テーマ:写真

佐伯城(別名 鶴屋城・鶴ヶ城・鶴谷城)

佐伯城(別名 鶴屋城・鶴ヶ城・鶴谷城) 築城年慶長七年(1602年) 築城者毛利高政 種別 平山城            大分県佐伯市西谷町 訪問日は2006年三月です。三の丸の櫓門が工事中でした。 佐伯城は、慶長六年(1602年)に入部した毛利高政によって、翌七年から十一年にかけて番匠川の河口に近い標高140mの塩屋八幡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キセキレイ

暑い日が続く毎日ですね、今日は近くの河川敷に車で出掛けて野鳥を見に行ったら、河川敷の空気がとても暑くて五分もいられませんでした。急いで車に戻りエヤコンをかけて涼みました。何時も行く林道に行けば涼しいかと思いそちらに行くことにしました。ここはサンコウチョウが巣を作り雛をかえして飛び立って行った所です。今年は沢山の雛がかえり、来年も沢山のサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月隈城(別名 日田城・丸山城・永山城)

月隈城(別名 日田城・丸山城・永山城) 築城年慶長六年(1601年) 築城者小川壱岐守 種別 平城            大分県日田市丸山町 三隈川沿いに日隈(ひくま)城、花月川沿いに月隈城があり、かっては隣接して二つの城下町があった。 それぞれを中心に隅町と豆田町が作られたが、その後天領となり、九州一円の天領を管理す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大分城(別名 府内城・荷揚城)

大分城(別名 府内城・荷揚城) 築城年慶長二年(1597年) 築城者福原直高 種別 平城                大分県大分市荷揚町 大分城は日本百名城の94番目です。訪問日2006年3月 大分城は豊後府内城、荷揚城とも言われます、豊後水道の良港を城郭に取り込んだ典型的な海城であります。 大友氏時代には市内西山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中津城(別名 扇城・丸山城)

中津城(別名 扇城・丸山城) 築城年天正十六年(1588年) 築城者黒田如水(じょすい) 種別 平城               大分県中津市二ノ町 中津城は名築城家として知られた黒田如水により、山国川の三角州上に築かれた。 黒田氏が筑前の太守となって転封したのちは、名将細川忠興が小倉城に移るまで在城し、城の整備工事にあた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオバズク

毎日暑い日が続き、体調も崩しやすい中、鳥撮は涼しい所を探しだすのが大変です。今回は少し前にアオバズクいたという噂があった神社に出掛けてみました。神社には大きな大木が数本生い茂り、神社一面に日陰を造ってくれています。風があるととても涼しくて気持ちいいです。近所のおじさんたちも涼んでいます。大きな木を見上げると数匹のアオバズクの子供達がかた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡城(別名 臥牛城・竹田城)

岡城(別名 臥牛城・竹田城) 築城年文治元年(1185年) 築城者緒方三郎惟栄(これよし) 種別 山城               大分県竹田市大字竹田 岡城は日本百名城の95番目です、訪問日は2006年3月です。 岡城の特色は、難攻不落の天険にあって、日本屈指の堅城とされながら、城址とその城下竹田には風雅の香りが高いとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杵築城(台山城・勝山城・臥牛城)

杵築城(台山城・勝山城・臥牛城) 築城年明徳四年(1393年) 築城者木付頼直 種別 平山城      大分県杵築市大字杵築字城山 杵築城は、石仏で有名な国東半島の南側に位置する、八坂川と高山川が守江湾に注ぐ河口の台地に、現在陸続きの半島となり、三層の模擬天守が昭和45年に建てられていますが、 明徳四年(1393年)木付氏四代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンコウチョウの巣立ち

昨日の朝方には4羽の雛が無事に巣から飛び立つことができました。最初見ていてメス親鳥だけで餌をやっていて雛が育つのか心配していましたが、4羽が無事に巣立ちができました。 巣から飛び出した雛は近くの小枝に止まり親が運んで来る餌をまっています。雛たちは皆な近くの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンコウチョウの巣立ち1日前

サンコウチョウの雛がかえったので見に来たら大分大きくなり巣立ち間際になってきました。ここの場所は後側が崖になっていて前側が小さな川が流れていて木が生い茂っていて林道からは見える位置が少なくて撮影しにくい所です。距離も30m位離れていて廻りが薄暗いです。カメラはニコンのクールピックス1000です。それで何とか撮れました。他のカメラの人達は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臼杵城(別名・丹生島城・亀城・亀ケ城)

臼杵城(別名・丹生島城・亀城・亀ケ城) 築城年永禄五年(1562年) 築城者大友義鎮(宗麟) 種別 平山城        大分県臼杵市大字臼杵 臼杵城は臼杵湾に浮かぶ周囲四キロ余の溶岩台地の丹生島(にゅうじま)に永禄五年(1562年)に大友宗麟によって築城されました。 大友氏は前年の四年(1561年)北九州門司の合戦で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンコウチョウの子育て

今日も朝からとても暑いです、家では朝からエヤコンを回しています。家の中でいるより山間の涼しい所に出掛けた方が良さそうなので車で、何時も行く林道に向かうことにしました。麓から歩いて20分ぐらいでサンコウチョウの巣があるところにつきました。同じ考えかたをする鳥撮の方々が数名いました。サンコウチョウは昨日までは雛がかえっていませんでしたが、今…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

良く見かけるコチドリ

暑い日が続く毎日ですが、野鳥を探しに炎天下の中、車に冷房を利かして農道を流していると、田んぼに一部分だけ水を張ってある所に、小さな動くものが見えましたので車を隅に寄せて眺めているとコチドリが三羽、餌を探して動き回っています。車から出ると逃げたしまうので車の窓をソート開けて撮影しました。 コチドリは遊水地の浅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釜蓋城

釜蓋城(かまぶたじょう) 築城年永禄十一年(1568年) 築城者千々石(ちぢわ)淡路守 種別 山城            長崎県雲仙市千々石町小倉名城山 千々石(ちぢわ)の町の背後には九千部岳・吾妻岳の雲仙連山がそびえ前面には千々石湾が展開しているが、 釜蓋城はその中間にあたる小倉名にあたる小倉名の高台に位置していた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四カ所目のサンコウチョウの巣

今日も朝から暑い家の中にいても熱中症になりそうな暑さです。扇風機を回しても余り涼しくなりません。そこで、何時も行くサンコウチョウがいる林道に写真を撮りに出掛けて見ることにしました。ここは側に小さな小川が流れていて涼しさをかもしだしてくれます。家との温度差が3度~5度ぐらい違います。周りには大きな木が生い茂っていて木陰を造ってくれています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓮の花とアオサギ

何時も通る農道に蓮の花が咲き誇っています。そこにアオサギが下りてきて、餌を探しだしました。こんな所まで出てきて餌を探すアオサギも凄いです。 どこにでも見かけるアオサギは絵になりませんが、今日は蓮の花に囲まれている所にいるので撮影さしてもらいました。 アオサギはまだ子供みたいです。 アオサギは日本で繁殖する最大のサギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大村城

大村城(別名・玖島城) 築城年慶長四年(1599年) 築城者大村善前(よしあき) 種別 平山城        長崎県大村市玖島一丁目 初代藩主大村善前(よしあき)はキリシタンで、彼は父の純忠(すみただ)の遺志をついで、全国キリシタン十五万人中約七万を擁するという自領のキリシタンと、異国人の宣教師たちの保護政策をつづけた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キジの雌

普段キジと言うと、オスばかりが目立ちメスは目立たない存在です。草原や藪の中で目立つのはオスばかりです。オスが余りにも派出な色をしているため、子育てをするときはオスは巣に近づけないと言われています。余りにも目立つためためだそうです。キジは日本の国鳥に昭和二十二年、戦後の復興の時、日本鳥学会が国を代表する鳥としてキジを国鳥に定めたそうです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平戸城

平戸城(別名・日ノ岳城・亀岡城) 築城年慶長四年(1599年) 築城者松浦鎮信(しげのぶ) 種別 平山城          長崎県平戸市岩の上町 平戸城は日本百名城の90番目です。訪問日1998年5月 平戸城は平戸島という島の中にあり、九州とは平戸大橋で結ばれています。 田平から大橋を渡り、暫くすると右手に亀岡山が見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目の前にオオルリが

今日は参議院選挙投票日です。朝から天気もパットしない空模様です。野鳥観察にはでかけませんので19日に出掛けた時の写真を載せてみました。オオルリがいましたので。この日はサンコウチョウの鳴き声が聞こえてきますが、近くに姿を見せてはくれませんでした。この日は収獲がないので帰るかなと思い林道を下っていったら目の前の木に偶然にもオオルリのオスが留…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島原城(別名・森岳城)

島原城(別名・森岳城) 築城年慶長十九年(1614年) 築城者松倉重政 種別 平城           長崎県島原市城内 日本百名城の91番目です。訪問日は1998年5月です。 島原城は九州の雄藩外様大名の大城郭に取り囲まれながら、数少ない徳川譜代大名の居城として、その威信を賭けて築城された城です。 築城は徳川家康・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コサギの餌取り

今の時期は余り見かけない野鳥ですが、どこの河川敷や用水池などに必ずと言うほど見かけるコサギですが、野鳥を見かけない時期には少し主役になって載せてみました。コサギの餌取りは少し変わっていて、水の中で足を揺さぶって水をかき混ぜて魚たちを驚かして魚を捕らえています。 水辺の浅い所では体を動かして、魚を追いかけています。 よく言われるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坊所城(ぼうしょじょう)

坊所城 築城年不明 築城者坊所氏 種別 平城     佐賀県三養基郡上峰町坊所字樫寺 坊所は二塚山丘陵の尖端にあって古有明海の平地、即ち佐賀平野に望んでいる。 平地が海抜5メートル前後であるのに対し丘陵は10メートル前後の段丘崖となっています。 段丘面は西北から東南に走る水田化されている谷によって南北に二分される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワセミ

今日は、少し離れた二級河川の所に野鳥を見に行ってきました。空模様が今日も余り良くないです。気温が余り上がらないので過ごしやすいです。川の水も連日の雨模様のため少し多めです。鳥にとっては良くない状態みたいです。 カワセミにはだいぶ見る機会がありませんでしたが、この河川敷で見かけるのは初めてでした。警戒心が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原城(別名・日暮城)

原城(別名・日暮城) 築城年明応五年(1496年) 築城者有馬貴純(たかずみ) 種別 平山城         長崎県南島市南有馬町 原城は、有明海に面して、もと「原の島」と呼ばれた南東に突出して横たわる周囲三キロに及ぶ岬を利用して築かれた平山城であった。 それは本来、有馬氏の本城(日之江城)に対する支城として構築された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木陰にコゲラが

今日も朝から雨模様です。降ったり止んだりです。野鳥観察もできず家でゴロゴロと過ごしています。そこで、先日から林道に出掛けサンコウチョウを探しているときに見つけた、コゲラを載せてみました。薄暗い林の中にいるところに出会いました。 コゲラはスズメほどの大きさのキツツキ類でキツツキの仲間の中では一番小さいです。この辺では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米多城(めたじょう)

米多城 築城年戦国時代後期 築城者姉川氏 種別 居館     佐賀県三養基郡上峰町前牟田字館 該地一帯には、平安期に宇佐八幡宮領「米多庄」が成立し、鎌倉期になると大宰府安楽寺領が並立していた。 ここから僅か500m北西に離れた場所に平家政権による日宋交易の拠点となった神崎荘の中心と推測される下中枝遺跡(吉野ヶ里町)があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青い鳥オオルリ

毎日曇り空のスッキリしない空模様の日が続いています。何時も行く林道にサンコウチョウを探しに行ってきました。サンコウチョウの巣が数個ありますが、どれも雛が飛び立ち空屋になってしまいました。林の中からサンコウチョウの鳴き声聞こえてきます。親鳥は子供を連れての餌取りで忙しいそうです。近くに来てくれればいいのですが中々近づいてくれませんので、写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前牟田城

前牟田城 築城年は不明 築城者越後孫四朗 種別 居館      佐賀県三養基郡上峰町前牟田 昭和50年代の圃場整備で姿を消した前牟田環濠集落の中央には越後孫四郎館跡として「城跡」と呼弥された浮島が残っていた。 建武元年(1334年)十二月二十五日付の大友貞載施行状により「越後孫四郎跡」のうち「坊所保領家職拾分一」が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオルリのメス

昨日、何時も行く林道に行ったらオオルリのメスが小川の上の古木に止まりさえずっていましたが。余り逃げる気配がなく、動かないので写真を撮らせて貰ったが、原因は古木のした辺りの近くに巣がありました。そのために警戒して鳴いていたのではないかな。二羽の雛の目が僅かに光って見えます。 オオルリのオスはコバルトの光沢の羽根をもちとても綺麗な鳥ですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more