アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
古城と野鳥
ブログ紹介
古城の写真を撮り歩くのが趣味で日本の城を撮っています。毎日の日課で散歩していて野鳥の声を聴いているうちどんな鳥なのかきになり写真に撮っているうち、カワセミの綺麗な姿に見とれて写真撮影も始めました。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
カワセミ11・18
カワセミ11・18 今日は朝から少し家より離れた場所の公園に車で出かけてきました。散歩がつらカメラを抱え行ってきました。初めて歩いた公園でしたので様子が分りませんですが、かなり広い場所でした。始めに歩いたところは小さな池が有りましたが、小鳥は見かけませんでした。少し奥まった所にも池が有りましたのでそちらの方も覗いて見たら望遠のカメラを持った人が一人いましたので何がいるのか聞いて見たらカワセミがいるとおしてくれたので一緒に写真を撮らせて貰いました。距離がかなりあり撮影には少し大変なところにいます。それでも何とか撮るこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/18 16:25
カワセミ11・16
カワセミ11・16 今月13日に見たカワセミが今日もいるか見に行ったら少し下がった下流の草に隠れていました。水が少ない所なので飛び込みは見れないなと思い眺めていたら小さな小魚を捕られていました。急いでカメラを構えたら移動をしてしまい、仕方が無いのでそこで少し待ちました、そしたらカワセミが戻ってきてくれました。こちらの方が気になるのかジートこちらを見つめていました。   見た通り、周りは草藪で肉眼では、いるかどうか見分けがつきません。  この跡に飛び立って行ってしまいました。    元いた所から20m位離れ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/16 15:39
静岡県の古城・柏谷城(かしやじょう)
静岡県の古城・柏谷城(かしやじょう) 柏谷城 築城年天正十八年 築城者豊臣秀吉軍 種別 丘城       静岡県田方郡函南町柏谷字城山    柏谷には横穴式石室がある柏谷公園があります。全体で三百基以上が東西600m、南北250mにわたって造られています。横穴墓は、六世紀末頃から八世紀末頃までの200年間に渡って、お墓として利用されました。柏谷にはそのような古代の遺跡が沢山発掘されてきた所で国の指定史跡とされています。そこのそばに城山があります。函南町は縄文時代・弥生時代・古墳時代のいずれの時代にも人々が生活をしていました。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/15 13:29
カワセミ11・13
カワセミ11・13 今日は朝から雨が降りそうな天気です。近くの河川敷を散歩がつらカワセミがいるか確かめにカメラ片手に出かけてきました。河川敷の木立も紅葉を迎え葉の色づきが目立ちます。川の水も去年に比べ余り多くありません。その中で、カワセミはどうやって餌取りをしてるか見たいなと思いカワセミを探しています。近所のおかあさん達に声かけられながら歩いていたら石の上にオレンジ色した何かがいたのでカメラを向けるとカワセミがいました。カワセミまでは距離がかなりありす。少し近づいて撮影することができました。今にも雨が降り出しそうな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/13 11:48
ニュウナイスズメ
ニュウナイスズメ 田園を散歩していたら電線にスズメが沢山留まっているのを見て、少し変わった色した鳥が何匹かいたので写真に撮って見たら前から見たいと思っていたニュウナイスズメでした。何だスズメかと思いますが中々お目にかかれませんでした。スズメと何処が違うか比べて見ました。この写真は前に撮った普通のスズメです。ニュウナイスズメは頬の黒い斑がない大きさもスズメと同じ大きさで14センチです。オス鳥は夏羽は頭部から背、腰にかけてが栗色で、背と肩羽には黒褐色の縦斑があります。喉と目先は黒く、ほほからの体下面は白い。ニュウナイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/12 12:18
静岡県の古城・田中城(桑原城)
静岡県の古城・田中城(桑原城) 田中城(桑原城) 築城年鎌倉時代 築城者田中内膳 種別 山城           静岡県田方郡函南町桑原字丸山    「増訂豆州志稿」は興国寺城の伊勢長氏を堀越公方の後見人として韮山城主にさせたと言われる田中内膳の居城としている。また内膳については長氏の外祖父横井掃部助の親族で長氏を女婿とするとある。田中城は桑原の北、入谷の通称丸山と呼ばれる谷の中に張り出した独立した小高い丘がそれであります。周囲は急斜面で北部のみ尾根線でやや緩やかです。北は冷川が流れる。比高は約20mで、現状は山林になって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/11 15:35
静岡県の古城・田代城 V
静岡県の古城・田代城 V 田代城 V(日金砦) 築城年鎌倉時代 築城者田代氏 種別 山城        静岡県駿東郡函南町桑原字大芝原    この田代城Vは、全く知られていない城跡で、その城史も不明です。   ただ、現在の遺構を見る限りにおいて、戦国時代に使われた物ではないかと考えられる。   この付近には、箱根越えの海道が通っているため、街道の監視の役目をしていたのではないかと思われます。   田代城跡は、田代の集落から東北へ約500m登った、標高530m程度の山腹の小さな山の山頂付近を言う。郭、空堀状の遺構らいし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/10 12:40
チョウゲンボウがいた
チョウゲンボウがいた 広々とした畑の所の電線にハトのようなカラスのような感じの鳥が留まっていました。50mぐらい離れているためよく見えません、それで少しずつ気付かれないようにそーと近づいて見ました。なんか見たことがない感じの鳥で、最初はよく分りませんでしたが、図鑑で見たらチョウゲンボウの雌でした。近年は市街地でもよく目にすることができる鳥だそうです、これは獲物となる小鳥類や昆虫類が豊富なためで、また天敵が少ないことで、ビルや構造物に巣を作るようになった為だそうです。曇り空の日の為撮影はいまいちです。チョウゲンボウの大... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/09 12:05
アオアシシギ
アオアシシギ ナベズルのいた場所に引き続き行ってきました。ナベズルは姿が見えなかったので他の場所に移動して見たらそこにはアオアシシギが四羽もいました。天気も曇り空のため画像が余り綺麗ではありません。この鳥は渡り鳥で春と秋の渡りの時に全国的に渡来する鳥だそうです。大きさは35センチぐらいです。この鳥を撮影した場所は農業用水がある所で人通りが結構ある場所です、そのために距離が離れた所に固まっています。アオアシと名前が付いていますが足の色は緑色しています。大きさはハトと同じくらいで、背中が黒っぽい色で、お腹は白色で... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/08 14:26
静岡県の古城・田代城 U
静岡県の古城・田代城 U 田代城 築城年平安末期 築城者田代信綱 種別 丘城          静岡県田方郡函南町田代    田代城は狩野川と支流大見川との合流点から二キロ大見川を遡行した南岸、田代部落のすぐ裏山にあり、比高約30mの尾根の先端に設けられた、極めて小規模な丘城です。延長わずか100mの尾根上に二つの曲輪がある。先端部分が本郭でしょう。東西13m、南北下方に3m低く、幅2.5m長さ10mの腰曲輪が付属する。田代部落のすぐ裏山の尾根の先端部にある。後方には険しい山が連なっているが、城址は小規模であり曲輪は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/07 16:43
ナベズルが三羽いた。
ナベズルが三羽いた。 朝から雨が降り出してきて、今日は外に出れないなと思いつつテレビでも見ていたら、電話がかかってきて、今ナベズルが田んぼにいるよと教えてくれましたので。雨なので何処も行く予定もないのでナベズルを見に行くことに決めました。自宅から車で1時間チョツトの所なので少しの雨でもいいかなと思いでかけてきました。現地に着いたら雨が少し強く降り出してきて撮影にはいまいちの状況ですが、初めてみるナベズルなので何とか撮影したいなーと思い雨に濡れながら撮りました。ナベズルまでの距離は50m位あります、近づくと直ぐに飛び立... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/06 21:02
静岡県の古城・仁田館
静岡県の古城・仁田館 仁田館(新田館・日田館) 築城年鎌倉時代 築城者仁田四郎忠常 種別 居館      静岡県田方郡函南町仁田字堀の内    仁田館は、源頼朝の家来の一人であった仁田忠常(ただつね)で有名な仁田氏代々の屋敷とされています。発掘調査の結果、立派な基礎(礎石)をもった建物跡(江戸時代)や、井戸(室町時代〜江戸時代)、屋敷の周囲からは幅約4m、深さ約2mの掘(安土桃山時代〜江戸時代)が発見されました。堀の底には土を堀り残した仕切りが確認されました。畝堀と呼ばれるもので似たものは三島市山中城跡など後北条... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/05 17:26
ジョウビタキが目の前に
ジョウビタキが目の前に 朝から沼に変わった鳥がきているという話を聞いたので、出かけてきました。天気も余り良くなく今でも雨が降りそうなくもいきです。午前中は降らずに何とか持ってくれましたが肝心の鳥は出てきてくれませんでした。お腹も空いたので帰る支度していたら、目の前にジョウビタキのメスがどう私でも撮って見ませんかというスタイルで目の前の防護柵の上に留まってくれました。収獲のない時でしたので撮影をさせてもらいました。身近な鳥のジョウビタキですが収獲のない時なので感謝します。距離は3m位の所です、こちらも動きを止めて撮影さし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/04 15:43
静岡県の古城・向原館
静岡県の古城・向原館 向原館 築城年不明 築城者不明 種別 居館      静岡県函南町柏谷字六万部    柏谷地区の丘の上に六万部寺境内とその周辺が向原館跡だと言われています。向原台地東端部に位置する館跡は、現在六万部寺となっている。鎌倉時代には狩野川の古流が流れ込み、台地側は一面の湿地帯であった。館の遺構は明らかではない。 寺の西側は約5mの段差が設けられ、寺の本堂裏側から見るとかなり高低差があります。   土塁跡のような盛り土部分が見受けられます。    底の部分は農道があり掘り跡のような窪み跡がある。六万... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/03 13:59
カワセミ 11・1
カワセミ 11・1 河川敷の散歩では。ロマンスグレーの方々が沢山おり、それぞれが日課の散歩を楽しくこなしています。私はカワセミがいなければ、歩かずに家でゴロゴロすごしている方が楽でいいです。カワセミのおかげで外の美味しい空気を吸わせてもらっています。今日はカワセミが二羽おりなんか追いかけっこしていました。縄張り争いが始まったのかなと思います。今までは一羽しかいなかったのに今日初めて二羽いる姿を見ました。まだ警戒心が強くて人を見るとすぐに移動してしまうカワセミですので。なかなかいい写真をとる機会がありません。その中で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/01 15:57
静岡県の古城・大仙山城
静岡県の古城・大仙山城 大仙山城 築城年不明 築城者畠山重保 種別 山城        静岡県函南町畑毛字岩山    永禄二年(1559年)二月、北条氏康によってまとめられた「北条氏所領役帳」には次のような役高の記載がある。「百貫文 豆州畠郷 西原善右衛門」西原氏は現在の函南町平野部を領していたことになり、その拠点が大仙山城と言われている。この城がある大仙山は、西伊豆の堂ヶ島などと並んで伊豆八景の一つに数えられている。とくに広大な田方平野北部を眼下に霊峰富士を仰ぐ景観は素晴らしい。標高167mの山頂付近まではハイキ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/01 15:15
ノスリとモズがいた
ノスリとモズがいた いつも行く買い物の途中の道路で電信柱に止まる所のノスリを見たので急いで車を邪魔にならない所に止めて、急いでカメラを出してすぐそばまでに行き撮影しました。            いつの間にかモズが電線に止まっています。縄張りを警戒してか離れません。あまりに近くまで寄りすぎたため警戒されて逃げてしまいました。時間的には5分位でした。ノスリは山の方にモズは近くのやぶの中に消えてしまいました。絶好のチャンスを逃してしまいました。     ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/31 17:24
静岡県の古城・館館(たてやかた)
静岡県の古城・館館(たてやかた) 舘館(たてやかた) 築城年不明 築城者不明 居館            静岡県田方郡函南町畑毛字館    この道は白山神社えに行く道筋。   右側が白山神社です。館があった中心部です。   館館(たてやかた)跡は大仙山城跡の山裾、北に位置する。比高は約20m程の独立状を呈する丘です。丘一帯には小字館と呼ばれる所があります。文献には見当たらず、現状は畑と神社になっていて遺構は明確ではない。中央には白山神社が所在しているが、この部分一帯が館の中心と考えられる。南側に近接して大仙山城が所在しており... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/30 11:12
カワセミ 10・28
カワセミ 10・28 日に日に寒さが体感できる季節になりました。鳥たちも秋の味覚に群がってくるようになり。鳴き声もよく聞かれるようになり、紅葉の時期を迎える時になりました。いつも散歩する河川敷も大分景色も色がわりしてきました。最近見かけないカワセミを探して歩いていると、水辺にサギがいたので、そこのあたりを観察していたら枯れ葉の枝にアオイ色の何かが動くのを見つけたので望遠でのぞいてみるとカワセミがいました。         川岸から対岸の土手まで約30m位離れています。   上空ではカラス飛びかっていてカワセミも大分気... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/28 11:33
静岡県の古城・高田屋敷
静岡県の古城・高田屋敷 高田屋敷 築城年天文の頃(1532年〜55年) 築城者高田氏 種別 屋敷        静岡県駿東郡長泉町本宿字下モ    伝承によれば天文の頃(1532年〜55年年)から当地に土着していたとし、慶長八年(1603年)天野景能の文書を伝えている。(この写真の門は、高田屋敷との関係があるか分らない)屋敷は黄瀬川の旧河道と現河道の間の自然堤防上の、本宿小字下モに位置している。高田屋敷は方80mあり、四周に土塁を巡らしていたが、現在は工場敷地となって消滅した。門前西側に前田の小字名がある。土豪の高... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/28 11:10

続きを見る

トップへ

月別リンク

古城と野鳥/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる