テーマ:

神戸城(別名 本多城)

神戸城(別名 本多城) 築城年弘治元年(1555年) 築城者神戸利盛 築城年享保十七年(1732年) 築城者本多忠純 種別 平城     三重県鈴鹿市神戸本多町 亀山城の関一族である神戸氏の五代利盛が、弘治元年(1557年)頃に築いた城です。 北に高岡、東の伊勢湾に近い岸岡の二城を支城として北勢に勢力を有していましたが、北勢自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松坂城(四五百城)

松坂城(四五百城・よいほのじょう) 築城年天正十六年(1588年) 築城者蒲生氏郷 種別 平山城     三重県松阪市殿町 松坂城は日本百名城48番目です。 天正八年(1580年)織田信長の次男北畠信雄は、松ヶ島城を築いて居城とした(松阪市松ヶ崎町)。四年後、豊臣秀吉は蒲生氏郷を、近江日野六万石から十二万石でこの地に移封し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桑名城(別名 旭城・扇城)

桑名城(別名 旭城・扇城) 築城年慶長六年(1597年) 築城者本多忠勝 種別 平城     三重県桑名市吉之丸 この地に初めて城館を築いたのは、鎌倉初期、桑名行綱だという。室町末期には三つも小さな城があったが、天正二年(1574年)織田信長が伊勢を平定して滝川一益を入れると、一益は長島城を居城とした。ようやく同十九年、一柳直盛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亀山城(粉蝶城・丹陵城)

亀山城(粉蝶城・丹陵城) 築城年文永元年(1264年) 築城者関実忠 築城年天正十八年(1590年) 岡本宗憲 種別 平城      三重県亀山市 亀山の地は天武天皇の壬申の乱以来、鈴鹿峠を控える軍事交通の要地であります。 文永元年(1264年)関(平)実忠が築いた。 以来三百余年、関氏はここを本城として威を張る。永禄十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊賀上野城(白鳳城)

伊賀上野城(白鳳城) 築城年天正九年(1581年)滝川雄利・ 慶長十三年(1608年)藤堂高虎 種別 平山城       三重県上野市丸之内 伊賀上野城は日本百名城の47番目です。 天正九年(1581年)織田信雄(織田信長の子供)は伊賀に兵を進めた。 当初、在地の諸豪族は伊賀の天険により激しく抵抗しましたが、多勢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南北朝古戦場跡(連華寺)

南北朝古戦場跡(蓮華寺) 時期・元弘三年(1333年) 種別 古戦場跡        滋賀県米原市馬場511 元弘三年(1333年)五月七日の京都合戦に敗れた六波羅探題北条仲時公は、 北朝の天子光厳天皇・後伏見華園二上皇を封じて中山道を下り番場の宿場に着いた時、 南朝軍の重臣に陥りやむなく蓮華寺に玉輩を移し、大に戦い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小谷城(浅井城)

小谷城(浅井城) 築城年永正十三年(1516年) 築城者浅井亮政 種別 山城      滋賀県東浅井郡湖北町 小谷城は日本百名城の49番目です。 戦国時代「近江を制するものは天下を制す」と言われるほど、近江は天下を左右する位置にあります。 数多くの戦乱の場所となりました。このため多くの城郭が築城され「近江の城郭を語ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山崎山城

山崎山城 築城年天正年間(1573年~92年) 築城者山崎賢家 種別 山城      滋賀県彦根市稲里町・賀田山町 山崎山城跡のある山崎山は、彦根市南部の湖岸近くに所在する荒神山の南東側に位置する比高50m程の小さな独立丘陵です。 石垣や堀切等の遺構が残る。 山頂からは、眼下に織田信長が岐阜から安土を経て京へ上る道と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌刃城(別名 釜川城)

鎌刃城(別名 釜川城) 築城年15世紀後半~16世紀後半 築城者堀氏 種別 山城         滋賀県米原市番場 戦国時代の近江の国境となったのが坂田郡と犬山郡であります。 このため郡境の山稜には佐和山城・菖蒲嶽城・磁山城・太尾山城・鎌刃城などの境目の城が多く築かれた。 鎌刃城は当初、佐々木六角氏方の城として、番場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観音寺城(別名 佐々木城)

観音寺城(別名 佐々木城) 築城年天文年間(1532年~54年) 築城者佐々木氏 種別 山城      滋賀県蒲生郡安土町 観音寺城は日本百名城の52番目です。 観音寺城は一代で築かれたというより、近江守護職であった佐々木氏が四百年間にわたって城を築いたもので、室町文化を取り入れた池泉や茶室を造り、風流を楽しみ、城下町の繁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安土城

安土城(別名 安土山城) 築城年天正四年(1576年) 築城者織田信長 種別 山城     滋賀県蒲生郡安土町豊浦 安土城は日本百名城の51番目です。我が国初の本格的な天守閣を持つ城です。 安土城は織田信長の「天下布武」の象徴として築かれた城です。 もはや天下取りは時間とも思われた覇王信長にとって、その居城は諸国の城…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近江八幡城

近江八幡城 築城年天正十三年(1585年) 築城者豊臣秀次 種別 山城      滋賀県近江八幡市宮内町 近代的な建物が建ち並ぶ駅前から、一直線に北へ道が延びています。二キロほども行くと、海抜283mの八幡山に至る。 蒲生野に鶴が羽根を広げた形で聳えるこの山頂に、豊臣秀次が城を構えたのは、天正十三年(1585年)八月のこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水口城(別名 岡山城)

水口城(別名 岡山城) 築城年天正十三年(1585年) 築城者中村一氏 種別 平城        滋賀県甲賀郡水口町本丸 水口城は、東海道水口宿に築かれた将軍家御茶屋を起源とします。初代将軍家康・二代秀忠共に京都方面へ赴く際、水口に宿泊しています。 寛永十一年(1634年)三代将軍家光の上洛に備え、島光安を作事奉行に任じ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膳所城(別名 望湖城)

膳所城(別名 望湖城) 築城年慶長六年(1601年) 築城者戸田一西 徳川家康 種別 湖城          滋賀県大津市本丸町 琵琶湖をまたいで、大津市と草津市を結ぶ近江大橋が架けられています。その西詰、湖岸が湖にせり出したあたりに膳所公園があります。 「水にうつるは膳所の城」と歌われた。膳所藩七万石の城が建っていたとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長浜城(別名 今浜城) 

長浜城(別名 今浜城) 築城年延元元年・京極道誉 天正二年(1574年) 築城者豊臣秀吉 種別 平城(水城)        滋賀県長浜市公園前 長浜は、今浜の名で知られていた。南北朝の頃、京極道誉(どうよ)の家臣今浜氏がこの地に城を構えていたといわれています。 琵琶湖に面し、江北の要衝を睨むこの地は、湖北一向一揆と結んだ浅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐和山城(別名 佐保城)

佐和山城(別名 佐保城) 築城年建久年間(1190年~99年) 築城者佐保時綱 種別 山城      滋賀県彦根市佐和山町 佐和山城というと、石田三成のイメージが強いですが、城としての歴史は鎌倉時代にまでさかのぼります。戦国時代には浅井氏と六角氏が争奪戦を繰り広げています。 佐和山城は松原内湖に面した独立丘の佐和山山上に築…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井伊家・松原下屋敷(お浜御殿)

松原下屋敷(お浜御殿) 築城年文化七年(1810年) 築城者井伊直中 種別 下屋敷      滋賀県彦根市松原町 松原下屋敷(お浜御殿)は、十一代当主井伊直中により文化七年(1810年)の頃に琵琶湖畔に造営された下屋敷です。 彦根藩のもう一つの下屋敷である欅(けやき)御殿(玄宮楽々園)とは立地や趣も異なり、公式性を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国宝・彦根城(別名 金亀城)

彦根城(別名 金亀城) 築城年慶長八年(1603年) 築城者井伊直継 種別 平山城(国宝)     滋賀県彦根市金亀町 国宝・ 現在、国宝の城は姫路城・犬山城・松本城・松江城・彦根城の五城です。数ある天守閣の中でも最も技巧を凝らした天守閣と言えば、彦根城天守閣のほかに比べるものがありません。規模は小さいが、その外観は切妻破風・千…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亀山城(別名 亀岡城・霞城・亀宝城)

亀山城(別名 亀岡城・霞城・亀宝城) 築城年天正六年(1578年) 築城者明智光秀 種別 平城       京都府亀岡市荒塚町 亀岡は古くは「亀山」と呼ばれていたが伊勢国の亀山と区別するために、明治に至って亀岡にかえられた。 亀岡城は亀岡市のほぼ中央に位置し、亀山という平山に築かれた。亀岡城は現在、建築物は、残っていませんが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舞鶴城(別名・田辺城)

舞鶴城(別名・田辺城) 築城年天正十三年(1585年) 築城者細川忠興 種別 平城      京都府舞鶴市北田辺 舞鶴城は西舞鶴盆地のほぼ中央にありましたが、築城当時は東方だけが田畑続きで、南は池内川および丹波川、さらに女布川や高野川が合流して広大な沼沢地をさしており、それらの諸河川がまた一筋の大川となって西方の西舞鶴湾に流入し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淀城

淀城 築城年天和九年(1623年) 築城者松平定綱 種別 平城    京都府京都市伏見区淀本町 淀城は宇治・桂両川の合流点付近の川中島に位置し、伏見城廃城に伴いそれに代わる京都護衛の役割を担わされたものであります。 徳川家光は元和九年(1623年)、伏見城の廃材を用いて淀に新城を築く事を松平定綱に命じた。城は淀川の島の州に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝竜寺城(しょうりゅうじじょう)

勝竜寺城 築城年室町時代中期 築城者畠山義就 種別 平城      京都府長岡京市勝竜寺町城ノ内 勝竜寺城は京都盆地の西南部、小畑川と犬川との合流点付近に位置し、西国街道と久我畷(山崎から一直線に洛南に至る道)とを同時に押さえうる交通上の要衝であり、山崎につぐ京都防衛の拠点であった。当城は立地・規模の点からしても乙訓郡内屈指の要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伏見城

伏見城(別名 桃山城・指月城・木幡山城) 築城年文禄元年(1592年) 築城者豊臣秀吉 種別 山城        京都府伏見区桃山町 伏見城は新旧二城あった。豊臣秀吉の隠居城として慶長元年(1596年)六月に完成した指月岡(しげつがおか)伏見城は、同年七月、畿内一円を襲った大地震で大天守・諸門・櫓などが倒壊した。 このため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

園部城(別名 園部陣屋)

園部城(園部陣屋) 築城年元和五年(1619年) 築城者小出吉親 種別 平山城      京都府船井郡園部町 園部町の西南、小麦山の東側台地にある京都府立園部高校の敷地が園部城の主要部があった場所です。 近世園部城築城以前には、その位置に荒木山城守氏綱の拠った中世園部城があったことが推定されています。 「原本信長記」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二条城(二条新御所)

二条城(二条新御所) 築城年慶長七年(1602年) 築城者徳川家康 種別 平城     京都府京都市中京区二条 二条城は日本百名城の53番目です。二ノ丸御殿は現在唯一、城郭書院建築が全て残るものとして国宝になっています。二ノ丸の庭園は小堀遠州の作と言われ、別名「八陣の庭」とも呼ばれています。 二条城といっても、今の二条城と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

要害山城(馬谷城)

要害山城(馬谷城) 築城年明応三年(1494年) 築城者吉田春秀 種別 山城      和歌山県西牟婁白浜町高瀬 白浜町の高瀬にある通称「城山」は、安宅荘の安宅氏が、明応三年(1494年)、家臣吉田春秀に旧生馬村を与えて、城を築かせた所であります。これが高瀬の要害山城で、馬谷城(うまんたにじょう)とも呼ばれた。 この城の登…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神田城

神田城 築城年永禄十二年(1569年) 築城者宇都宮道直 種別 山城     和歌山県西牟婁郡すさみ町神田 神田城跡には持宝寺の横の駐車場からお寺の裏山にある墓地へ行くコンクリート製の階段を登っていきます。 登って行く途中には金毘羅宮があります。 その社殿の裏側右手に登り道があります、そこを登って行きます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土井城

土井城 築城年代は不明 築城者土井氏 種別 山城     和歌山県西牟婁郡白浜町田野井 中山城跡の北東側300mほどの位置に土井城跡はあります。 これは寺(天徳寺)の前の集落の背後、平野の北側を囲む山尾根先に位置する(比高100m)山城です。 急な斜面に囲まれた尾根上に小さな曲輪が連なっている。 背後の尾根筋は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中山城

中山城 築城年室町時代(1392年~1573年) 築城者榎本判官直光 種別 丘城     和歌山県西牟婁郡白浜町田野井 田野井地区の中央に、一見前方後円墳を思わせる細長い丘上が中山城跡です。 土塁・空堀・石垣の一部をよく残しています。 榎本判官直光が、この地を領した時に築いた城です。 その際、姓を田井(たのい)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大野城

大野城 築城年室町時代(1392年~1573年) 築城者安宅氏 種別 丘城     和歌山県西牟婁郡白浜町大古 大野城は、日置川の対岸に位置する小規模城郭で「安宅荘城郭群」の一つです。 日置川の渡し場を抑える位置にありました。 水軍領主安宅氏については、安宅荘の城館抜きに語ることはできません。 安宅荘には八ケ所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more