テーマ:写真

楠木氏居館

楠木氏居館 築城年代不明 築城者楠木氏 種別 居館       大阪府南河内郡千早赤阪村 楠木正成は、南河内郡千早赤阪村に永仁二年(1294年)、この地に誕生したと伝えられています。 文禄年間(1592年~96年)に増田長盛が豊臣秀吉の命を受け、土壇を築き、建武以後、楠木氏邸にあった百日紅を移植したという記録が残っています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上赤阪城

上赤坂城(別名 楠木本城) 築城年元弘年間(1331年~34年) 築城者楠木正成 種別 山城      大阪府南河内郡千早赤阪村 楠木氏の根拠地であるこの地方は、金剛葛城連山が天然の要害となって東・南の二方にそびえています。 西方には槇尾・天野の山が連なっています。 また、南方は高野街道が通じ、紀伊見峠を経て紀州紀の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨上がりのアオバズク

久被ぶりに雨もやみましたので、近くの河川敷にカメラを持って散歩に出掛けてみようと思いました。川の水が雨が降りつづいていたためかなり多くなり普段の景色とは全く違うかんじです。野鳥もあまりいませんので場所を変えて小さな神社の方に行ってみましたらアオバズクがいました。 今日のアオバズクは良く動き回り移動ばかりしています。 Ⅰ羽しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下赤坂城

下赤坂城(赤坂城) 築城年元弘元年(元徳三年・1330年) 築城者楠木正成 種別 山城        大阪府南河内郡千早赤坂村 下赤坂城は、金剛山支脈の一端、甲取山に築かれたもので、千早赤坂中学校の裏手にあります。 丘陵上に「赤阪城址」の碑が建っています。城は、東・北の二方は東条川が流れて自然の堀となり、はるか東南には上赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツバメの場所取り

今日も雨が降っています。何時になったら晴れるのかな?。雨が少し小降りになった時にカメラ片手に少し外にでて歩いてみました。そしたら住宅の壁にツバメが四羽ほどが留まる場所で争っていました。それを撮影してみました。 住宅の壁に電気の配線ボックスみたいな狭い所でツバメ達は留まる事で言い争いをしていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岸和田城

岸和田城(別名 千亀利城) 築城年建武年間(1334年~1338年) 築城者和田高家 慶長五年(1600年) 小出秀政 種別 平城      大阪府岸和田市岸城町 岸和田の地名は、楠木正成が、和田高家に命じてこの地を治めたのに由来すると言われています。 吉野に住む和田氏に対して、海の近くに住む高家の一族を「岸の和田」と呼び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍野城

龍野城(別名 台山城・霞城・朝霞城) 築城年明応八年(1499年) 築城者赤松村秀 種別 平山城     兵庫県龍野市龍野町上霞城 播磨国の中西部を流れる揖斐川(いぼがわ)西岸に位置し、姫路と上郡を結ぶ旧山陽道が龍野の南辺を通過する。 川沿いに北上すれば、室町時代に赤松氏の守護所があった城山城(きのやま)東麓の越部を経て、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンコウチョウの餌やり 2

今日も朝からスッキリしない空模様の天気ですので。鳥撮に出掛けることができません。そこで先日撮ったサンコウチョウ最後の日の撮影を載せてみます。 巣立ちが近いのか親鳥達は餌運びに忙しいそうです。偶然にもオスとメスが遭遇しているところを見ることができました。 雛達は大分体も大きくなって巣からはみ出すことがおおいでです。 羽根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明石城

明石城(別名 喜春城) 築城年元和五年(1649年) 築城者小笠原忠真 種別 平山城        兵庫県明石市明石公園 明石城は日本百名城の58番目です。   訪問日は1999年(平成11年)三月と2015年5月です。明石城は別名 喜春城と呼ばれ縁起の良い城として有名です。 明石城は家康の外孫であります、小笠原忠真(ただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンコウチョウの餌やり

体調を崩してダウンしてしまい、今日は久被ぶりにパソコンの前にたつことができブロブを書くことが出来るようになりました。先日サンコウチョウがいる森に出掛けて見たら、サンコウチョウの雛たちは無事に巣立ちをした見たいです。日曜日は雨が午前中まで降り午後に少しやみました。その時分に全部の雛が飛び立っているようです。月曜日朝に見にいったらもういませ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

薄暗い木立の中のサンコウチョウ

今日は朝から雨模様です。野鳥観察はお休みです。そこで先日撮ったサンコウチョウを載せてみます。 親鳥は巣の中に入らないようです。どうも雛がかえっているみたいです。 この場所は暗くて撮影はとても上手くいきません。画像はトリミングしています。 曇り空の時などは光が入らず、サンコウチョウが動いている時などはぼけてしまいます、素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姫路城(白鷺城)

姫路城(白鷺城) 築城年慶長十四年(1609年) 築城者池田輝政 種別 平山城       兵庫県姫路市本町六十八番地 姫路城は国宝で1993年(平成五年)世界遺産に指定されました。 日本百名城の59番目です。  訪問日1999年(平成11年)3月と2015年(平成27年)5月です。 姫路城の上空にたまたま飛行船が横切…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

柏原陣屋(柏原城)

柏原陣屋(柏原城) 築城年正徳四年(1714年) 築城者織田信休 種別 陣屋      兵庫県氷上郡柏原町柏原 柏原藩は織田信長の弟信包(のぶかね)に始まる。 初め、信包は伊勢の長野氏を継ぎ、伊賀上野城に居城したが、後に伊勢の安濃津城に移り、「津の侍従」と称された。 当時の安濃津城には兄信雄の松ヶ島城、信孝の神戸城と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑の中にオオルリ

今日も朝から暑そうな日になりそうです。河川敷の野鳥観察は体が持たないので気分を変えて今日は山の中の新緑に囲まれた林の中での野鳥探しに決めました。 林の中を歩いていると綺麗な鳴き声が聞こえてきます。鳴き声はオオルリの鳴き声です。オオルリは日本三鳴鳥(さんめいちょう)と言われて美しい鳴き声の持ち主です。その声が聞こえます。 オス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンの親子

今朝は朝から雨模様で出掛けることが出来ません、野鳥観察はお休みです。 そこで先日池にいた親子のバンがいましたのでそれを載せてみます。 子供は四羽泳いでいました。親鳥と池の広いとこまで出てきましたが、 上空でカラスの鳴き声がしましたら、急に小鳥達はパニックになり親鳥のそばにあっまってきて岸の方に戻り出しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹田城

竹田城(別名 虎臥城) 築城年室町時代中期(嘉吉年間1441年~4年) 築城者山名持豊(宗全) 大田垣光景 種別 山城     兵庫県朝来郡和田山町竹田 竹田城は日本百名城の56番目です。戦国期山城遺構としては日本一ではないかと思われます。  訪問日は2007年4月です。 JR播但線、竹田駅の西方、古城山(標高353.7m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンコウチョウのオスとめす

暑い日射しの中の野鳥撮影は大変ですので。少しでも涼しい所を探し、そこで山の麓に行き森林浴をかねて涼みながらの野鳥撮影としました。 鳥の声を聞きながら探して歩いていたら、 サンコウチョウのオスとメスの写真が撮れました。 サンコウチョウは体が小さくて動きが早いのでカメラにおさめるのが難しいです。 六月に入っての撮影で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤穂城

赤穂城(別名 加里屋城・大鷹城) 築城年寛文元年(1661年) 築城者浅野長直 種別 平城        兵庫県赤穂市上仮屋 赤穂城は日本百名城の60番目です。      訪問日2015年5月10日と2005年8月8日です。 忠臣蔵で有名な義士の郷、赤穂城は、瀬戸内海の州浜上に海水を引き入れた海城と言われる平城です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオバズクが神社に

昨日に続き今日も暑い日射しです。どこか涼む場所がないかと考えたら近くの神社が涼しいかと思い出掛けてきました。神社は大きな大木が茂っていて自宅より少しは涼しいです。カメラを抱えてそこの辺をブラブラ眺めながら歩いていると大木の茂る枝にアオバズクが一羽いました。 アオバズク(大きさ29センチ)はキジバト(大きさ33センチ)より少し小さめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンの幼鳥

バンの幼鳥が母鳥といた。 大きな池の湖畔にバンが子育ての最中です。 この場所は人通りも多く通りますが、バンはわりと平気でいます、人慣れしているみたいです。 何か食べものを探しているみたいです。 バンの子供も足が体の割に大ですね、バンは水かきがないため泳ぎはあまり得意ではないみたいです。 バンとは変わった名前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出石城(いずしじょう)

出石城(別名 有子城) 築城年天正二年(1574年) 築城者山名祐豊(すけとよ) 種別 山城       兵庫県出石郡出石町内町 出石町は山間の小さな町で電車も通っていないため交通は不便であります。そのため「但馬の小京都」として、城下町がよく残り、郷愁を漂わせてくれる。 出石城は二本松城(宮城県)や鳥取城(鳥取県)のように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンと亀の陣取り

先日バンが巣を造って居るところに出会い、今はどうなっているのか、また見に出かけてみました。そしたらバンの新作の巣を四匹の亀たちが独占していました。 バンは巣に近づいて行くと何匹かの亀が水面に逃げた行きましたがどかない亀もいます。 バンは巣の上をいったり来たりしていても一匹の亀は動こうともしません。 バンは仕方がないので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洲本城

洲本城(三熊城) 築城年大永六年(1526年) 築城者安宅隠岐守(おさのかみ) 種別 平山城     兵庫間洲本市小路谷 洲本城は、大永六年(1526年)に安宅隠岐守(おさのかみ)が創建したという。 また安宅河内守が永正七年(1510年)に築城したとも伝わる。(橋の橋脚の間から山頂の模擬天守が見える) 安宅氏は、南北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

河川敷にササゴイがいる

厚い日射しの中で河川敷に行き野鳥を探して見ました。 この河川敷にはカワセミをよく見かけます、今日の目的はササゴイです。 下流の方にいて一羽のササゴイを見つけました。水辺を小魚を探して移動しています。 大きく翼を広げている所に出会いました。 少しずつ位置を移動して魚を探しています。 日射しが強い中でカメラ機材…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンが巣作りをしている

大きな池の畔にバンが水草を一生懸命運んでいます。 どうやら池の中に竹が浮かんでいる所にバンが一生懸命巣作りをしているようです。 沢山の水草の葉や茎を運んで摘んでいます。撮影している所からかなりの距離があり、そこの場所は人が近づきにくい場所です。 こんな目立つ所で大丈夫かなと心配します。 バンはクイナ科の代表的存在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

篠山城

篠山城(別名 桐ヶ城) 築城年慶長十四年(1609年) 築城者徳川家康 種別 平山城     兵庫県多紀郡篠山町北新町 篠山城は日本百名城の57番目です。    訪問日1999年8月17日です。 篠山盆地の中央を山陰道が走り、京・大坂へ通じる重要な交通の要衝であることに着目した徳川家康は、関ヶ原の合戦後、ここに城を築く事を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オスのキビタキ

キビタキのオスはメスに比べて色鮮やかです。 6月の季節に最も似つかわしい鳥と思われるキビタキです。 黄色と黒の配色がとても綺麗です。 特に正面からみたキビタキのオスは色鮮やかです。 キビタキは14センチととても小さいです(スズメと同じ位)。声も姿も美しい鳥です。 前から撮りたいと思っていた鳥です。 中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地味なキビタキの雌

キビタキの雌は雄に比べてかなり目立ちません。 先日キビタキの巣が林道の道路沿い近くにあるような気配でしたのでその廻りを歩いていたら、。 林道のガードレールの上にキビタキの雌が虫を嘴一杯にくわえてとまっていました。 キビタキの雌は見分けが付きにくいのですが、正面から見れるときは胸が少し黄色見があります。 キビタキの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浦戸城

浦戸城 築城年天正十九年(1591年) 築城者長宗我部元親 種別 平山城     高知県高知市浦戸 月の名所の桂浜に城跡は存在する。 城は海辺に突き出た台地の上に設けられ、南は太平洋に、東は浦戸湾の入口に面して、北は天然の良港に臨む。西と北西部が開け、長浜へ通じています。この城は長宗我部氏の居城として有名ですが、その発祥は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワセミとコチドリ

今日は一日留守番で外には出かける事が出来ません、昨日河川敷で取れたこの川では初めてのカワセミとコチドリを載せてみました。 対岸の桜の木にカワセミがとまっているのが分かり、出来るだけ近づいて見ましたがそれども距離は40mぐらいありますのでトリミングをしています。 河川敷にはあまり水がありませんので、カワセミがとまる枝の所がかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more