黒崎城 

黒崎城 築城年慶長六年(1601年) 築城者井上周防守之房 種別 山城            福岡県北九州市八幡西区黒崎町 黒崎城は、鹿児島本線黒崎駅の北東約500m、道伯山(どうはくやま)山頂にあります。 現在、山頂は広平地となり、城山公園として整備されています。 城跡は、本丸・二ノ丸・三の丸の三郭よりなり、本丸は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

門司城(別名 門司ヶ関山城・亀城)

門司城(別名 門司ヶ関山城・亀城) 築城年元暦二年(1185年) 築城者紀井通資 種別 山城        福岡県北九州市門司区門司字古城山 門司城は、九州の最北端、平家滅亡で有名な壇ノ浦の急瀬早鞆(はやとも)の瀬戸に望んでそびえる古城山の山頂にあります。 現在は、瀬戸内海国立公園の一部「和布刈公園(めかり)」となっていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡城(別名 舞鶴城)

福岡城(別名 舞鶴城) 築城年慶長六年(1601年) 築城者黒田長政 種別 平山城            福岡県福岡市中央区城内 福岡城は日本百名城の85番目です。訪問日1998年5月。 福岡城は当代一とうたわれた黒田如水(じょすい)長政父子により、関ヶ原の合戦の翌年より起工された。 七年の歳月をかけて、一応の完成を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太宰府

太宰府 築城年七世紀後半 築城者天智天皇 種別 古代政庁     福岡県太宰府市大字観世音寺坂本 太宰府は、大野山南麓一帯の平野に東西二十四坊、南北二十二条の条坊を有し、 北を大野城、南を基肄(きい)城、平野部を水城(みずぎ)でさえぎられた都城であり、 中心になる政庁跡は、昔から都府楼跡の名称で親しまれています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大野城

大野城 築城年天智天皇二年(663年) 築城者天智天皇 種別 朝鮮式山城     福岡県太宰府市太宰府 大野城跡は日本百名城の86番目です。訪問日2006年3月 663年日本が朝鮮半島から後退、当時の国防第一線太宰府を守るために大野山に築かれた。 百済から帰化人、亡命者を技術人として、当時に基肄(きい)城も築いた大宰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋月城(別名 杉本城)

秋月城(別名 杉本城) 築城年建仁三年(1203年) 築城者秋月種雄 寛永元年(1624年) 黒田長興 種別 平山城            福岡県甘木市秋月町 秋月城は、小石原川の上流、古処山(こしょさん)の麓にあります。 この地に秋月藩黒田氏五万石の城下町があった。 秋月の地名は、鎌倉時代の土地の豪族秋月氏からきて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小倉城(別名 勝山城・指月城・鮭ノ城)

小倉城(別名 勝山城・指月城・鮭ノ城) 築城年文永年間(1294年~1305年) 築城者緒方惟重 築城年慶長七年(1602年) 築城者細川忠興                     種別 平城     福岡県北九州市小倉北区城内 現在、小倉城跡は勝山公園として整備され、城内の九州民芸資料館には民芸・民俗資料のほか萩・唐津・高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久留米城(別名 篠原城・篠山城)

久留米城(別名 篠原城・篠山城) 築城年永正年間(1504年~1521年) 築城者毛利秀包(ひでかね) 種別 平山城             福岡県久留米市篠山町 筑後川を外掘とし、筑後平野の中心に位置する久留米城は、毛利秀包(ひでかね)、有馬豊氏(とようじ)らにより築かれた名城です。 花崗岩をもって高さ14m~15mに積…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐伯城(別名 鶴屋城・鶴ヶ城・鶴谷城)

佐伯城(別名 鶴屋城・鶴ヶ城・鶴谷城) 築城年慶長七年(1602年) 築城者毛利高政 種別 平山城            大分県佐伯市西谷町 訪問日は2006年三月です。三の丸の櫓門が工事中でした。 佐伯城は、慶長六年(1602年)に入部した毛利高政によって、翌七年から十一年にかけて番匠川の河口に近い標高140mの塩屋八幡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キセキレイ

暑い日が続く毎日ですね、今日は近くの河川敷に車で出掛けて野鳥を見に行ったら、河川敷の空気がとても暑くて五分もいられませんでした。急いで車に戻りエヤコンをかけて涼みました。何時も行く林道に行けば涼しいかと思いそちらに行くことにしました。ここはサンコウチョウが巣を作り雛をかえして飛び立って行った所です。今年は沢山の雛がかえり、来年も沢山のサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月隈城(別名 日田城・丸山城・永山城)

月隈城(別名 日田城・丸山城・永山城) 築城年慶長六年(1601年) 築城者小川壱岐守 種別 平城            大分県日田市丸山町 三隈川沿いに日隈(ひくま)城、花月川沿いに月隈城があり、かっては隣接して二つの城下町があった。 それぞれを中心に隅町と豆田町が作られたが、その後天領となり、九州一円の天領を管理す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大分城(別名 府内城・荷揚城)

大分城(別名 府内城・荷揚城) 築城年慶長二年(1597年) 築城者福原直高 種別 平城                大分県大分市荷揚町 大分城は日本百名城の94番目です。訪問日2006年3月 大分城は豊後府内城、荷揚城とも言われます、豊後水道の良港を城郭に取り込んだ典型的な海城であります。 大友氏時代には市内西山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中津城(別名 扇城・丸山城)

中津城(別名 扇城・丸山城) 築城年天正十六年(1588年) 築城者黒田如水(じょすい) 種別 平城               大分県中津市二ノ町 中津城は名築城家として知られた黒田如水により、山国川の三角州上に築かれた。 黒田氏が筑前の太守となって転封したのちは、名将細川忠興が小倉城に移るまで在城し、城の整備工事にあた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオバズク

毎日暑い日が続き、体調も崩しやすい中、鳥撮は涼しい所を探しだすのが大変です。今回は少し前にアオバズクいたという噂があった神社に出掛けてみました。神社には大きな大木が数本生い茂り、神社一面に日陰を造ってくれています。風があるととても涼しくて気持ちいいです。近所のおじさんたちも涼んでいます。大きな木を見上げると数匹のアオバズクの子供達がかた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡城(別名 臥牛城・竹田城)

岡城(別名 臥牛城・竹田城) 築城年文治元年(1185年) 築城者緒方三郎惟栄(これよし) 種別 山城               大分県竹田市大字竹田 岡城は日本百名城の95番目です、訪問日は2006年3月です。 岡城の特色は、難攻不落の天険にあって、日本屈指の堅城とされながら、城址とその城下竹田には風雅の香りが高いとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杵築城(台山城・勝山城・臥牛城)

杵築城(台山城・勝山城・臥牛城) 築城年明徳四年(1393年) 築城者木付頼直 種別 平山城      大分県杵築市大字杵築字城山 杵築城は、石仏で有名な国東半島の南側に位置する、八坂川と高山川が守江湾に注ぐ河口の台地に、現在陸続きの半島となり、三層の模擬天守が昭和45年に建てられていますが、 明徳四年(1393年)木付氏四代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンコウチョウの巣立ち

昨日の朝方には4羽の雛が無事に巣から飛び立つことができました。最初見ていてメス親鳥だけで餌をやっていて雛が育つのか心配していましたが、4羽が無事に巣立ちができました。 巣から飛び出した雛は近くの小枝に止まり親が運んで来る餌をまっています。雛たちは皆な近くの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンコウチョウの巣立ち1日前

サンコウチョウの雛がかえったので見に来たら大分大きくなり巣立ち間際になってきました。ここの場所は後側が崖になっていて前側が小さな川が流れていて木が生い茂っていて林道からは見える位置が少なくて撮影しにくい所です。距離も30m位離れていて廻りが薄暗いです。カメラはニコンのクールピックス1000です。それで何とか撮れました。他のカメラの人達は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臼杵城(別名・丹生島城・亀城・亀ケ城)

臼杵城(別名・丹生島城・亀城・亀ケ城) 築城年永禄五年(1562年) 築城者大友義鎮(宗麟) 種別 平山城        大分県臼杵市大字臼杵 臼杵城は臼杵湾に浮かぶ周囲四キロ余の溶岩台地の丹生島(にゅうじま)に永禄五年(1562年)に大友宗麟によって築城されました。 大友氏は前年の四年(1561年)北九州門司の合戦で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンコウチョウの子育て

今日も朝からとても暑いです、家では朝からエヤコンを回しています。家の中でいるより山間の涼しい所に出掛けた方が良さそうなので車で、何時も行く林道に向かうことにしました。麓から歩いて20分ぐらいでサンコウチョウの巣があるところにつきました。同じ考えかたをする鳥撮の方々が数名いました。サンコウチョウは昨日までは雛がかえっていませんでしたが、今…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more