柏野城(別名 福島城)

柏野城(別名 福島城) 築城年中世 築城者福島宗雄 種別 丘城
    三重県伊賀市柏野字宮ノ前

柏野城は、拓直郷の西、川合郷との境に位置します。
IMG_0142.JPG
北・東・南の三方は切り立った断崖です。
IMG_0143.JPG
西側は山続きでありますが、堀切りとなっています。
IMG_0144.JPG
東側には二段の平地が造られており、これが郭跡であろうと思われます。
IMG_0145 (2).JPG
南側には、柏野集落があり、壬生野郷・拓直郷を一望することができます。
IMG_0146 (2).JPG
福島氏や山本氏の館跡がその痕跡を残し、柏野城は詰城としての重要性を示しています。「三国地誌」は柏野城を「城山按、福島宗雄堡跡あり」と記し、
IMG_0147.JPG
「伊乱記」の丹羽滝川分部攻入拓殖口の項に、織田信長軍に追い詰められた上拓植村、中拓植村、野村、上村、下拓植村、楯岡村などの郷土は、
IMG_0149 (2).JPG
この城を最後として滝川一益や丹羽長秀軍を迎え撃ったが、
IMG_0150 (2).JPG
多勢に無勢、たちまちにして敗れたということです。
IMG_0152.JPG
柏野城は、柏野地区の転輪寺の裏山にあたる東西に延びた丘陵の先端部に築かれた城です。
IMG_0155 (2).JPG
城の縄張りは、西側に堀切を設けて尾根を切断し、東に向かって二段の曲輪を配置している。
IMG_0158 (2).JPG
主郭部は周囲に土塁が廻り良く残っています。虎口は南側に開かれている。柏野城の築城年代はあまりよくわからず、福島宗雄によって築かれたと伝わっています。
IMG_0159 (2).JPG
天正九年(1581年)の織田信長による伊賀侵攻により、拓植の郷土40名余が柏野城に立て籠もったが、滝川一益、丹羽長秀らの織田勢に攻められ落城した。
IMG_0160 (2).JPG
名阪国道(国道25号線)の下拓植インターを下り、県道133号線を阿山方面に北下します。800m先でJR関西線を渡り、渡るとすぐ左折します。
IMG_0169 (2).JPG
二キロほど進んだ柏野集落の真ん中に柏野公民館が右手にあり、(一枚目の写真)これをすぎると道は変則三叉路で右手に行くと転輪寺です。この辺から城跡案内版があります。
IMG_0171 (2).JPG
    (参考史料 日本城郭大系 その他雑誌)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント