・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坊所城(ぼうしょじょう)

坊所城 築城年不明 築城者坊所氏 種別 平城     佐賀県三養基郡上峰町坊所字樫寺 坊所は二塚山丘陵の尖端にあって古有明海の平地、即ち佐賀平野に望んでいる。 平地が海抜5メートル前後であるのに対し丘陵は10メートル前後の段丘崖となっています。 段丘面は西北から東南に走る水田化されている谷によって南北に二分される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more