アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
古城と野鳥
ブログ紹介
古城の写真を撮り歩くのが趣味で日本の城を撮っています。毎日の日課で散歩していて野鳥の声を聴いているうちどんな鳥なのかきになり写真に撮っているうち、カワセミの綺麗な姿に見とれて写真撮影も始めました。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
近辺で見かけない、エゾビタキ
近辺で見かけない、エゾビタキ 今回は去年の、今頃の夕方に撮影をしたエゾビタキを載せてみました。エゾビタキに似た鳥にコサメビタキ・サメビタキがあり、お互いによく似た灰色の色彩の小鳥です。      図鑑などによると、エゾビタキは一般的に国内では繁殖せず春秋に通過する旅鳥だそうです。   秋に数多く渡来し、公園などのちょつとした緑地に現れるといい、今回の撮影も川辺の小さな公園の茂みに居たところをたまたま通りすぎる時に見つけて撮りました。当然この辺では見かけない鳥ですので、家に帰り野鳥図鑑で調べたらエゾビタキという鳥みたです、不思... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/22 14:14
静岡県の古城・龍穴峰砦
静岡県の古城・龍穴峰砦 龍穴峰砦(八幡山砦) 築城年永禄十一年(1568年) 築城者徳川家康 種別 砦               掛川市上西郷字谷田    龍穴峰砦は、永禄十一年(1568年)支配力の衰退した朝比奈泰朝の守る掛川城に逃れた今川氏真を攻め落とすために徳川家康が掛川城周辺に築いた附城の中のひとつです。近くには、次郎丸砦・龍尾山砦があります。      八幡山の麓にある永江院(ようこいん)は延徳元年(1489年)に開創、掛川城主、山内一豊は深く怒仲天ァ禅師に帰依し、禅師を招請して大洞院、可睡斎を開山する... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/21 17:12
静岡県の古城・日坂陣屋
静岡県の古城・日坂陣屋 日坂陣屋(旧坂御林守陣屋) 築城年元文年間(1736年〜41年) 築城者岩井左太夫 種別 陣屋                 掛川市日坂字裏門    陣屋跡は日坂宿北側の逆川右岸で、尾根裾部の段丘上に築城され、背後に山を控えている。規模は東西70m、南北25mほどで、南側1.5m下に幅7mほどの堀を設けている。陣屋跡は宅地、堀は水田・畑となり変形している、陣屋跡を「陣屋」、日坂宿から陣屋へ通ずる道を「陣屋小路」と地名を残している。国道一号線「八坂インター」を下り、県道415号を日坂方面へ向... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/20 15:07
水辺の鳥キセキレイ 2
水辺の鳥キセキレイ 2    前回に続きキセキレを載せました、キセキレイは漢字名は黄鶺鴒と書く見たいです、秋の季語だと言われています。鶺鴒とは背骨や背筋をまっすぐにのびた状態を言い、セキレイはスマートで尾羽が長く、いつも上下に尾羽ふっています。キセキレイはオスメスほぼ同色だそうです、一定の縄張りをもち縄張り宣言をして鳴きます。石の角にしがみつくように水辺を覗いていますがよく落ちずにいますね。   キセキレイの食事は水生昆虫類や空中に飛んでいる昆虫類も空中採食します。   何かを狙っています。   高さ2m位の滝のような... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/20 14:11
水辺の鳥キセキレイ
水辺の鳥キセキレイ 今回はいつも川辺で見かけるセキレイを載せてみました。セキレイの中でも水辺に一番映えるキセキレイを。ここの川岸ではセキレイはセグロセキレイ・ハクセキレイ・キセキレイなどがいます。セキレイ類は下流部にハクセキレがいて中流部にセグロセキレイがいて、そして上流部にキセキレイがいて、ゆるやかに棲み分けているという。キセキレイは山の綺麗な水辺を好むというが、ここの川では三種類を見ることができます。      黄色い色したキセキレイは水辺がとても似合う鳥でとても綺麗です。   偶然に飛んでいる所を撮影しました... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/19 15:27
静岡県の古城・平塚山砦
静岡県の古城・平塚山砦 平塚山砦(西郷氏館・西郷構) 築城年戦国期 築城者戸塚氏 種別 砦              掛川市上西郷字構 徳川二代将軍秀忠公の生母である、於愛の方(西郷局・宝台院)の実父(戸塚五郎太夫忠春)。もと西郷の戸塚に住んでいたが、のちに館を構江に移した。この地方の豪族で足利義春に仕えていたが、大森の戦で戦死してしまった。戸塚五郎太夫に関する記録が少なくて、しかし五郎太夫の先妻の子供が二人おり、兄を四郎左衛門忠家と言い、初めは今川家に仕えていたが、のちに徳川家康の旗本になり武州忍城の城代となった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/18 20:36
若いカワセミ
若いカワセミ 散歩で見かけるカワセミが今年はまだ一羽だけしか見つけられず、去年はつがいで毎日見られたのですが、今年は子供のオスが一羽見られるだけです、その写真を載せたいと思います。カワセミの幼鳥は親鳥とあまり違わず、よく見ると胸が黒くて、足の色も黒色で徐々に赤くなってきます、嘴も先端部が白くなっています、嘴の中も白ポイです、嘴も親にくらべ少し短いように感じます。        カワセミの餌場にコサギが近づいてきました。   にらみ合いが続いています、カワセミも負けていません。   コサギが大きな声で威嚇してい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/17 09:20
静岡県の古城・長谷砦
静岡県の古城・長谷砦 長谷砦(ながやとりで)(河田村の附城・独鈷塚) 築城年永禄十一年(1568年) 築城者徳川家康 種別 砦               掛川市長谷字堀内 写真は掛川浄化センターの遠景です、その後ろの林が砦跡です。   写真は掛川市役所です、下の写真は駐車場近辺です。   長谷砦(ながやとりで)は永禄十一年(1568年)から十二年にかけて朝比奈備中守泰朝の守る掛川城に今川氏真が逃れてきたため、徳川家康が今川氏を攻めるために掛川城周辺にいくつも附城を築いたその中の一つである長谷砦です。近辺には金丸... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/16 12:16
静岡県の古城・石谷氏館(構江)
静岡県の古城・石谷氏館(構江) 石谷氏館(石谷氏故宅) 築城年戦国期 築城者石谷氏 種別 居館                掛川市構江字中島 石谷氏は遠祖を藤原氏とし維遠の時二階堂氏、行清のときに西郷氏、政清の時に石谷と改正した。二階堂行清は西郷で生まれ、西郷氏と改め、西郷の郷士十八氏の長として今川氏に仕えた。政清は子の政信・清定と共に、永禄十一年(1568年)初めて徳川家康に仕えた。戸塚五郎太夫忠春は、この郷士の中の一人であった。戸塚忠春の娘、於愛(西郷の局・宝台院)がのちに家康の子二代将軍秀忠を産み、駿府で没すると、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/14 15:36
静岡県の古城・各和氏館
静岡県の古城・各和氏館 各和氏館 築城年不明 築城者各和氏 種別 居館        掛川市各和字田中屋敷    各和城(現在の永源寺)の東側一キロの原野谷川左岸の各和地区の標高24m前後の平坦地に造られている。遺構は神社(八幡宮)、及び、宅地などになり消滅してしまい今では「堀之内」「奥屋敷」などの地名を残すのみとなってしまった。各和氏の出目が不詳なことから史料が少なく定かでなはない。「掛川誌稿」に「各和氏はその先今川了俊に出づ」とあり「寛政重修諸家譜」は今川貞世(了俊)の孫貞行を角(各)和氏の祖としているが、各和... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/12 21:29
静岡県の古城・寺田館
静岡県の古城・寺田館 寺田館 築城年永徳二年(1098年) 築城者原師清 種別 居館         掛川市寺島字風呂前    「原氏系譜」には「原氏の祖、原師清が永徳二年(1098年)に佐野原の庄を食邑として賜り、原氏を名のり寺田に住む」とみえる。館は原野谷川右岸の標高70m前後の河岸段丘上にある。畑地や宅地となり遺構は消滅していまい、「風呂前」「原」「町ノ坪」などの地名が今も残すのみになっています。原氏は平安末期から戦国期にいたる約五百年間ここ原野谷川流域一帯をその勢力基盤としていた一族です。その発祥の地がこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/11 17:34
静岡県の古城・西郷氏館
静岡県の古城・西郷氏館 西郷氏館(戸塚館・西郷構) 築城年鎌倉時代 築城者西郷氏 種別 居館                   掛川市上西郷 徳川秀忠の生母、西郷ノ局の生まれた所。   鎌倉時代から勢力をのばした国人、西郷氏の居館西郷氏館は「掛川誌稿」には「構村にあり、今殿屋敷とも構とも云う。其中に図所屋敷、東門、三ヶ月堀の名在す。明和頃は土塁が残りと言えとも今はなし」とみえるところから鎌倉時代からここの地方に勢力をのばした国人である。   二代将軍、徳川秀忠公の生母、西郷ノ局は、幼名をお愛と言い、父戸塚五郎太夫... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/10 20:25
川にいるカワガラス
川にいるカワガラス 最近は少し温度も下がり体の方も少しは楽になって来ましたね、野鳥もあまり見かけず草が多い茂って川にいる鳥を見つけることができない毎日です。今日は前に撮った写真でカワガラスを載せてみました。これは川の水をせき止めダムみたいになった所で撮影しました。カワガラスの名前の由来は川にいるカラスの意味で名が付いた見たい漢字名では河烏となります。名前がカラスですがカラスの仲間ではありません、大きさが22センチと小さいです。カワガラスは常に川で生活しているそうです、流れの中に石や岩あるところを好みます。生息地域は... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/06 19:51
静岡県の古城・原砦
静岡県の古城・原砦 原砦 築城年不明 築城者不明 種別 砦        掛川市本郷字古戦 原砦に行くには、新東名高速道路の森・掛川インターで下り、県道40号線を掛川方面に新東名高速道路の下側抜けて原野谷中入口の信号を直進40号線をずっと進み原野谷川を渡り、そうすると原野郵便局とサークルKが左側にあります、そこをすぎると大きな道路看板があり300m先直進掛川市街左折すると上垂木(かみたるき)81号線という看板がありそこの所に左折する細い道があります、そこを左折します(右側には小さな川が流れています)。緩やかな左... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/05 13:39
カワラヒワ
カワラヒワ 今日はカワラヒワの写真をのせて見ました。川辺でスズメの集団の中に黄色の鳥が混ざっていました。大きさもスズメとあまり変わらず嘴は鋭く堅い物を食べられるような嘴です。偶然にも飛んでる写真が撮れました、安いカメラなどで動くものはみんなぼけてしまいます。これはまだ見れるほうです。なんか口にくわえていますね、何かの種みたいですね。カワラヒワの食事は種子食なのですね、よく食べるものは春は「ハコベ」「タンポポ」など夏は「アザミ類」や「ヒマワリの種」秋には「タデ類」やヒエの種子」などです。(雑誌を参考)暑い夏が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/04 12:09
静岡県の古城・岩井寺砦
静岡県の古城・岩井寺砦 岩井寺砦(がんしょうじとりで) 築城年戦国期 築城者不明 種別 山城        掛川市岩井寺 上の写真は249号線からみた岩井寺入り口の看板です、ここを真っ直ぐ山に向かっていくと岩井寺に着きます。写真は岩井寺の山門です、   岩井寺砦に行くには、東名高速掛川インターネットをおり左折して県道三十八号線を行きます、(右折をすると掛川城の方に行ってしまいます)約2.5km行くと上内田の信号にでますが、それをまっすぐに38号線を行き1km位行き子隣の信号を右折します、249号線に入り800m位い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/03 15:39
静岡県の古城・本宮山城
静岡県の古城・本宮山城 本宮山城(加茂砦) 築城年不明 築城者加茂加次郎 種別 山城              掛川市八坂字本宮山    本宮山城の城主は加茂氏で、今川氏被官加茂氏が戦国期に築いた砦。本宮山城は本宮山の山頂にあり、遺構としては曲輪や石垣・土塁・堀切が残っているという、私自身は奥の院から途中までいったが、途中で引き返して来ました。時間が遅かったため、今度再度挑戦したいと思います、今回は奥の院までの写真をのせてみます。掛川市街から国道一号線バイパスを金谷方面に向かい。八坂インターで旧国道一号線(県道41... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/02 17:37
静岡県の古城・金丸山砦
静岡県の古城・金丸山砦 金丸山砦(金丸山ノ附城) 築城年永禄十一年(1568年) 築城者徳川家康 種別 砦                  掛川市中央高町    永禄十一年(1568年)から十二年にかけて朝比奈備中守康朝の守る掛川城に逃れた今川氏真との戦に備えるために徳川家康が築城した砦です。   「武徳編年集成」永禄十一年極月条には「金丸山ノ附城ニハ本丸ニ久野宗能、同二ノ丸ニ同佐渡宗憲、本間五郎兵衛長秀ヲ籠置ル」とみえる。砦は逆川と倉真川とが合流する左岸で、小笠山山系から北へのびる尾根の一つで、標高48mの山麓... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/01 11:50
静岡県の古城・本郷城
静岡県の古城・本郷城 本郷城(本郷館・原氏古城) 築城年不明 築城者原氏 種別 丘城                   掛川市本郷字古城 本郷字古城にある長福寺一帯が本郷館跡とされていますが古城、東屋敷、下屋敷などの地名のみがその存在を伝えています。遠江国佐野郡原田ノ庄は大織冠藤原鎌足公十六代末裔、原権守師清を初代として十二代に亘り領宥せし所なるが支城本郷城を十代武蔵守忠政の三男八郎忠永その嫡男左衛門之尉永政の二代守備する處(ところ)、長福寺には曽我兄弟の供養塔があります、   文明十五年(1483年)春駿河国... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/31 12:21
静岡県の古城・幡鎌館
静岡県の古城・幡鎌館 幡鎌館 築城年天文年間(1532年〜55年) 築城者幡鎌平四郎 種別 居館       掛川市幡鎌字大屋敷    館址は、宇刈(うかり)丘陵が袋井市から北上して森町で戸綿(とわた)丘陵に接し、その裾が東側の掛川市に延び原野谷川で比高12mの段丘となる台地にある。原氏の本拠、本郷館が川を隔てて東南800mに望む。幡鎌氏について「掛川誌稿」に「今の庄屋彦兵衛なる者宅傍に阿弥陀堂あり、幡鎌氏の宅跡と云・・・・」「永禄三年(1560年)の今川氏真裁許状に最福寺本尊領、先の地頭幡鎌八朗左衛門尉押領云々... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/30 17:09

続きを見る

トップへ

月別リンク

古城と野鳥/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる