アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
古城と野鳥
ブログ紹介
古城の写真を撮り歩くのが趣味で日本の城を撮っています。毎日の日課で散歩していて野鳥の声を聴いているうちどんな鳥なのかきになり写真に撮っているうち、カワセミの綺麗な姿に見とれて写真撮影も始めました。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
陽光桜にメジロ
陽光桜にメジロ 市内にある神社に陽光桜が開花したと新聞に載っていたので、出かけてきました。桜の花には沢山の鳥たちが集まり蜜を求めていました。陽光桜は大輪で色濃いのが特徴だそうです。開花は3月中旬から3月下句に開花するそうです。撮影場所としては少し日影な所なので撮りにくい所です。花の美しさが余りよく出せません。桜の木にはメジロやヒヨドリが沢山群がっていました。待ち焦がれていたみたいで忙しく蜜をつまんでいました。      陽光桜は天城吉野と云う里桜と寒緋桜(かんひさくら)の交配種だそうです。   直ぐそばには彼岸... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/22 10:43
沖縄のグスク・今帰仁城(なきじんぐすく) 1
沖縄のグスク・今帰仁城(なきじんぐすく) 1 今帰仁城(別名 北山グスク) 築城年十二世紀〜十三世紀 築城者不明 種別 山城           沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊ハンタ原 沖縄世界遺産で日本百名城の98番目の今帰仁城です。・今帰仁城は、14〜16世紀の遺跡で、指定面積は、788、685m²にも及びます。標高100mの場所に位置する山城で、その周りは断崖になっており、難航不落の城でした。城内は九つの城郭からなり、一番広い郭は大隅(ウーシミー)と呼ばれ、馬の飼育や調教をした場所と思われます。また、城内にはカーザフと呼ばれ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/21 15:36
カワセミ 3・21
カワセミ 3・21 昨日の昼頃近所の河川敷に車で出かけてみた。途中で車を停車させて、何時もカワセミを見かける所に見に行ったら草むらの近くでカワセミのオスがいましたので対岸からの撮影をしました。カワセミに逃げられないように木の陰からカメラを構えて撮影しました。それでも、カワセミは気がついている見たいです。何か気になるのがいるのかジート遠くの方を見つめています。こちらのカワセミはオスのようです。最近はオスメスが近くに寄り添っている光景がよく見られるようです。何かオスのカワセミが口を大きく開け叫んでいます。こちらを威嚇し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/21 14:02
スコップのような嘴のハシビロガモ
スコップのような嘴のハシビロガモ 遊水地の廻りを散策していたら遠くの方で、かたまっていた鴨類がいました。その中に嘴が凄い形をしている鴨がおりよく見るとスコップのような形の嘴をしておりました。ハシビロガモという鴨だそうです。大きさはカルガモより小さくて50センチと図鑑に出ていました。ハシビロガモのオスは、チョツト見るとマガモのオスに似て頭部は黒っぽく、緑色の光沢があります。ハシビロガモのメスも羽色がマガモのメスによく似ていますが、嘴の形で見分けることができます。マガモと大きさを比べるとハシビロガモのほうが小さいです。姿形から見ると... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/20 20:08
シメを公園で
シメを公園で 憩いの森公園でシメが一羽いました。最近は余り見かけることが少ない鳥で、去年などは近所の河川敷の木立によく見かけましたが、今年は初めて見ました。顔つきが凄く怖い顔して、クチバシも鋭い物を持っています。植物の種などを食べているため自然にクチバシも発達してきたのでしょうね。シメの大きさは19センチとスズメより一回り大きめです。この時は、アオゲラを探していていたのですが中々会う機会がなく。シメが木の枝にとまり餌を食べている所に出会い撮影をしました。            シメはずんぐりした体型と大きな嘴... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/19 15:11
声はすれどもウグイスは
声はすれどもウグイスは この頃よく公園などで休んでいると何処ともなく聞こえてくるウグイスの声が、気になります。近くで聞こえてくるのですが何処にいるか探しても分かりません。耳が悪いのかな?3mぐらい高い所からしたの藪のほうを覗いたら一羽のウグイスが動いているのを見つけました、ウグイスをこんな近くで見たのは初めてで体を動かさずソートカメラを構えて撮影できました。ほんの一瞬の出来事でしたが何枚かまともなのが撮れました。カメラの前にいてくれた時間はほんの一瞬の時間です。カメラに収めれたのが不思議です。      探している野鳥... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/18 20:58
沖縄のグスク・勝連城 3
沖縄のグスク・勝連城 3 勝連城遺構調査 城跡は、1960年古瓦調査の目的で一の郭の一部が発掘され、報告書が刊行された。その後、1965年〜68年には、琉球政府文化財保護委員会によって発掘調査が実施された。建物  一の郭北西部にみられる九枚の層のうち、一、三、五、七、九の五層は、遺物を包含する生活層で、他は人為的に敷き詰められた石灰礫または第三期砂岩(ニービ)層である。この五つの遺物包含層の出土遺物を検討した結果、勝連城は、ほぼつぎの五期に時期区分が可能である。第一期  貝塚時代終末に相当する時代である。ほぼ十〜十二世紀... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/18 20:27
里山にヤマガラ
里山にヤマガラ 市内にある里山公園に野鳥撮影に行ってきました。ここには沢山の人が思い思に楽しんでいます。人が余り来ない所で待ち構えていたら、シジュウカラとメジロとヤマガラが飛んできました。暫く餌を探して動き廻っていました。段々と近づいてきてくれて撮影することができました。少し距離があり画像を加工しています。 今ここではアオゲラが見られるとのことで、探してみましたがお目にかかることができませんでした。     もう少しすると桜の花が満開になり沢山の人が集まり、野鳥たちも蜜を求め沢山の鳥が集まってきます、それを期待... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/17 09:33
沖縄のグスク・勝連城 2 
沖縄のグスク・勝連城 2  北西端部の一ノ郭は標高98mと、もっとも高く、二ノ郭は標高約81m、三の郭は標高約76m、四の郭は標高63mと順次低くなっている。また、四の郭の東南部は一段と高くなり、標高約78mとなっています。城の長さは、直線で考えると約140mの長さがあります。城は北西側と東南側の両端が高く、中央部が低い形状を示しているため、地元の人達は勝連城を唐船に例えていると言われている。城の面積は一ノ郭が633u二の郭が912u、三の郭が1922u、四の郭が約7600u、東郭が約800uで総計約一万一千八百六十七uと... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/16 16:03
清涼感あふれるキイセキレイ
清涼感あふれるキイセキレイ 近所の河川敷の上流の方に行くと時々お目にかかれるキセキレイを載せて見ました。この辺一帯では三種類(セグロセキレイ・ハクセキレイ・キセキレイ)のセキレイがお目にかかれます。その中でも一番少ないのがキセキレイです。川辺でさえずるオス。「チチチツ、チチチツ」という声が涼しげに響きます。キセキレイはオスメスがほぼ同色です。セキレイ類はスマートで尾羽が長いです。背筋をピント伸びているようですね。食事は水生昆虫類などを採食します。時々飛んでいる虫などを捕らえています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/15 14:42
沖縄のグスク・勝連城 1
沖縄のグスク・勝連城 1 勝連城 築城年12世紀頃 築城者阿摩和利 種別 山城      沖縄県うるま市勝連南風原(はえばる) 沖縄世界遺産   勝連城は、小高い丘の上にあり、周囲は断崖になっており、外敵からの攻撃にも強い城でした。 十一世紀〜十二世紀ごろ標高約100mに近い琉球石灰岩の上に築かれ、一の郭(本丸)、二の郭、三の郭、四の郭、東の郭からなり、これらは階段状に造られています。指定面積は、約11,860uとなっています。城内からは、多数の遺物が出土し、ことに中国製の陶磁器や銭貨、南蛮甕(かめ)、甲冑などが見つ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/14 15:30
オオジュリン 3・14
オオジュリン 3・14 遊水池で見つけたオオジュリン。葦が多い茂った中にいるオオジュリンよく目をこらして見ていないと、どこにいるか分かりません、体を動かさずジートとして構えていたら微かな動きが葦の中にありそこにオオジュリンがいました。葦の枝につかまり段々と上に上がってきた所です。オオジュリンはアシ等の茎に縦に止まり、葉の鞘を剥がし中にいる昆虫類を捕食します。   オオジュリンはホオジロの仲間です。   夏場のオスは頭部と喉が黒色で、冬場は雌の色と似ています。   オオジュリンはスズメより少し大きめです。漢名は大寿林と書... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/14 13:44
エナガ 3・13
エナガ 3・13 今日は朝から風が強くて写真を撮る条件に合いません、そこで二日前に撮ったエナガがありますので載せたいと思います。(見慣れた鳥ですが、とても可愛い鳥ですので載せてみました。)生い茂った木立の中にいますので中々表の方に姿を現してくれません。それども何とか表の方に出て来てくれた所を撮ることができました。同じ場所にジートしてくれません。手持ちカメラでの撮影ですので大変です。何時もはメジロがそばにいてくれるのですが、今日はエナガだけです。ジートしていないと直ぐにとなりの木に移ってしまいます。小さな鳥ですので... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/13 16:13
沖縄のグスク・中城城(なかぐすくじょう) 3 
沖縄のグスク・中城城(なかぐすくじょう) 3  中城城(なかぐすくじょう)の2に続き3を記載します。 第一尚氏の時代、琉球にはまだ戦乱がたえなかった。三山統一は基礎作業にすぎなかった。十五世紀に入ると、中山に十分な対応しうる英雄として、護佐丸がいた。読谷山(よんたんざ)いまはヨミタンという地方の山田城から座喜味城(ざきみぐすく)へ移って、しばらくいた。近くに長浜という貿易港が控えている。一説によれば、西海岸を日本から下ってくる船を、那覇港(中山の外港)へ着く前に抱き込んだのだともいわれる。つまり、この時代の対立抗争は貿易権争奪戦であったとい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/13 11:43
カワウの姿
カワウの姿 今日は朝から風が時々強く吹いていてカメラを構えていても風で飛ばされそうになってしまいます。鳥も小鳥は手ぶれで上手く捕れません。物体の大きめのカワウをモデルに撮影してみました。これは池の中にある杭の上に乗る場所の取り合いです。右側のカワウは婚姻色をしています。(首まわりが白い色に変化しています)ウにはウミウとカワウとがいて、何処で判断するのかよく分りませんが、本などで書かれている違いは、黄色いクチバシの根元の所の角度が違うそうです。素人目ではよく分りませんが。目のしたの黄色い口元の角度にウミウとカ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/12 14:30
沖縄のグスク・中城城(なかぐすくじょう) 2
沖縄のグスク・中城城(なかぐすくじょう) 2 一回目に続き中城城を載せてみました。中城城は見所が沢山あり一回では収まりませんので三回に分けて載せていきます。1853年、この地を訪れたアメリカ・ペリー艦隊の一行は、実測調査を行い、「要害の資材は石灰岩であり、その石造建築は、賞賛すべきものであった。石は非常に注意深く刻まれて、つなぎ合わされているので、漆喰もセメントもなにも用いていないが、この工事の耐久性をそこなうようにも思えなかった」と記載されていました。中城城跡の素晴らしさを賞賛されています。一の郭の西側は、その下の外郭に面していて、地形の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/11 14:54
一瞬の間のアリスイ
一瞬の間のアリスイ 最近この辺りでアリスイが出ているとの事で、その場所に見にいったら何時も誰かがいるのに今日は誰もいません。少しそこで時間を潰していると、右側の藪の中から鳥が出て来たので急いでカメラを構えて撮影したらアリスイでした。慌てて撮った写真なので少し画像がよくありませんですが、それでも久ぶりに撮れたのでよしとしました。アリスイは右側の藪から左の藪にすぐに消えてしまいました。                 アリスイは地味な鳥ですので余り目立たないため探すのに大変です。何とか遭遇して良かっです。昨日の収獲はこ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/11 11:31
ホオジロが二羽
ホオジロが二羽 最近はアリスイの写真を撮る人が沢山見かけます。私もアリスイを探して歩いていると、道路沿いに餌を探しているホオジロがいました。撮る物がないのでホオジロにモデルになって貰いました。何か地上で草の種を拾い食べているみたいです。   ホオジロの大きさは17センチとスズメより少し大きめです。オスとメスの色の違いが分ります。メスは褐色部分が多く、特に頭部はオスより色彩のコントラストに乏しいです。   ホオジロは俳句の季語では春になるそうです。オスのホオジロの顔はまるで歌舞伎役者の隈取りのような、顔をしていま... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/10 10:05
カワセミ 3・9
カワセミ 3・9 遊水地のカワセミ、昨日夕方見たカワセミです遊水地が広いためカワセミに出会う機会が少ないです。その中で出会えた写真です。             飛び込んで魚を取ってくれるかなと期待していたけど飛び込んでくれませんでした。この日の収穫はなしでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/09 17:10
沖縄のグスク・中城城(なかぐすくじょう) 1
沖縄のグスク・中城城(なかぐすくじょう) 1 中城城 築城年13世紀〜15世紀 築城者護佐丸 種別 山城       沖縄県中頭郡中城村字泊    「沖縄世界遺産」 日本百名城99番です。中城城は、三回に分けて記載します。 中城城は、首里王府の命令を受けた護佐丸が、勝連城主の阿摩和利(あまわり)を牽制するため、移り住んだ城です。城壁は地形的条件を生かして造られており、その築城技術は歴史的にも高い評価を受けています。中城湾を望む標高167mの高台に立地し、その南北に一直線の連郭式で築かれ、指定面積は110,473m²で、そのう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/09 16:15

続きを見る

トップへ

月別リンク

古城と野鳥/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる