水害の後のカワセミ

近くの河川敷が水害で被害がありカワセミがいるか心配して探しに行ってきました。 水がまだ引いていませんので川の流も何時もより多く水もまだ汚れています。 河川敷の中の雑草はみんな水により流されていました。 河川敷の中にはカワセミが隠れる場所がないため土手に植えてある大きな木の根元に隠れていました。 こちらに気が付くとカワ…
コメント:0

続きを読むread more

農道にハクセキレ

農道を散歩していたら、近くにハクセキレイが近づいてきました。 こちらがいるのに割とへえきで近づいてきます。 こちらが体を動かすと直ぐにハクセキレイは移動します。 またあたりを警戒しながら餌を探しています。 ハクセキレイは道路沿いに何かの草が茂っている種を眺めています。 食べようかどうしょうか考えているみ…
コメント:0

続きを読むread more

百々城(どうどじょう)

百々城 築城年不明 築城者青山喜太夫・大膳 種別 平山城     愛知県岡崎市百々町字東側 百々城には2013年10月に訪問しました。 地主さんに許可を頂き撮影させていただきました。 百々町東側に土塁と堀の痕跡があり、青山氏の屋敷跡と言われます。 従って、百々城とは松平信光から八百町の地を与えられて百々に住んだ青山…
コメント:0

続きを読むread more

遊水池のノビタキ

野鳥撮影も此の所出掛けていなかったけど、 今日は体調も良いので買い物がつら遊水池のまわりをドライブしながら野鳥探しをして見ました。 台風の被害が大きかった事もあり、交通渋滞があちらこちらで見られます。 被害に遭われて方達が大変な思いの事と思います。 迷惑をかけない範囲での野鳥探しをしてきました。 野鳥の方も廻りの風景が変わって…
コメント:0

続きを読むread more

日名屋敷(ひなやしき)

日名屋敷 築城年鎌倉時代 築城者上杉氏 種別 屋敷     愛知県岡崎市日名本町12    日名屋敷には2013年10月に訪問しました。 「岡崎市史」などの史禄によれば暦應二年(1339年)十月十五日上杉清子は日名屋敷を丹後国(現・京都府綾部市)安国寺に寄進したことが文面で現存されている。 この屋敷は現在の日名本町春…
コメント:0

続きを読むread more

洞城(ほらじょう)

洞城 築城年不明 築城者本多氏 種別 平城    愛知県岡崎市洞町字本郷   洞城には2013年9月に訪問しました。 徳川家四天王の一人、本多平八朗忠勝の居館跡と伝わります。 額洞寺の北側に「本多屋敷」の通称も残っていますが詳細は不明です。 「三河国二葉松」には本多氏の他に、「山下庄太夫」・「大河内金兵衛」・「…
コメント:0

続きを読むread more

東蔵前城(ひがしくらまえじょう)

東蔵前城 築城年不明 築城者内藤弥次右衛門家長 種別 平城     愛知県岡崎市東蔵前町    東蔵前城には2013年10月10日に訪問しました。 徳川家康の家臣で「内藤家長」の居城と伝わります。 家長は三河一向一揆で大いに活躍し、 其の後も家康に従い各地を転戦し、 掛川城・二俣城の攻略などで軍功を重ねて…
コメント:0

続きを読むread more

ダイサギが小魚ゲット

最近腰が痛くて調子がイマイチで野鳥撮影に出掛ける事が少なくなっています。 身近な野鳥にしかあえず、様になりません。 先日大きな河川敷で身近に近づいてくれたダイサギを載せて見ます。 中洲に二羽いたダイサギが縄張り争いで一羽が追い出されこちらの方に飛んで来てくれました。 腰掛けているそばに降り立ち餌を探していました。 …
コメント:0

続きを読むread more

日近城(ひじかじょう)

日近城(別名 名の内城) 築城年文明初期(1469年~86年) 築城者奥平貞昌 種別 山城     愛知県岡崎市桜形字般興    日近城には2016年11月に訪問しました。 日近城は、標高約270m、比高70mの尾根の先端部に築かれ、 守りを意識した山城です。砦、詰め城として利用した。 広祥院由緒書によれば奥平…
コメント:0

続きを読むread more

遠い上空でミサゴが

大きな河川敷で珍しい野鳥がいないか眺めていたときに、 遠い対岸の所に久ぶりにミサゴが飛んで居る所を見つけました。 かなり遠い所です、上空を旋回して獲物がいないか探しているようです。 突然に水辺に飛び込んで魚を狙っていました。 魚を捕られる事ができなかったようです。 ミサゴはこの時だけ飛び込み、後はここの場所…
コメント:0

続きを読むread more

土城(どじょう)

土城(別名 天野長弘屋敷) 築城年文安年間(1444年~49年) 築城者天野三郎左衛門 種別 山城    愛知県岡崎市鍛埜字焼跡   土城には2014年5月に訪問しました。 文安年間(1444年~49年)、天野三郎左衛門が築城したと言われています。 応永十七年(1410年)頃は、 天野長弘が居城した。 天…
コメント:0

続きを読むread more

ムクドリの群れ

此の所河川敷に出掛けても期待する野鳥がいません。 今日も朝から河川敷出かけて来ましたが何もいません。(お馴染みさんの野鳥はいます) 先日、買い物に行く途中遊水池のまわりを車で一周して見ましたが、 草が伸び放題でとても中(遊水池)には入る事ができませんでした。 その途中で、ムクドリの群れがいましたので撮影して見ました。…
コメント:0

続きを読むread more

ハヤブサがアオバトを狙っている

この場面はアオバトを撮影していた時にアオバトがものすごい威勢で山裾の方に飛んで行った時です。 沖合からハヤブサがアオバトを狙ってやって来た為にアオバトは山裾に逃げたところでした。 ハヤブサはテトラポットにやってくるアオバトを何処か遠くの方から監視していたようです。 アオバトの偵察隊がテトラに近づいて来た時にアオバトの偵察隊…
コメント:0

続きを読むread more

土井城(どいじょう)

土井城 築城年明応六年(1497年) 築城者本多重信 種別 平城     愛知県岡崎市土井町城屋敷    土井城には2013年9月に訪問しました。 本多秀清は、松平長親に仕え、功あって明応六年(1497年)、碧海郡土井村を賜ります。 同七年九月に没していますが、清重・信重・広孝と続く家系が本多豊後守家です。 信…
コメント:0

続きを読むread more

テトラポットのアオバト

今回もアオバトを載せて見ます。 山の裾から飛んで来たアオバトが海岸線のテトラポットのてっぺんに飛び降りて海水を飲みにきます。 この周辺はアオバトに取ってはとても危険な所で、ハヤブサが遠くの方にいてアオバトの動きを監視しています。 命懸けの水飲みです。何回かアオバトが狙われる所に出くわしています。 そのためアオバト…
コメント:0

続きを読むread more

アオバトの飛行姿

暑い夏の名物である、アオバトの海水を飲みにくる姿。 海岸線で車を止めて、車の影の所でアオバトが海岸線に飛んでくるのをひたすら待ち続けます。 一日に何回か麓の山から飛んで来て海岸線のテトラポットの所に下り海水を飲みにきます。 アオバトは群れで海岸に現れて海水を飲む珍しい生態です。 アオバトは海岸線を何回か旋回してか…
コメント:0

続きを読むread more

渡城(わたりじょう)

渡城 築城年不明 築城者鳥居中務 種別 平城    愛知県岡崎市渡町東浦    渡城には2013年9月に訪問しました。 「仁安二年(1167年)に熊野新宮別富十九代行範は平家を拝領し、鳥居法眼と呼ばれた。行忠の代に故あって三河に移り、名を渡里傅内忠氏と改めた。 八世忠景は渡利新左衛門と称して新田義貞に仕えるも、新田氏…
コメント:0

続きを読むread more

アオバト危険な水飲み場

暑い日射しの中で自宅から離れた浜辺にアオバトを撮るために出掛けてきました。 アオバトが浜辺の近くの山裾から降りて来るのをひたすら待ち続け撮影したのを載せてみます。 アオバトは一日に何回か海岸線のテトラポットの所に海水を飲みにやって来ます。 アオバトは最初に数羽が山から飛んで来て海岸線を旋回します、 お昼頃に先発隊…
コメント:0

続きを読むread more

小さなトウネン

シギの仲間であるトウネンが中州の砂浜を餌を探してウロウロしていました。 スズメの大きさとあまり変わらない大きさのトウネンです。 目を凝らして見つめないと中州などの砂利の中にいるトウネンは見つけにくいです。 なんか羽根を広げて大きさをアピールしているみたいです。 トウネンはちいさいながら立派な羽根をもっています。 …
コメント:0

続きを読むread more

箱柳城(はこやなぎじょう)

箱柳城 築城年正長年間(1428年~29年) 築城者中根平右衛門盛清 種別 平山城     愛知県岡崎市箱柳町字日陰    箱柳城には2014年2月に訪問しました。 中根氏祖とは、平清盛の叔父忠正の七男の七朗正持が保元乱(1156年)後、 母に倶われて(この時は二歳です) 碧海中根村に遁(のが)れ、 成人…
コメント:0

続きを読むread more