アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
古城と野鳥
ブログ紹介
古城の写真を撮り歩くのが趣味で日本の城を撮っています。毎日の日課で散歩していて野鳥の声を聴いているうちどんな鳥なのかきになり写真に撮っているうち、カワセミの綺麗な姿に見とれて写真撮影も始めました。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
朝比奈屋敷(瓦場町)
朝比奈屋敷(瓦場町) 朝比奈屋敷(瓦場町) 築城年不明 築城者朝比奈元長 種別 居館             静岡県静岡市葵区瓦場町    静岡市瓦場町にある元長寺がその場所です。寺の前にある静岡学園大学予備校を含む範囲と考えられる。この寺を開基したのは、今川氏の重臣で義元に仕えた朝比奈丹波守元長で、谷津山西麓の清水観音堂を建立した永禄二年(1559年)に、屋敷地の一部を地割りして寺としたといわれ、同九年八月二十五日没したという。駿府城から東北にある谷津山、その西麓静岡工高(現在・静岡学園)の東南にある元長寺が屋... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/25 17:27
朝比奈屋敷(沓谷)
朝比奈屋敷(沓谷) 朝比奈屋敷(沓谷) 築城年不明 築城者朝比奈氏 種別 居館             静岡県静岡市葵区沓谷一丁目    静岡市の東南、谷津山北麓にある長源院は寺記によると、長享二年(1488年)今川家臣朝比奈氏によって開基されたとある。開基である「長源院殿」が誰であるのか、朝比奈丹波守吉俊、左京亮泰以など諸説があるが明確ではない。しかし、この寺がある「沓谷」は朝比奈氏の知行地(岡部町朝比奈文書)であることや、寺の過去帳に朝比奈一族の人々の名が見られることから、屋敷が寺になった可能性も考えられる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/23 15:33
瀬名館
瀬名館 瀬名館 築城年長享元年(1487年) 築城者瀬名一秀 種別 丘城      静岡県静岡市葵区瀬名字大谷津    静岡市街地の北東、麻機沼を前庭として控える瀬名郷の北端、文殊岳を源とする長尾川の下流、清水区と境を接する梶原山(標高304m)の稜線南端の西側山麓に位置しており、瀬名氏初代瀬名一秀の菩提寺である光鏡院境内を含む一帯が瀬名氏歴代の居館と云われる。しかし、城郭遺構は見られず、付近に的場・代官屋敷などの地名が僅かに残るのみです。この他に、南北朝時代の正平年間(1346年〜70年)の瀬名十... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/22 11:59
カワセミとスズメのツーショット
カワセミとスズメのツーショット 今日は大変暖かな日で川辺ではテントをはり水遊びをしている人達がいました。川辺の散歩をしていて花が咲き誇り綺麗な景色が見られます。野鳥の方は余り見かけませんでした。いつもならカワセミのつがいが巣ずくりで忙しい時期なのに今日はカワセミをみかけませんでした。二三日前に少しの時間だけどオスに会えましたしたが、すぐに飛び立ってしまいました。今回も前に撮ったカワセミの写真を載せて見ます。この写真は反対の川岸のヤブの中にいるカワセミを撮っていたら、後ろにスズメの姿が写っている写真です。            ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/21 15:22
ジョウビタキのメス
ジョウビタキのメス 昨日に続いてジョウビタキを載せて見たいと思います、今日はメスを取り上げてみます、ジョウビタキのメスはオスとくらべるとまるで別の種類の鳥に見えます、ですがよく見ると特徴である羽根に白い斑点のような模様はオスメスあります。そしてメスの目はメジロのような白いリンクが見えます。また、メスはモズのメスとよく似ています、くちばしがモズの方が鋭いですが、ジョウビタキの大きさは14.5センチです、食事は昆虫類や木の実をたべます。お辞儀をするように頭を下げて、尾を細かく振る動作をしています。この写真はハクセキレイ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/20 17:13
藤の花の公園
藤の花の公園 昨日は少し遠出の公園に花見に行ってきました。この公園はフジの花や季節の花がいつも綺麗に咲かしています。平日の日でも人が沢山来られています。土日などは駐車場に入るだけでも大変込み逢います、平日の日はお年寄りの散歩のコースなっていていっぱいの人だかりです、公園は藤まつりが開催されるようで夜店の屋台を準備する作業で忙しく動いています。藤の花はもう少し先で満開をむかえそうです。花には余り詳しくありませんので写真をみて想像してください。                                   ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/20 16:01
ジョウビタキのオス
ジョウビタキのオス 散歩していても余り野鳥の姿が見かけません、今日はフジの花で有名な池に野鳥観察がつらフジの花の花を見てきました。花の咲きは少し早め見たいです、夜店の屋台を準備していて今週土日ごろがお祭りのピーク見たいです。野鳥の方も余りいませんでした。そこで、まえに撮った野鳥の写真をのせてみます。野鳥はジョウビタキのオスを載せて見ました。                        ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/19 16:01
小鹿館
小鹿館 小鹿館 築城年応永三十年(1423年) 築城者小鹿範頼 種別 平城      静岡県静岡市駿河区小鹿字堀之内    今川範政の子小五郎範頼は、小鹿郷に分地されて小鹿姓を名載った。範頼の弟摂津範慶も小鹿氏を称した。今川範政は、駿府東方の守りを兼ねて有度山麓、特に海岸部の西大谷から北部の長沼にいたる街道の押さえとして小鹿氏を置いたものと考えられる。小鹿館からは現在の静岡市街地南部が一望でき、天然の要地であり、駿府館の南から東へわたる一帯の監視を十分に考慮に入れていたことがわかる。その後、文明八年... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/18 14:47
榊原館(榊原屋敷)
榊原館(榊原屋敷) 榊原館(榊原屋敷) 築城年慶長十二年(1607年) 築城者榊原照清 種別 居館             静岡県静岡市駿河区根古屋字陣内    前方の建物は現在宝台院別院となり照清以下榊原家の菩提寺です。橋の手前側が屋敷があった所と云われています。   榊原照久の子照清は父の後を継いで従五位下越中守に叙任され、神主を勤めたが正保年間これを辞し、慶安四年(1651年)将軍家より久能山守衛総門番を命ぜられ、与力六騎、同心三十人を預けられ勤仕し、根古屋に居館を定めたといわれる。「駿河国新風土記」また... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/17 17:04
散歩で見たアオジ
散歩で見たアオジ 散歩に出かけてみた、川辺にはいつも見られるセグロセキレイ・コサギ・カルガモ・アオサギが余りいません、今年は野鳥に出会う機会が少ないです、カワセミにもごぶさたであってくれません、川辺ではかぎられた鳥しか、出逢いません、その中でも何とか探して会えたのがアオジです。             ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/16 21:07
長沼砦
長沼砦 長沼砦(別名 茶臼山砦) 築城年鎌倉時代 築城者長沼五郎宗政 種別 砦              静岡県静岡市葵区長沼愛宕霊園    長沼砦は茶臼山砦ともいう。静岡市の東北、谷津山の東端愛宕霊園の丘陵上にある。鎌倉時代源頼朝の御家人長沼五郎宗政が居城したと伝えられるが明らかでない。現在、霊園造成によってほとんど消滅したが、最も高い茶臼山古墳のある通称観音山を主要部として、東西に二〜三段の曲輪を配し、愛宕山続きの部分を「切り通し坪」と称することから、尾根切断の堀切りが付けられていたのではないか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/16 20:38
農家の庭にメジロ
農家の庭にメジロ 今日はどんよりとした空模様で今にも雨が降りそうな天気です、多分午後からは雨模様になりそうです、散歩も久しぶりに出かけてきました。河川の様子も一段と春らしくなってきて道路沿いには色々な花が咲き出してきました。花の名前などよく教えてくれるのですが、その場では判っても少し時間がたつと直ぐに何だったけとなってしまいますどうも花は苦手かな。今日の写真はダウンする前に撮った野鳥の写真で散歩の途中にある家の広場で、桜の木にミカンを半分に切った物を枝に刺してあり、それをメジロがいただいている所を撮りました。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/14 16:36
水辺のコサギ
水辺のコサギ 昼間はだいぶ暖かな日が続いていますけど風が少し強くて,まだ散歩に出かける気分になりません、野鳥観察も怠ってしまいました。パソコンをやる気が出てきたので少し前に撮った野鳥の写真を載せて見ました。これからは田んぼに水が張られると色々な鳥が見えるようになってきます。期待しています。                         ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/13 20:25
蒲原城狼煙山
蒲原城狼煙山 蒲原城狼煙山(狼煙場) 築城年室町時代 築城者今川氏 種別 狼煙場          静岡県静岡市清水区蒲原字狼煙場    蒲原城善福寺曲輪から見た狼煙山春には山全体が桜色に染まる桜の名所である御殿山が狼煙山です。徳川家康が織田信長を迎え入れた蒲原御殿(織田信長軍が武田軍を滅ぼした後に甲府より富士山を越えて駿河に参ったときに蒲原城に向かえ入れるために建てた御殿屋敷)の後の山が通称御殿山と呼ばれている。御殿山の「御殿山広場」から五分ほど登った所にあります。室町時代(十四世紀から十六世紀)に今川... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/13 15:27
コバルトブルーのイソヒヨドリ
コバルトブルーのイソヒヨドリ 今週は体調管理ができなくてダウンをしてしまいました。今日まで何もすることができませんでした。明日からまた頑張ってカワセミに会いに行かなければと思い今日は在庫ですがイソヒヨドリの写真を載せて見ました。この鳥もカワセミのようなコバルトブルーの色の鳥でオスは特に綺麗な鳥です、鳴き声もきれいでホイピーチョィチョィ ツツピーコーというような声で鳴いています。オスとメスが別の鳥のような違いがあります。オスは海の色にも似た青と、お腹の赤とのコントラストがとても綺麗です、それに比べメスの方はトラツグミ見たいな感... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/12 18:42
三月のカワセミ
三月のカワセミ 今日は朝から風が強く花粉症に悩まされています。川辺の散歩も風が強いので人もまばらです。カワセミにはここ二三日あっていません。この写真は少し前に撮ったものです。今年はカワセミの数も少なくていつもの年だと求愛行為が見れる時期なのにメスの姿が見られません。今の時期はアユが川を上る時期なのに水がすくなくてとてもアユがくるのには期待はできません。水の流れの緩やかなところでは小魚が泳いでいたのが今年はまだ見ることができません。カワセミが水面に飛び込む所を待っていましたが、飛び込んでくれまさでした。    ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/06 12:08
蒲原城
蒲原城 蒲原城 築城年南北朝時代 築城者蒲原氏 種別 山城      静岡県静岡市清水区蒲原城山    蒲原城址は、蒲原町の背後にある山に築城された中世の山城です。西側の向田川と東側の山裾沢川によって挟まれた地形を利用してる。前側のみが開口していて海を望むことができる。「後ろ堅固の構え」という城です、城内の最高地(海抜149m)に立つと前面の駿河湾、伊豆半島、薩埵山方面、北方の大丸山方面等360度の展望が良い。戦国時代にあっては、後北条の水軍の動向や敵方の侵入を監視、追撃の防止には、地... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/05 15:58
シジュウカラと桜
シジュウカラと桜 だいぶ暖かくなり、桜の花も散りだしてきました。それでも今年の桜の花は風や雨の影響が少なくて長い期間咲いていました。明日は雨模様のようで桜も散ってしまう事でしょう、川辺の桜にカワセミが止まって居るところを撮影しょうと期待していたのですが、今年はダメなようです。ヒヨドリが独占しているようで、メジロやシジュウカラは余り見かけませんでした。それでも何とかシジュウカラと桜が撮れました。画像的には褒められたものではないのですが最後の桜なので載せてみました。                   ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/04 20:09
ハクセキレイ水浴び
ハクセキレイ水浴び 散歩の時間を少し早めに出かけて野鳥の様子を見てきました。朝がすこしでも早いほうが鳥たちも活発に動いています。ハクセキレイを水辺で見かけたので撮ってみました。      この三枚の写真の水面がピンクポイ色は上から流れてきた桜の花の色で染まっているからです。                   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/02 20:12
徳川慶喜公屋敷
徳川慶喜公屋敷 徳川慶喜公屋敷 築城年明治二年(1869年) 築城者徳川慶喜 種別 屋敷            静岡県静岡市葵区紺屋町11-1    浮月楼はご維新後の静岡の街とともに歴史を刻んできました。徳川慶喜公の屋敷として二十年、そして、静岡の迎賓館として120年。その歳月は庭や建物のあちらこちらに結晶して、訪れられた方々に古い昔の出来事を語りかけてきます。前将軍、徳川慶喜公は大政奉還後の明治二年、元の代官屋敷に手を入れて、現在の浮月楼の庭をお作りになり、二十年に渡って住まいになりました。政治は一切遠... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/02 16:32

続きを見る

トップへ

月別リンク

古城と野鳥/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる