アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
古城と野鳥
ブログ紹介
古城の写真を撮り歩くのが趣味で日本の城を撮っています。毎日の日課で散歩していて野鳥の声を聴いているうちどんな鳥なのかきになり写真に撮っているうち、カワセミの綺麗な姿に見とれて写真撮影も始めました。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
親子でいるカワセミ
親子でいるカワセミ 近くの河川敷の散歩で見かけるカワセミ。先日の小雨の降る中の散歩で最後の方で見たカワセミが二羽いたので今日も期待して行ってきました。そしたら期待通りいてくれました。最初子供のほうがいましたが、直ぐに親鳥が飛んできてそばにやってきました。コンクリートブロックの鉄筋に留まっています。ここの場所は水面が浅くて流も穏やかな場所のためカワセミには餌場に適しています。子供の方は余り動きが少ないので撮影をさせてくれますが、親鳥の方は警戒心がまだ強いようで直ぐに移動してしまいます。胸がまだ黒みを帯びて大人の色にな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/24 10:43
静岡県の古城・興国寺城
静岡県の古城・興国寺城 興国寺城(別名・社若城) 築城年長享元年(1487年) 築城者伊勢新九郎(北条早雲) 種別 平山城        静岡県沼津市根古屋    伊勢新九郎、のちの北条早雲の出世城と言われている。その後百年余りも続いた戦国期では、城主も今川・後北条・武田と目まぐるしい。国道一号線沼津バイパスの歩道橋からは、正面に城の全容と左手に富士山が見渡せる。商店街が並ぶ道を根古屋街道に出ると、左側の入口に石柱が建っている。この辺りはすでに城の南端にあたり、街道の右側には三日月掘らしい遺構がみえる。土塁跡を見な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/22 20:06
小雨の中のカワセミ
小雨の中のカワセミ 今日は朝から雨がやんだりふったりとして余りいい天気ではありません、此の所近くの河川敷の散歩も余りできずに過ごしてきました。午後から少し小雨になったので思い切りよく散歩に出かけて見ました。河川敷の草も大分大きくなってカワセミの姿を探すのに大変です。何時も人も沢山歩いているのですが、雨模様の為人は余り見かけません。そんな中カワセミを探しています。川辺に植えた大きな木にカワセミが雨宿りをしているみたな姿をとらえました。小雨の中傘をさして撮影していますので片手でカメラを持って撮っています、画像も余り綺麗... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/21 20:29
静岡県の古城・阿野館
静岡県の古城・阿野館 阿野館 築城年鎌倉時代 築城者阿野全成 種別 居館      静岡県沼津市東井出    阿野全成は、幼名は今若丸といい清和源氏の嫡流(ちゃくりゅう)源義朝の七男であり、頼朝の異母弟、義経の兄にあたる。母は有名な常盤御前です。平治の乱で義朝は敗死し、母は今若、乙若、牛若の三児を連れて逃れたが後助命された。今若は山城の醍醐寺に預けられ出家して全成と改名した。全成はその荒法師ぶりから醍醐の悪禅師とも呼ばれた。治承四年(1180年)頼朝が挙兵するや、ひそかに寺を抜け出し、修行を装いながら頼朝の元に参... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/21 10:14
静岡県の古城・箱根古城
静岡県の古城・箱根古城 箱根古城(尾根城) 築城年南北朝時代〜天文十四年頃 築城者大森氏・後北条 種別 山城             静岡県三島市芦ノ湖 箱根古城という古城は県立図書館で古城の本を探していたら「静岡古城研究会」によって出版された本の中で出てきた城で、古城研究会の方々によって発見された古城です。平安・鎌倉古道の三島方面から登って来ると、左側のこんもりとした小山があります、それが城跡です。この写真は鎌倉古道の芦ノ湖高原別荘地のある方から三島の方に下って行くみちです。この写真は東土橋だそうです... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/19 20:35
白脇田んぼアート
白脇田んぼアート 今日は、昨日の夜の二ースで浜松の白脇という所で田んぼアートが見れるというニースをやっていたので行ってきました。このパンフレットは現地でいただいた物です。すぐそばに駐車場もありました。料金は無料だそうです。残念ながらカメラは広角レンズを持っていかなかったため全体図が入りませんでした。こちらの方は赤ちゃんパンダが竹をくわえているところです。竹はピンク米だそうです。チョツト色が余り出ていませんでした。今回のテーマは上野動物園で待望のあかちゃんパンダが誕生したことから、その誕生を祝って「パンダの親子」を... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/19 16:44
静岡県の古城・谷田城
静岡県の古城・谷田城 谷田城 築城年不明 築城者渡辺照雄(居住) 種別 丘城      静岡県三島市谷田城之内    大場川に近い微高地に存在したと推定できる城跡。昭和三十年代に宅地化されて、現在は確認ができない。大正十三年に建てられた「史跡、谷田堡(とりで)址」の標識は「城ノ内」西入口に当たる。「増訂豆州志稿」では渡辺照雄(てるたけ)が居住し、その後佐野某が入城したとする。地名には、城の内・坪ノ内・矢はぎ通り・御門・黒爪・五万坂など、天正十八年(1590年)の豊臣秀吉軍が兵を結集したと伝承される地名が残っている... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/18 16:22
静岡県の古城・三島代官所
静岡県の古城・三島代官所 三島代官所 築城年天正十八年(1590年) 築城者徳川家康 種別 代官所         静岡県三島市北田町    天正十八年(1590年)徳川家康の東国入国後、伊豆国の多くは天領に編入され、その管理の為に代官所が三島に置かれた。初代は伊奈熊蔵です。この後韮山代官所と併合する宝暦九年(1757年)まで存続したと伝える。この後は伝馬の施設が置かれたと、「増訂豆志稿」は記載する。同書は、その位置について、三島市北田町の現・市役所一帯を推定する。昭和五年に三島町役場が移り現在の三島市役所となる。市... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/16 14:27
カワセミの幼鳥
カワセミの幼鳥 前日にひき続き山あいの池のある所に野鳥を見に行ってきました。まだ時間も早いため人が集まるのが少ないのでゆっくり池の周りを見て歩くことができました。ここは池は小さいけれども駐車場も備えてあるため人が集まることが多いです。野鳥観察も人の気配で鳥たちも飛び立ってしまいますので、撮影も中々大変です。そんな中遠くのほうで動く動作が見られたのでよく眺めていたら少し黒っぽい色をした鳥が小枝に留っていました。カメラで眺めてみたらどうもカワセミの幼鳥のようです。   先日ここで二羽のカワセミが一羽を追いかけ回して... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/15 11:39
静岡県の古城・河原ヶ谷城
静岡県の古城・河原ヶ谷城 河原ヶ谷城 築城年不明 築城者高橋兼遠(城主) 種別 平山城         静岡県三島市加茂川町    「増訂豆州志稿」は、高橋権守兼遠がいたが、葛山城主が攻め落としたと伝えている。城山と呼ばれる地域は、東海道本線以南です。そこは山田川と大場川の合流点近くで、箱根西山麓が三島市街に向かって伸びる尾根の先端部に位置し、標高40mの地である。遺構は主郭の西側は神川に達しており、それを防禦する高さ約1.5mの土塁と、帯郭状の平坦面が確認できる。「河原ケ谷村に城山と呼ばれる所があり、本丸と二の丸の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/14 12:03
沢にいたキセキレイ
沢にいたキセキレイ カワセミを探していたら、目の前にキセキレイがやってきました。他に野鳥は見当たらないので、キセキレイの撮影をして見ました。   ここのあたりは市街地よりかなり山間部にあたり、静かな所です、蚊もあまりいませんです。市街地ではかなり気温が高いのですがここの場所ではかなり涼しく感じます。目の前のキセキレイが石から石へと飛び跳ねています。キセキレイがこちらを見ていて。どうだ上手く飛んだだろうという顔しています。キセキレイまでの距離は7m位近い位置にいます。さて次はどの岩に行くかなとキョロキョロみています。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/13 15:07
カワセミ 9・12
カワセミ 9・12 昨日は家より少し離れた池に行き野鳥を見に行ってきました。余り鳥がいませんでしたが。カメラを持った地元の方が話しかけてきて鳥の話になり、この池に今はカワセミが見られるよと教えてもらいました。今は人が多くいて鳥も観察しにくいよと言われたので次の日に朝早く池に出かけてきました。人も散歩する人が少しいる程度でしたので池の周りを歩いてカワセミを探して見ました。対岸の細い枝にとまっているカワセミを発見しました。距離がありカワセミが小さく真ん中あたりに見えます。距離は30m位ですレンズは600ミリでこの大きさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/12 14:43
静岡県の古城・梅縄城(梅名館・石川館)
静岡県の古城・梅縄城(梅名館・石川館) 梅縄城(梅名館・石川館) 築城年不明 築城者石川日向守家成 居館      静岡県三島市梅名下川    「増訂豆州志稿」は「藩論譜」等に記載される、石川日向守家成の伊豆梅縄城五千石をこの地に推定している。      同書によれば、すでに天正八年家督を康成に譲り、隠居免により徳川家康が関東に移るのに伴い、天正十八年(1590年)にこの地に封ぜられ、その娘婿忠総も寄留したと言う。慶長十二年(1607年)までこの地に居住したらしい。東側を御殿川に面した東西130m、南北170mの一帯で、中世大場川... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/10 14:22
コムクドリ
コムクドリ 日曜日いつも行く河川敷に行ってきましたが、珍しい鳥はいませんでした。帰りに海岸線を車を運転していたら沢山の鳥が水溜りの所にあっまっていました。車を止めて降りたら飛びたってしまいました。そこで近くの車を止める事ができる所に止めてカメラを構えて待っていたら、また、鳥たちがあっまってきました。そこで撮った写真です。家に帰りパソコンで見たらムクドリかと思ったらどこか違うなと思い図鑑を見て見たらコムクドリ見たいです。もう少し近くで撮れたらいいなと思っていたら前の方から車が来てしまい鳥達は飛び立ってしまいま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/10 11:15
静岡県の古城・岱崎出丸(岱崎城)
静岡県の古城・岱崎出丸(岱崎城) 岱崎出丸(岱崎城) 築城年天正十七年(1589年) 築城者北条氏康 種別 山城       静岡県三島市山中新田下ノ沢 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/08 11:49
静岡県の古城・山中城
静岡県の古城・山中城 山中城 築城年永禄年間(1558年〜69年) 築城者北条氏康 種別 山城      静岡県三島市山中新田    三島から箱根に通じる旧東海道のほぼ中程あたり高さ600mの山頂に築かれた城です。北条早雲の孫にあたる、氏康が西方防禦のために築城した城です。   本丸・二の丸・三の丸・西の丸・北の丸があります。西・南・北の三方は断崖の堀に囲まれた自然の要害であった。東西約400mで南北800mの広さをもった平城型の山城です。この場所は昔は関所があった場所で、三島の宿から八キロ位離れた所で、北条氏康... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/07 11:16
カイツブリの子供
カイツブリの子供 先日カイツブリの親子のいるところを教えてもらい、今日、買い物途中でどうしているか見に行ってきました。そこは、小さな池が二つある場所で小さな子供と母親がいた池の反対側の池の方を見ていたら草藪の中からだいぶ大きくなったカイツブリの子供が出てきてくれました。前回の子供よりかなり大きく成長したカイツブリでした。三羽がおり餌取りをしていました。その中の一羽が大きなトンボ捕まえていました。仲間の二羽がよこせよこせと追いかけていました。餌を取ったカイツブリは何とか逃げ切って自分の物になり食べることができました... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/06 16:01
勝俣氏屋敷
勝俣氏屋敷 勝俣氏屋敷 築城年江戸時代(1515年〜1865年) 築城者勝俣氏 種別 屋敷         静岡県裾野市麦塚字寛嶟    正面の赤い建物の中に入った一帯が勝俣氏屋敷跡屋敷地は現在も勝俣氏の子孫の方の住居となっています。同屋敷跡は、麦塚集落のほぼ中心地で平坦部に位置している。東側に50mほどいったところに境川(大場川)が流れている。屋敷跡規模は、東西約100m、南北約80mであり、南東隅が、道路に面して突出しているような形状をしている。民家の奥の方に土塁跡が見えるが、これは東... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/05 11:20
西島氏屋敷
西島氏屋敷 西島氏屋敷 築城年江戸時代(1615年〜1865年) 築城者西島氏 種別 居館         静岡県裾野市千福字台   前方の林が前島氏屋敷跡です。   西島氏は、江戸時代地元の名主を務めた旧家でありますが。戦国期以前の文献史料や伝承等は残っていない。現在も子孫の西島氏の住宅がある。地域の小字を「台」といいます。   屋敷地南側の水田を「前ノ田」といいます。千福地区を南北に流れる谷津川が、西に大きく蛇行する地点の東岸崖の上に位置している。屋敷の西側を旧根方街道が南北に走っています。同地区が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/04 14:49
カイツブリの親子
カイツブリの親子 今日は朝から台風の影響で雨が降ってきました。昨日の夕方池の方に出かけて見ました。先日いつも逢う鳥撮している人が池の方にカイツブリの親子が見られるよと情報をいただきましたのでそこのあたりを探していたら物陰から動くものがあったので草の影に隠れてジ−トしていたら、警戒していたのかカイツブリの親子が草むらの中から姿を出してきて親子で水面を泳ぎだしました。鳥たちまでの距離は30m位離れています。カイツブリは警戒心が強いのでそばに行くと草藪の中にすぐに隠れてしまいます、そうすると中々出てきてくれませんので脅... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/03 10:23

続きを見る

トップへ

月別リンク

古城と野鳥/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる