淀江台場

淀江台場 築城年文久三年(1863年) 築城者池田慶徳 種別 台場      鳥取県米子市淀江町今津 鳥取藩台場跡は、因、伯、二国の海岸線東西百六十キロの内、因幡では浦富・浜坂・賀露の三ヶ所、伯耆では境・淀江・赤碕・由良・橋津の五ヶ所に築城された。 江戸末期、諸外国との緊張が高まるにつれ、沿岸警備のため築城されたもので、各…
コメント:0

続きを読むread more

カワセミの近景

昨日の朝の散歩で近くの河川敷でカワセミに遭遇しました。此の所カワセミのよい写真が余り撮れませんでしたが昨日は近くまで近づいて撮影することが出来ました。トリミングもしないでそのままの状態で載せてみました。 カワセミまでの距離は7m位です、土手の桜の木にとまってくれました。 何時もいるオスのようです、ここの辺一帯が縄張りです。背…
コメント:0

続きを読むread more

ルリビタキがいた

ルリビタキを探して今日で5日目です。お昼過ぎから家から少し離れた公園にルリビタキを探しに出掛けてきました。今日は来園者も少なくとても静かですので少し期待が持てそうです。まわりの林に声がしないか耳を澄まして探して見ました。微かに聞こえてきたので小川のそばで待ち構えていますと、小鳥たちが数羽寄ってきました、シジュウカラ・メジロ・ヤマガラ・シ…
コメント:1

続きを読むread more

シジュウカラの水浴び

ルリビタキのいる公園に通い始めて、今日で4日目です、まるで写真を撮らせてもらえません、中でも多少見られる写真を載せてみます。 枝で隠れてルリビタキがぼやけてしまっています。 ルリビタキが暗すぎてしまいました。小枝が沢山ある所の撮影のためです。 四日間の収獲がこんな所です。残念です、今日も朝から午後三時まで頑張ってきまし…
コメント:0

続きを読むread more

ヤマガラの水浴び

今日も、ルリビタキが出る公園に出掛けて見ました。月曜日なので人の数も余りなく今日は逢えるか期待していましたが、一度だけ近くまで来てくれたのですが、いきなりジョウビタキが出て来て邪魔をして、ルリビタキを追い払ってしまいました。そのため今日は撮影ができませんでした。そこで控えの野鳥に出てもらいます。ヤマガラがルリビタキの水飲み場所で水浴びを…
コメント:0

続きを読むread more

由良台場

由良台場 築城年文久三年(1863年) 築城者武信潤太郎 種別 台場      鳥取県鳥取市北栄町 鳥取藩台場跡は、江戸時代末期、文化五年(1805年)のフェートン号事件、文政八年(1825年)の異国船打払令など諸外国との緊張が高まる中、沿岸警備のために築造された。 その築造場所は、鳥取藩の海岸線東西160km(40里)の…
コメント:0

続きを読むread more

シロハラ

今日は昨日に続き家より離れた公園にルリビタキがいるという情報をもらい出掛けてきました。場所は人通りが多い公園のため中々チャンスは訪れてきませんでした。昨日お昼頃、帰る間近でメスのルイビタキが近づいてきましたが、人が近づいてしまい撮影はできませんでした。今日は期待して朝早めに出掛け行きましたが、お昼までに一度だけ現れてくれたのですが、場所…
コメント:0

続きを読むread more

カンムリカイツブリがいた

何時も行く遊水地にカメラ片手に散歩がつら歩いてきました。池の周りには雑草が多い茂り、野鳥に隠れて撮影が出来ることも良いですが池が見晴らせなくて良い場所が中々見つかりません。水鳥は人間の気配で直ぐに遠くの方に行ってしまいます。カワウやオオバンやカルガモがいるなかに小さな白ポイ鳥が二羽いました。どうもカンムリカイツブリではないかと望遠で覗く…
コメント:0

続きを読むread more

防己尾城(つづらおじょう)

防己尾城 築城年天正年間(1573年~92年) 築城者吉岡将監定勝 種別 山城      鳥取県鳥取市岩本 湖山池西岸に位置し、北・東・南の三方が断崖となって湖山池に面しています。 それほど急峻な山ではないが、湖山池西岸の地形を巧みに取り入れており、堅固な城構えといえる。 湖山池を挟んだ対岸に位置している因幡守護山名…
コメント:0

続きを読むread more

箆津城(のつじょう)

箆津城(別名 揁城) 築城年不明 築城者不明 種別 丘城       鳥取県東伯郡琴浦町箆津 箆津城(のつじょう)は、国道九号線と日本海の間にある台地の上に築かれています。 城の東は断崖で下に黒川が流れ、北は日本海に面して絶壁、 西は空堀と土塁を築いたほぼ三角形をした城で、西面の土塁と空堀が今も残っています。 …
コメント:0

続きを読むread more

冬鳥のツグミ

今日は朝から冷たい雨が降り、散歩に出れず家でパソコンとにらめっこしています。野鳥のほうは先日出掛けて撮影したツグミを載せてみました。野鳥を観察していない人でも目にすることが出来る鳥です。農耕地や公園の芝生などで地面を掘り返してミミズや昆虫を食べています、今の時期には街路樹のナナカマドの赤い実やその他の木の実を食べています。冬を告げる鳥で…
コメント:0

続きを読むread more

陽だまりにジョウビタキ

昼過ぎ散歩に出掛け河川敷を歩いていると、ツグミが集団で木の実を食べています。この場所にはシメやイカルがよく見かける所です。土手の遊歩道を歩いていると、近くまでくるのがジョウビタキです。人に近づいてきて直ぐに離されます、縄張りに入ってきたものを威嚇するのか近くまできます。そこで近景を取らせてもらいました。 …
コメント:0

続きを読むread more

米子城(別名 湊山城)

米子城(別名 湊山城) 築城年天正年間(1573年~92年) 築城者吉川元家 種別 平山城            鳥取県米子市久米町 弓ヶ浜を眼下にし、山陰の名山大山を控えた標高90mほどの湊山の山頂にある米子城は絶景の地にあります。 米子城は応仁の乱の頃、西軍山名氏が東軍京極(尼子)氏に備えるために築いたのが始まりです。…
コメント:0

続きを読むread more

カラスの行水

カラスの行水と良く言われている通り、水浴びをして直ぐに飛び立って行ってしまいました。この辺のカラスはハシボソガラスの方が少し多いのかな?良く目に付きます。カラスを漢字で書くと「烏」このように書きますが鳥という漢字より横の棒が一つかけています、その訳は象形文字から来ていま…
コメント:0

続きを読むread more

カワセミの餌取り

雨上がりの河川敷に散歩がつら野鳥観察に出掛けてみた、川の水も何時もより水かさが増え川の流れが何時もと違います。何時もいそうなな所を探して見たがいません。だいぶ上流にさしかかった所で引き返そうとしたら、落差のあるせきの所でカワセミを一羽見つけました。カワセミに見えない場所を探しそこからカメラを構えて撮影しました。距離は20m位の所です。 …
コメント:1

続きを読むread more

富長城

富長城 築城年元弘年間(1331年~34年) 築城者荒松氏 種別 平城             鳥取県西伯耆郡大山町富長 北側を日本海に面した海岸段丘に位置する単郭の平城です。 平面五角形を呈し、折れのある土塁が郭の周囲を巡っています。 東側は自然河川、西側には堀切と、それぞれに土塁の切れる平入り虎口がみられます。 …
コメント:0

続きを読むread more

アオジがいた

昨日の昼、遊水地にカメラ片手に散歩に出掛けてきました。鳥撮の人がベニマシコやアリスイが出てきたよと教えて貰い探して見ましたが、逢う機会がありませんでした。まだ、これからなので慌てずに逢える機会をまっています。収獲もなく淋しく帰ろうかなと思い歩いていたら道路沿いに虫を探しにアオジが二羽出てきてくれました。急いで撮影させてもらいました。 …
コメント:0

続きを読むread more

尾高城(別名 泉山城)

尾高城(別名 泉山城・小鷹城) 築城年不明 築城者杉原盛重 種別 平山城          鳥取県米子市尾高 尾高城は米子市街から大山有料道路で米子市尾高を抜けた所、大山山麓の段丘の縁辺に位置していた。 城の後方には国立公園大山の勇姿が望まれ、 前方には広大な蓑蚊屋(みのかや)平野が広がっている。 尾高城は段丘…
コメント:0

続きを読むread more

三種類のセキレイ

この河川敷では三種類のセキレイが同じ場所で見かけます、日本野鳥歳時記という本には、一年中よく見かけるセキレイの仲間に、セグロセキレイという日本国有種がいますと、書かれています。日本国内のみに分布しているそうです。北海道・本州・四国・九州すべてに分布している種は、セグロセキレイただ一種だそうです。身近に見られるこの鳥が日本列島だけに住んで…
コメント:0

続きを読むread more

シメとキセキレイ

昨日の出来事、近くの河川敷きにキセキレイがいたので眺めていたら、一羽のシメも小枝から河川敷に降りてきました。この時期にシメが撮れたのは珍しいなと思い。キセキレイと一緒に撮れないかやってみましたが距離が少し離れていてどちらかがボケてしまいました。距離も20m以上離れていますので手持ちのカメラではだめでした。 …
コメント:0

続きを読むread more